【本文】のページ
山の与太ばなし【奥多摩のはなし】(04)
【とよだ 時】

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

▼奥多摩・大岳山と御岳山の神さま

【前文】

奥多摩・大岳山はもともと御岳神社の奥ノ院で修験道の山だったと

いう。しかし、安土桃山時代、御岳神社と大岳神社の同一信仰体は

くずれてしまいました。いまは山頂下に大岳神社があって御岳神社

とは別々に、同じ蔵王権現をまつっています。

・東京都奥多摩町と檜原村の境。


▼下記の【本文】もどうぞ。

……………………………………

▼奥多摩・大岳山と御岳山の神さま


【本文】


 奥多摩・大岳山の山の形は神官がかぶる冠のに似た特殊な形をし

ていて、遠くからでもひときわよく目立ちます。



 明治時代の本、『武蔵通誌』(河田羆(かわだ・たけし:1842〜1920)

が1894〜1895(明治27〜28)年ごろに著した、巻20からなる私撰地

誌)の巻2「山岳編」に、「両総地方(千葉県)ニテ武蔵ノ鍋冠山ト

称シ、海路ノ目標トナス」とあります(『角川日本地名大辞典・東

京』)。



 かつては遠く、東京湾で働く漁船のあて(目印)になっていたと

いいます。これは相模湾での相州(丹沢)大山と同じ役割を果たし

ていたんですね。



 大岳山は、奈良金峰山と大峰山の関係と同じようにかつては御岳

山とは一対の山。御岳山の奧のもうひとつの霊山で直下に大岳神社

があります。



 この神社は御岳神社とともに、747(天平19)年に行基が吉野金

峰山の蔵王権現をまつり、吉野の霊場のコピーをつくったのだそう

です。



 中世以降、修験道が盛んになり御岳神社は、御岳蔵王権現、武州

金峰山などと呼ばれ、山岳信仰・修験道の道場になっていきました。

御岳神社のお使いは狼で、両神山の両神神社、三峰神社と同じよう

に大岳神社にも狼の狛犬が建っています。



 しかし、安土桃山時代、御岳神社と大岳神社の同一信仰体はくず

れてしまったのだそうです。そのため、いまでは別々に蔵王権現(役

ノ行者が奈良金峰山で感得した菩薩)をまつっています。



 修験道といえば天狗ばなしがつきもの。馬頭刈尾根つづら岩の南

には天狗の滝があり、また御岳神社奥の院には天狗をまつる祠、天

狗腰掛杉、天狗岩など事欠きません。



▼大岳山【データ】
【所在地】
・東京都奥多摩町と西多摩郡檜原村大字大岳との境。青梅線御獄駅
の南西6キロ。JR青梅線御獄駅からバス、滝本からケーブル、御
岳山駅から歩いて2時間15分で大岳山。二等三角点(高1266.5m)
がある。直下に大岳神社がある。地形図に山名と三角点の標高のみ
記載。三角点より東方向直線約200mに大岳神社がある。
【位置】
・二等三角点:北緯35度45分54.87秒、東経139度07分49.5秒
・点名:大岳
【地図】
・2万5千分の1地形図:「奥多摩湖(東京)」or「武蔵御岳(東京)」
(2図葉名と重なる)

▼【参考】
・『奥多摩風土記』大館勇吉著(武蔵野郷土史研究会)1975年(昭
和50)
・『角川日本地名大辞典13・東京都』北原進(角川書店)1978年(昭
和53年)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『武蔵通誌』(『武蔵通志』とも):河田羆(かわだ・たけし:18
42〜1920)が1894〜1895(明治27〜28)年頃に著した、巻20からなる
私撰地誌。



………………………………………
▼こんな話を、毎月通信で郵送しています。詳しくは筆者のページ【こちら】から

 

……………………………………

▼発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(04)
こんな本(CD)あります。
(htmlで編集してあります)

▼私の既刊本をCDに焼き込みました。1500円(送料・税込み)
『家庭行事なんでも事典
(旧富民協会から出版したものに改定加筆したものです)

【目次一覧】(加筆部分)
●1月(むつき)
 ・睦月、正月(門松、元日、しめ飾り、初もうで、破魔矢、おみくじ、
 お屠蘇、雑煮、おせち料理、年賀状、お年玉、福笑い、国旗、獅子
 舞、双六、羽根突き、かるた、百人一首、猿まわし、凧あげ、年始
 まわり、書き初め、初夢、歯固め)・小寒・消防出初め式・七草・
 学校始業・鏡開き・成人の日・年賀はがき抽選会・大寒・1月その
 他の行事
2月(きさらぎ)
 如月・節分・立春・初午・針供養・建国記念の日・バレンタインデ
 ー・2月その他の行事
●3月(やよい)
 弥生・ひな祭り(ひしもち、白酒、桃の節供、流しびな、草もち)
 ・耳の日・啓蟄・春分の日(彼岸)・卒業式(通知表)・社日・3月
 その他の行事
●4月(うづき)
 卯月・新学年・エイプリルフール・清明・花まつり(灌仏会、甘茶)
 ・花見・発明の日・穀雨・切手趣味週間・潮干狩り・4月その他の
 行事
●5月(さつき)
 皐月・メーデー・八十八夜・憲法記念日・こどもの日(端午の節供、
 こいのぼり、しょうぶ湯、柏もち)・立夏・母の日(カーネーショ
 ン)・愛鳥週間・虫送り・5月その他の行事
●6月(みなづき)
  ・水無月・歯の衛生週間・芒種・時の記念日・入
  梅・父の日・夏至・6月その他の行事
●7月(ふづき)
  ・文月・山開き・七夕・小暑・中元・土用丑の日・
 プロ野球オールスター戦・大暑・夏休み・暑中見舞い・夏祭り・花
 火・7月その他の行事
●8月(はづき)葉月
  ・原爆記念日・立秋・盆・終戦記念日・盆踊り・8月その他の行事
●9月(ながつき)
 ・長月・防災の日・二学期始め・二百十日(台風)・敬老の日・中秋
 名月(月見)・動物愛護週間・秋分の日・運動会・9月その他の行 事
●10月(かんなづき)
 ・神無月・共同募金・体育の日・目の愛護デー・プロ野球日本シリー
 ズ・霜降・読書週間・秋祭り・10月その他の行事
●11月(しもつき)
 ・霜月・文化の日・立冬・七五三・酉の市・勤労感謝の日・小雪・11
 月その他の行事
●12月(しわす)
 ・師走・歳末助け合い運動・大雪・冬至(ユズ湯、コンニャク、カボ
 チャ、カユ)・歳の市・クリスマス(サンタクロース)・冬休み・忘
 年会・仕事納め・もちつき・大みそか(歳徳神、年越し、そば、紅
 白歌合戦、除夜の鐘)・12月その他の行事


……………………………
(書店販売はしていません)

★見本は【こちら(CD見本)をどうぞ

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

……………………………………

 

とよだ 時(山と田園風物漫画
……………………………………
【時U-mo】あ-とすたじお
山のはがき画の会

 

 

【とよだ 時】のホームページTOPページ
………………………………………………………………………………………………