【本文】のページ
山の与太ばなし【奥多摩のはなし】(03)
【とよだ 時】

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

東京奥多摩・鋸尾根の天狗像

【前文】

鋸尾根でひょこっと現れる大天狗と小天狗の石像。思わずザックを

下ろし小休止、お茶を飲みおやつをほおばります。誰でも思いは同

じなのかあとから来るハイカーも次々に休憩。たちまち不安定な岩

場は満員になっていました。

・東京都奥多摩町


▼下記の【本文】もどうぞ。

東京奥多摩・鋸尾根の天狗像

【本文】

 奥多摩の大岳山は、御前山・三頭山とあわせて奥多摩三山と呼ば

れます。大岳山は神主がかぶる冠のような形なので一名冠山と呼ぶ

そうです。目立つその峰は東京都心からでも望めます。



 「武蔵通誌」という文書に、「両総地方(千葉県)ニテ武蔵ノ鍋

冠山ト称シ、海路ノ目標トナス」とあり、かつては東京湾の漁船の

目じるし(あて)になっていたといいます。その大岳山から露岩の

間の急坂を下り、奥多摩駅方面に進みます。



 やがて鋸のようにギザギザなその名も鋸山、天地山分岐からゴツ

ゴツした鋸尾根を進み、ハシゴや鎖場を過ぎてひょこっと現れる大

天狗と小天狗の石像。そばに神社の石祠もあります。



 大天狗像の下部には「奉」の文字、小天狗像の下部には「納」の

文字があり、それぞれに「昭和四六年五月」、左側に神社の名前も

刻んであります。思わずザックを下ろし小休止、お茶を飲みおやつ

をほおばります。誰でも同じなのかあとから来るハイカーも次々に

休憩。たちまち満員の状態でした。



 ところでどうしても気になるのがこの天狗の神社です。ここはそ

の神社の奥宮で、里宮は奥多摩町氷川の登計(とけ)集落にあるという。

天狗の神社として30年来気になっていたところ。そこである初秋、物好

きにも訪ねてみました。



 奥多摩駅前の観光案内所で神社の名前をいってもよく分かりません。

ビジターセンターで登計集落への行き方を教わることができました。さす

が天狗の神社とあって神秘的なところがいい。ますます期待できそうで

す。



 消防署前から舗装の坂道を登っていくのですがそれから先はムニャム

ニャ。とうとう愛宕山から鋸尾根につづく登計(とけ)峠に出てしまいまし

た。引き返し、誰かに聞こうにも、民家はあっても人っ子ひとりいません。



 坂の林道を行ったり来たりを数回。民家からテレビの音声が聞こえてく

る家があります。庭先から声をかけ、やっと神社の場所を聞き出し、訪れ

ることが出来ました。神社に人は留守で、狛犬の変わりに大天狗小天狗

が鎮座まします。写真を撮り、神社の回り一巡し、まあまあ満足です。



 早速奥多摩町役場へこの神社の由来、祭神など聞きに行きました。

と、あの神社は地元の人たちが氏子になって出来た神社ではなく、新し

い宗教法人なので、町では把握していないとのこと。エッ。新興宗教団体

なのか。



 そういえば神社に立派な鳥居と、寄進者の名前を書いた木札があった

けれど、由来を書いた石碑がなかったぞ。それじゃ、作品に取り上げて発

表すれば、特定の宗教団体の宣伝になってしまいます。



 なんという…。残念ながらこんなわけで暑い初秋の一日がかりの「天狗

神社訪問記」もチョン。こんなこともありますわいな。



▼鋸尾根天聖神社【データ】
【所在地】
・東京都西多摩郡奥多摩町。JR青梅線奥多摩駅から歩いて1時間
20分で鋸尾根天狗像。
【位置】
・天狗像:北緯35度47分49.1秒、東経139度05分54.2秒
【地図】
・2万5千分の1地形図「奥多摩湖(東京)」
▼【参考文献】
・『奥多摩』宮内敏雄(百水社)1992年(平成4)
・『角川日本地名大辞典13・東京都』北原進(角川書店)1978年(昭和
53年)
・『武蔵通誌』河田羆(かわだ・たけし)が1894〜1895(明治27〜28)
年ころに著した私撰地誌。



………………………………………
▼こんな話を、毎月通信で郵送しています。詳しくは筆者のページ【こちら】から

 

