【本文】のページ
山の与太ばなし【奥多摩のはなし】(10)
【とよだ 時】

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

▼奥多摩高水三山「常福寺と常盤御前

【略文】
奥多摩への入門コース高水三山の高水山にある常福寺は平安時代、智
証大師円珍が開いたお寺だという。ここの寺宝のひとつに常盤御前の鏡
があるという。常盤御前は牛若丸の母。この山の北側には彼女の住んで
いた所といわれる「常盤」という地名もあります。
・高水山:東京都青梅市と奥多摩町との境。

▼奥多摩高水三山「常福寺と常盤御前


 高水三山は奥多摩への入門コースとされ、手軽に登れるところから人
気があります。高水山(たかみずやま)、岩茸石山(いわたけいしやま)、
惣岳山(そうがくやま)の三つの山が尾根で馬蹄の形でつながっていま
す。高水三山の名は昭和初期に、低山趣味を掲げた高畑棟材(むねた
か・明治から昭和の登山家)が命名したといわれています。

 高水山へ登るには、JR青海線軍畑(いくさばた)駅で降り、まず高源寺
まで歩きます。そこから舗装道を登り、大きな堰堤を越えてジグザク路を
急登すると常福院(じょうふくいん)に至ります。常福院の裏が高水山の
山頂です。

 常福院は、『新編武蔵風土記稿』巻之117に「高水山龍學寺と號す、
…開山開基詳ならず」とはありますが、一般的には平安時代、智証(證・
ちしょう)大師円珍(天台寺門宗の宗祖)によって開かれたお寺ということ
になっています。いまは真言宗豊山派の名刹で、正式名、高水山常福院
龍學寺(通称:高水山不動尊)の寺院。

 ここの不動堂の本尊は浪切白不動明王で、昔からから近郊の人々の
信仰を集めてきたという。しかしいつごろできたかは不明なのだという。そ
もそもの話が、平安時代、滋賀県大津市にある天台宗総本山・比叡山延
暦寺の座主(ざす)だったというエライお坊さん・智証大師円珍が、奥多
摩町日原に大日如来窟を開くとき、東の方の山に紫雲がたなびくのを見
えたという。

 その山に登ったところ、高い山のまわりに何本もの滝が流れ落ちてい
るのが目に入りました。そこで高い山から水量多い滝があったことから「高
水山」と名づけたという。ホントカイナ。

 また平安時代前期の853年(仁寿3)、円珍が唐に渡る時嵐にあって、
船が大波でいまにも転覆するような危険な状態になりました。円珍が、一
心に不動明王を念じると、舳先(へさき)に利剣を持った不動さまが出現
しました。剣で波を切ったところ、嵐はみるみる収まり、無事に唐に渡るこ
とができたという。円珍はこの不動さまのお姿を刻み、「波切不動明王」と
してここにまつったと、常福院の不動堂の縁起にあります。

 ふつう、不動明王は持っている剣を上に向けています。しかしここの不
動明王は下に向けています。これは「波切不動明王」というように荒波を
切り開き、乗りこえる意味があるのだそうです。

 下って鎌倉時代初期、武蔵の国、畠山庄の畠山重忠が山麓の常盤と
いうところに住んだ時、不動明王に助けられため、ここに寺院を建立した
という。以来、このお寺の波切不動さまは多くの信仰を集めたという。

 『高水山縁起』(原本は変体仮名を使っている)にも、「秩父荘司畠山
重忠當山の麓常盤と云ふ處に住せし時此尊に皈依(※帰依・皈は帰の
異体字)し勝利を得る事數度 乃て(※仍ての間違い?)渇仰愈々深く
建久年中大堂建立有し□□以來貴賤益歩を運い(?もちい??)日々
群集せり」とあります(註:□□は判読不能な文字)。

 また、それから「數百年を經て元應二年八月山火の爲に不殘燒失せり
 奇哉(ふしぎにも)尊像御堂の坤(こん)の方(ひつじさるの方角・西南)
中の嶽(たけ)といへる處へ飛給へり、于今其處を奥の院と稱す、諸人且
驚き且尊み不動堂一宇を天明年間に再建せり、奥の院に愛宕權現、大
天狗小天狗の舊祠(きうし)あり」(この部分2003年(平成15)に元版木
から複製したもう一つの『高水山縁起』)なのだそうです。火事に見舞わ
れたとき、ご本尊が飛び移ったところを奥ノ院といっているのですね。

