【本文】のページ
山の与太ばなし【奥多摩のはなし】(08)
【とよだ 時】

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

▼奥多摩・御岳山奥之院日本武尊伝説

【前文】
御岳山の御岳神社社伝によれば、創建は崇神天皇の時代(前97〜前
30年)という。その後日本武尊が白狼の案内で無事ここに訪れて陣
を張り、奥ノ院峰の岩倉に武具を納めたと伝えます。そんなことか
ら御岳神社ノ院峰山頂下には、日本武尊をまつる男具那社が建って
います。
・東京都奥多摩町


▼下記の【本文】もどうぞ。

……………………………………

……………………………………

▼奥多摩・御岳山奥之院日本武尊伝説

【本文】

 東京都の山岳地帯奥多摩。その御岳山にある武蔵御岳神社は、鹿

の肩の骨を火で焼いて、その年の豊作を占うという「太占(ふとま

に)」の神である櫛真智命(くしまちのみこと)を主神としていま

す。



 また大己貴命(おおなむちのみこと・大国主命)と、その片腕と

なって国土の経営にあたったと日本神話に書かれている、少彦名命

(すくなひこなのみこと)の3神をまつります。



 御岳神社の社伝によれば、この神社の創建は崇神天皇(すじんて

んのう)(『日本書紀』による第10代天皇)の時代(前97〜前30年)

というからモノスゴイ。



 その後、日本武尊(やまとたけるのみこと)が山中で道に迷って

しまった時、白狼の案内で無事ここに訪れて陣を張ることができた

といいます。そして、奥之院峰の岩倉(蔵)に武具を納めたと伝え

ます。そのためこのあたりを武蔵の国というのだそうです(武具を

蔵に納めた)。



 御岳神社奥之院峰山頂下には、日本武尊をまつる男具那社(おぐ

なしゃ)が建っています。日本武尊といえば、走水(はしりみず)

の海(浦賀水道・千葉県と神奈川県の境)で身を投げた弟橘姫(お

とたちばなひめ)を連想します。



 御岳神社左下の道をとり「天狗の腰掛け杉」わきから右へ登り、

奥ノ院へ向かう途中にある橘姫の碑は、それにちなんだ石碑です。

奥の院峰はいまも訪れる人が少なく静かです。



▼御岳山奥之院【データ】
【所在地】
・東京都西多摩郡奥多摩町。JR青梅線御岳駅からバス・ケーブル御岳
山から歩いて1時間半で御岳山奥ノ院ピーク。写真測量による標高点
(1077m)。地形図に標高点の標高のみ記載あり。標高点より北東方
向59mに奥ノ院がある。
【ご利益】
・武蔵御獄神社奥ノ院:火難・盗難退除
【位置】
・標高点:北緯35度46分47.1秒、東経139度08分30.29秒
【地図】
・2万5千分の1地形図:「武蔵御岳(東京)」



………………………………………
▼こんな話を、毎月通信で郵送しています。詳しくは筆者のページ【こちら】から

 

……………………………………

▼発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(08)
こんな本(CD)あります。

▼私の既刊本をCDに焼き込みました。2000円(送料・税込み)
『ふるさと祭事記』(なつかしいふるさとの行事)
(旧富民協会から出版したものに改定加筆したものです)

【目次一覧】(加筆部分)
まえがき
 ・(1)カレンダー ・(2)二十四節気 ・(3)五節句 ・(4)十二支  ・(5)雑節
1月(睦月)
 ・むつき ・正月 ・元日 ・門松 ・初詣 ・雑煮 ・小寒 ・七日正月 ・松納め
 ・七草 ・鍬入れ ・小正月 左義長 ・どんど焼き ・削り花 ・アワボヒエボ
 ・まゆ玉 ・もち花 ・成木責め ・庭田植え ・道切り ・道祖神祭り ・大寒
 ・麦ふみ
2月(如月)
 ・きさらぎ ・初ツイタチ ・節分 ・焼いかがし ・追難 ・目突き柴 ・豆まき
 ・豆うら ・立春 ・初午 ・おこと八日 ・目かご ・事はじめ ・野焼き ・雨水
 ・春一番 ・うるう年
3月(弥生)
 ・やよい ・桃の節句 ・ひな祭り ・菱もち ・草もち ・桃酒 ・白酒 ・桜もち
 ・ひな荒らし ・流しびな ・啓蟄 ・田の神祭り ・十六だんご ・つみ草
 ・春の彼岸 ・ぼたもち ・春分 ・社日 ・なたね梅雨
4月(卯月)
 ・うづき ・清明 ・花見 ・山遊び ・ナシの花 ・卯月八日 ・灌仏会 ・花祭り
 ・甘茶 ・てんとう花 ・おぼろ月 ・春祭り ・苗代 ・水口祭り ・穀雨
5月(皐月)
 ・さつき ・ワラビとり ・八十八夜 ・端午の節句 ・鯉のぼり ・武者人形 ・ちまき
 ・ショウブ湯 ・菖蒲うち ・立夏 ・サオリ ・五月晴れ ・雪形
6月(水無月)
 ・みなづき ・代かき ・田植え祭り ・早乙女 ・芒種 ・入梅 ・夏至 ・サナブリ
 ・アマガエル ・新箸 ・夏越しの祓え ・茅の輪 ・虫送り
7月(文月)
 ・ふみつき ・山開き ・富士講 ・富士詣で ・天王さま ・半夏生 ・小暑 ・七夕
 ・七夕送り ・ねぶた流し ・中元 ・大暑 ・土用丑の日
8月(葉月)
 ・はづき ・八朔 ・八朔びな ・田の面祭り ・釜蓋ついたち ・土用波 ・立秋
 ・盆 ・盆棚 ・迎え火 ・灯ろう流し ・精霊流し ・盆踊り ・川施餓鬼 ・残暑
 ・かかし ・処暑
9月(長月)
 ・ながつき ・二百十日 ・稲架 ・白露 ・風祭り ・二百二十日 ・中秋 ・十五夜
 ・月見 ・芋名月 ・月の呼び名 ・秋の長雨 ・秋の彼岸 ・秋分 ・社日
10月(神無月)
 ・かんなづき ・重陽 ・菊の節句 ・おくんち ・みくにち ・寒路 ・田の神送り
 ・豆名月 ・月待ち ・芋煮会 ・農神あげ ・霜降 ・秋祭り
▼11月(霜月)
 ・しもつき ・イノコ ・トオカンヤ ・大根の年取り ・刈り上げ祭り ・かかしあげ
 ・七五三 ・ちとせあめ ・帯解き ・わら仕事 ・小春日和 ・エビス講 ・立冬
 ・勤労感謝の日 ・農業祭り ・小雪 ・ササ立て
12月(師走)
 ・しわす ・乙子の朔日 ・カワビタリ ・大雪 ・事納め ・門松立て ・忘年会
 ・大師講 ・霜月粥 ・冬至 ユズ湯 ・餅つき ・大晦日 ・臼伏せ ・年の火
 ・年越しそば ・除夜の鐘


……………………………
(書店販売はしていません)

★詳細と見本は【こちら】をどうぞ。

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

……………………………………

 

 

とよだ 時(山と田園風物漫画
……………………………………
【時U-mo】あ-とすたじお
山のはがき画の会

 

 

 

【とよだ 時】のホームページTOPページ
………………………………………………………………………………………………