▼山の軽口ばなし
本文のページ(02)
【とよだ時】(豊田時男
……………………………………

北ア立山・神のお使いライチョウを
食っていた登山者

【説明本文】
 山で人気者のライチョウは、国の特別天然

記念物に指定された高山鳥です。普段はハイ

マツの中にいて、雷がなるような時や、霧が

かかってきた時などに親子づれで出てきてイ

ネ科の植物の実をついばんでいます。



 ライチョウは、氷河時代の生き残りといわ


れ、北・南アルプス、中央アルプスなどにす

んでいます。北アルプス立山ではライチョウ

を立山の神の眷属として大事にしていたそう

です。加賀藩代々の藩主はとくにライチョウ

を大事にしていたという。



 「御制札旧記」(加越能文庫)によれば、

江戸時代初期の1648年(慶安元)、加賀藩三

代藩主前田利常は立山一帯の「来鳥花松硫黄」

のなどを盗むものがないよう見回ることを命

じています。



 これはいまでいう高山植物・高山動物保護

を命じたもので、たぶん日本最初の行為だろ

うとされています。五代藩主の前田綱紀も本

草学を好んで珍しい鳥を集めさせたそうです

がライチョウだけは捕まえず、絵師にスケッ

チさせています。



 また立山や白山で実際にライチョウを見た

町人を集めて形態や生態を聞いているという

(「国事雑抄」、「温故集録」)。1720年(享保

5)梅田与兵衛という絵描きが「立山のライ

チョウと白山のライチョウでは種類が違うの

ではないか」といい出したため、山廻り役の

斉木村(いまの魚津市)新左衛門をわざわざ

立山に登らせ再調査したという熱心さ。



 しかし捕まえることはしなかったという。

それはライチョウが山ノ神のお使いだとした

ことに加えて、下界に連れてきてもすぐ死ん

でしまうことを知っていたのかも知れませ

ん。



 十一代藩主の前田治脩も1788年(天明8)、

絵師の梅田陳和斎久栄を立山に登らせライチ

ョウを写生させています。「来鳥図会」(栗山

文集)によれば、そのライチョウの絵につけ

た漢学者の柴野栗山という人の解説文に、「眼

上ノ赤眉、片霞ノ如シ」とあります。



 また「僅カモ山ヲ離ルレバ、スナハチオツ」

との記述があり、飼育が不可能のことを知っ

ていたようです。立山を信仰する人たちはラ

イチョウの姿を刻んだ版画を火防のお守りに

頒布したという。



 ところが明治時代になり『越中遊覧志』(1

885年(明治18)竹中邦香)などのようにラ

イチョウを捕まえて食べてしまう文献があら

われ驚かされます。当時の小島烏水など登山

者は、高山植物の保護を訴えながら、一方で

はライチョウやカモシカはなんとも思わず捕

まえて食べていたそうです。いまでは考えら

れないことです。



 しかし、当時この人たちが山に登るとき雇

ったのは決まって猟師たち。鉄砲撃ちが案内

人ではそんなこともあったかのも知れません

ね。(「日本歴史地名大系・富山」平凡社)を

参考にしました。



▼室堂平【データ】
【所在地】
・富山県中新川郡立山町。富山地方鉄道立山
線立山駅の東14キロ。富山地方鉄道立山駅か
らケーブル、美女平駅からバス、立山室堂平。
電子基準点(標高2441.24m)と電子基準点
(付)(標高2432.55m)がある。

▼【地図】
・2万5千分の1地形図「立山(高山)」

▼【参考】
・『日本歴史地名大系16・富山県の地名』(平
凡社)1994年(平成6)ほか


………………………………
グッズsuzuri
Tシャツ・雑貨、文具・日用品・バッグほか
https://suzuri.jp/toki-suzuri/products

………………………………
▼山と渓谷社刊『日本百霊山』(電子書籍)
神仏、精霊、天狗や怪異と出会う山旅。山の知識を
★ヤマケイ『日本百霊山』ホームページ
https://www.yamakei.co.jp/products/2816120561.html


……………………
▼【アマゾン】
とよだ時コーナー

▼【楽天ブックス】
『日本百霊山』

……………………………………
ご希望の方にお譲りしています
(作者プロフィール:とよだ時で検索を)

おもしろ山と田園の本・見本
01『新・丹沢山ものがたり
・02
『伝承と神話の百名山』
03全国の山・天狗ばなし
04『山の神々いらすと紀行
05『続・山の神々いらすと紀行
06『ふるさとの神々何でも事典
07『続・ふるさとの神々事典
08『家庭行事なんでも事典
09『健康野菜と果物
10『ひとの一生なんでも事典
11『ふるさと祭事記(歳時記)
12『野の本・山の本

…………………………

【とよだ 時】:(とよだ時で検索)
…………………………………………
山の伝承神話探勝・山の画文
toki【U-moあ-と】画文制作室
(ゆ-もあ-と)(とよだ時)
https://toki.moo.jp/
from 20/10/2000


TOPページ「峠と花と地蔵さんと……」へ
………………………………………………………………