 さらには「當山の宝物重忠の太刀同く名馬の玉 常盤御前の鏡等何
□こそ希世の珍也幸にして今日に傳ふ」と不思議なことが書いてあるの
です。ここにある寺宝の「常盤御前の鏡」の常盤御前(ときわごぜん)は、
もちろんあの牛若丸(源義経)の母のこと。

 なぜ常盤御前かというと、高水山から岩茸石山へ至る尾根の北側の
谷、成木川の上流に「常盤」という地名があり、そこの杉林の中にやゝ平
坦な所があり、「舘舎(御殿)蹟」という石垣の跡など残っています。ここは
源義経の母常盤御前が住んだことがあるといわれているのです。

 常盤御前は、源義朝が京の帝(みかど)に仕える千人の侍女の中から
選んだ絶世の美女。源氏の棟梁・源義朝の側室になり、今若、乙若、牛
若(のちの義経)を産みました。牛若は正室の子であった頼朝とは腹違い
の兄弟。やがて平治の乱(1159年)がおこり、源義朝が平清盛に敗れる
と、乞われて清盛の妾になります。そして頼朝は伊豆に流され、さらに源
義経が都を落ちていったのでした。

 月日が経ち、やがて頼朝が勢力を盛り返し、1185年(文治元)、壇ノ
浦の戦いで平氏が滅亡します。こうして源氏の世になるのですが頼朝、
義経兄弟は不仲になっていきます。やがて義経は都落ち。その後、鎌倉
幕府を興した頼朝は、京都から常盤御前を呼び寄せ、一時人目を避け
た静かなこの地に住まわせたといいつたえられ、いまでも地元の人々は、
この山を「御殿」と呼んでいるという。実際にも常盤御前は、1186年(文
治2)、京都の一条河崎観音堂(京の東北、鴨川西岸の感応寺)の辺りで
源義経の妹と共に、鎌倉勢に捕らわれています。

 しかし、鎌倉に送られた形跡もなく、のち釈放された模様で、以後、常
盤御前に関する記録はないという。一部に美濃国山中で逗留中、盗賊に
襲われ43歳で殺されたという説もありますが、一般には常盤御前の生没
年は不詳ということになっています。

 ですが、奥多摩・棒ノ折山東南の黒山(842m)を常盤山と呼び、その
南方のピーク逆川ノ丸(840m)を成木方面では常盤ノ前山といっていま
す。さらに埼玉県飯能の多峯主山には常盤御前の墓まであります。なん
とも不思議であり、夢のある山岳伝承の遊びではありませんか。

 ちなみに「奥の院に愛宕權現、大天狗小天狗の舊祠(きうし)あり」とあ
る通り、常福院に飾ってある天狗の面は、京都愛宕山の天狗のようです。



▼高水山【データ】
【所在地】
・東京都青梅市と奥多摩町との境。JR青梅線軍畑駅の北西3キロ。J
R青梅線軍畑駅から歩いて2時間で常福院。さらに15分で高水山。
写真測量による標高点(759m)がある。
【位置】
・高水山:北緯35度49分43.71秒、東経139度11分20.43秒
【地図】
・2万5千分1地形図名:武蔵御岳。

▼【参考文献】
・『奥多摩』宮内敏雄(百水社)1992年(平成4)
・『奥多摩: それを繞る山と渓と』田島勝太郎(山と渓谷社)1935年(昭
和10)国立国会図書館デジタルコレクション
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『新編武蔵風土記稿』:大日本地誌大系12『新編武蔵風土記稿6』蘆
田伊人校訂(雄山閣)1970年(昭和45)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)


………………………………………
▼こんな話を、毎月通信で郵送しています。詳しくは筆者のページ【こちら】から

 

……………………………………

▼発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(10)

▼山の伝承・画文通信をご希望の方に、毎月郵送しています。
山旅通信【画ってんはがき画の会】(読者募集)

▼詳しくは作者のページ【
こちら】でどうぞ

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −イラスト本ではありません−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

……………………………………

 

 

とよだ 時(山と田園風物漫画
……………………………………
【時U-mo】あ-とすたじお
山のはがき画の会

 

 

【とよだ 時】のホームページTOPページ
………………………………………………………………………………………………