▼パソコンの方は下方の画面でご覧下さい。
……………………………………

【本文】のページ【山の談話室】
【新・丹沢山ものがたり】(04)
【とよだ 時】

……………………………………
▼檜洞丸山頂・寒田神社の石祠

【略文】

檜洞丸山頂には寒田神社の石祠があります。そもそもここには山伏が建てたものか、大昔から祠がひとつあったという。いつの時代か、山頂清掃の時偶然見つけた朽ちた木祠を発見。昭和47年いまの石祠に建てかえたという。大山祇神(山の神)を主祭神に猿田彦神、大己貴神をまつっているそうです。・神奈川県山北町と相模原市の境

檜洞丸山頂・寒田神社の石祠
【概略文】
檜洞丸山頂には石の祠があり、その中には石仏のような穏やかな石神が鎮座し、大山祗神を主祭神に猿田彦神、大己貴神を祀ってあります。そもそもここには山伏が建てたものか、祠がひとつあったという。
いつの時代か山頂清掃の時、偶然に朽ちたその祠が発見されて改築されました。その後、毎年5月の最終日曜日に行われる、西丹沢の開山祭の安全登山の祈願場所として、1972(昭和47)年にいまの祠を建立。かつては開山祭は檜洞丸の山頂で開催され、松田総領に
ある寒田神社の宮司が登山、祠の前で祝詞をあげていました。そのため、この祠の裏に寒田神社の銘が彫ってはあります。しかし寒田神社の奥ノ院ではないという。開山祭の儀式はいまはバスの終点で、登山口でもある西丹沢自然教室の前で行っています。・神奈川県山北町と相模原市の境

……………………………………
−【広告】−
▼書店で発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−
▼店頭にない時は店員の方にご注文を。
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)

▼アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)
……………………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

……………………………………
▼パソコンで読む、こんなCDブックあります
・(01)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。
・(02)全国の山・天狗ばなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。
・(03)新・山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。
・(04)新・ふるさとの神々何でも事典富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神
・(05)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。
・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。
(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。
・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。(送料・税とも1500)
・(09)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)全4巻
・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

▼下記アドレスへご連絡下さい。
infotoki.moo.jp
お手数ですが、記号を@(半角アットマーク)に、を取る(jpは残す)、さらに書名をご記入下さい。
……………………………………

 

 

………………………………………………………………………………………………
▼以下【パソコン画面】
【本文】のページ
【新・丹沢山ものがたり】(04)
【とよだ 時】

……………………………

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

▼檜洞丸山頂・寒田神社の石祠

【略文】

檜洞丸山頂には寒田神社の石祠があります。そもそもここには山伏
が建てたものか、大昔から祠がひとつあったという。いつの時代か、
山頂清掃の時偶然見つけた朽ちた木祠を発見。昭和47年いまの石祠
に建てかえたという。大山祇神(山の神)を主祭神に猿田彦神、大
己貴神をまつっているそうです。
・神奈川県山北町と相模原市の境

……………………………………

……………………………………

▼檜洞丸山頂・寒田神社の石祠

【本文】
 西丹沢にどっしりとした檜洞丸。山頂には石の祠があって、さい
銭や日本酒のワンカップが供えられています。中には石仏のような
穏やかな石神が鎮座し、大山祗神を主祭神に猿田彦神、大己貴神を
祀ってあります。そもそもここには山伏が建てたものか、祠がひと
つあったという。

 いつの時代か山頂清掃の時、偶然に朽ちたその祠が発見されて改
築されました。その後、毎年5月の最終日曜日に行われる、西丹沢
の開山祭の安全登山の祈願場所として、1972(昭和47)年にいまの
祠を建立。

 かつては開山祭は檜洞丸の山頂で開催され、松田総領にある寒田
神社の宮司が登山、祠の前で祝詞をあげていました。そのため、こ
の祠の裏に寒田神社の銘が彫ってはあります。しかし寒田神社の奥
ノ院ではないという。開山祭の儀式はいまはバスの終点で、登山口
でもある西丹沢自然教室の前で行っています。

 この祠の主祭神・大山祇神は、各地の神道の山の神の総元締め。
大きな山に住(祇)む神の意で、富士山に祭られる木花開耶姫の父
親にあたります。かなり以前、主稜をカモシカ山行で檜洞丸を訪れ
たとき、ちょうど檜洞丸の肩にある青ヶ岳山荘で餅つきをしていま
した。

 きょうが開山祭とは気がつかなかったのですが、ちょうど通りか
かり、餅を一臼突くのを手伝い雑煮にありついたことがありました。
これもまた格別な味でありました。



▼檜洞丸【データ】
★【所在地】
・神奈川県山北町と相模原市(旧津久井郡津久井町)の境。御殿場
線山北駅の北13キロ。小田急新松田駅からバス・西丹沢から歩いて
3時間で檜洞丸。山頂最高ピークより北西に写真測量による標高点
(1151m)がある。地形図に山名と標高点の標高・青ヶ岳山荘の記
載あり。
★【位置】
・最高点ピーク:北緯35度28分44.02秒、東経139度06分09.85秒
・標高点:北緯35度28分47.9秒、東経139度06分04.7秒
★【地図】
・2万5千分の1地形図「中川(東京)」



▼【参考】
・『角川日本地名大辞典14・神奈川県』伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・『かながわの山』植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)
・『コンサイス日本山名辞典』(三省堂)1979年(昭和54)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「尊仏2号」栗原祥・山田邦昭ほか(さがみの会)1989年(平成
1)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本歴史地名大系・神奈川』(平凡社)1990年(平成2)


………………………………
▼こんな話がCD本になっています。
『新・丹沢山ものがたり』
詳細は
こちら(目次)をどうぞ。

 

……………………………………

▼書店で発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます。
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02
…………
▼<紀伊国屋書店 広告>
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0353002

 

……………………………………

−【広告】−

▼パソコンで読む、こんなCDブックもあります
01『新・丹沢山ものがたり
02全国の山・天狗ばなし
03『新・山の神々いらすと紀行
04新・ふるさとの神々何でも事典
05『家庭行事なんでも事典
06健康(クスリになる)野菜と果物
07ひとの一生なんでも事典
08ふるさと祭事記・歳時記
09野の本・山の本』(春夏秋冬全4巻)
10山の通信【ひとり画っ展】郵送


…………………
ほかの
CDブックはこちらをご覧下さい。

…………………
【とよだ 時】 山の伝承探査
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000


上記URLをhttpにすると数字が表示します

 

……………………………………

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000


上記URLをhttpにすると数字が表示します
http://toki.moo.jp/melmaga/tanzawa/tanzawa04.html

 

 

 

「峠と花と地蔵さんと…」【トップ】ページへ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………