……………………………………

▼発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(03)
こんな本あります。

奇神・変神・おもしろ神。
『新・ふるさとの神々なんでも事典
私の既刊本をCDに焼き込みました。1500円(送料・税込み)

(東京新聞出版局から出版したものに改定加筆したものです)
(書店販売はしていません)

【目次一覧】(加筆部分)
▼第1章・山・谷・峠の神と怪物
 ・雨乞いの神 ・温泉神 ・金精神 ・蔵王権現 ・水神 ・峠神 ・一言主の神
 ・人捜しの神 ・風神 ・夜叉神 ・1山姥 ・山の神 ・山彦 ・山宮里宮
 ・雷神 ・竜神 ・薮神 ・8森神  ・川神 ・野神
▼第2章・山の妖怪
 ・一本ダタラ ・2河童神 ・巨人ダイダラ坊  ・妙義山のダイダラ坊
 ・荒船山のダイダラ坊  ・八ヶ岳の大男 ・手長神・足長神
 ・鳥海山の手長足長  ・磐梯山の手長足長 ・土蜘蛛 ・猫又神
 ・山人怪人山男 ・庚申山の怪人 ・茅ヶ岳の怪人たち  ・雪女
▼第3章・鬼神
 ・1鬼神 ・房総鹿野山の鬼 ・岩手山の鬼  ・長野有明山の魏石鬼
 ・魏石鬼の子分・常念坊  ・鬼女(安達ヶ原の鬼) ・戸隠山の鬼女紅葉
 ・大峰山前鬼後鬼 ・大江山の酒呑童子  ・三重・滋賀県鈴鹿峠の鬼
▼第4章・天狗神
 ・天狗とは・はじまり ・天狗のいろいろ ・不思議な女性天狗
 ・水天狗円光坊 ・鼻高天狗と飯縄天狗 ・天狗のお経「天狗経」
 ・日本八天狗 ・京都愛宕山太郎坊 ・滋賀比良山次郎坊
 ・長野飯綱三郎 ・東京高尾山の天狗 ・奥多摩御岳山の天狗
 ・箱根の天狗 ・丹沢大山の天狗たち ・秩父の天狗
 ・富士山の天狗 ・青森恐山の天狗 ・岩手山と遠野の天狗
 ・日光の天狗 ・赤城山の天狗 ・関東/妙義山の天狗たち
 ・立山の天狗 ・0木曽御嶽山の天狗 ・白山の天狗 
 ・伊吹山飛行上人 ・京都・鞍馬山の天狗
 ・葛城山と吉野の天狗  ・高野山の天狗  ・白峰山と石鎚山の天狗
 ・九州彦山の天狗 ・天狗の生活・食べ物 
 ・天狗の仕業か「太平記」の記述  ・山移り
▼第5章・仙人
 ・仙人とは ・仙人の階級 ・陽勝仙人 ・浦島太郎神  ・役ノ行者
 ・久米の仙人 ・竿打(さおうち)仙人  ・武内宿禰(たけのうちのすくね)
 ・泰澄(たいちょう)上人  ・日本武尊(やまとけるのみこと)
 ・都藍尼(とらんに)  ・八百比丘尼(はっぴゃくびくに) ・足柄山の五仙人
▼第6章・動物の神
 ・狼神 ・蛙神 ・カラス神 ・狐神 ・熊神  ・猿神 ・鹿の神 ・狸神
 ・野槌神(ツチノコ)  ・犬神 ・牛神 ・馬神→馬頭観音 ・鶏神 ・猫神
▼第7章・偉人・英雄神
 ・弘法大師 ・惟喬親王(これたかしんのう) ・金太郎神  ・坂上田村麻呂
 ・聖徳太子  ・徐福 ・為朝神 ・蜂子王子(能除仙)  ・弓削道鏡
 ・畠山重忠  ・普寛行者  ・将門神 ・都良香  ・以仁王 ・桃太郎神
 ・義経神 ・義仲神  ・物くさ(物臭)大神  ・頼政神(よりまさ) ・安徳天皇
  ・実盛神(さねもり) ・元三大師
▼第8章・草木の神
 ・サカキ ・シキミ ・杉の神 ・松の神
▼第9章・路傍の石碑
 ・石神 ・要石 ・甲子(きのえね)  ・4庚申塔 ・青面金剛(しょうめんこんごう)
 ・百庚申(ひゃくこうしん) ・7金比羅宮  ・猿田彦神(さるだひこ)
 ・地神(じがみ)  ・十王(じゅうおう) ・日待(ひまち)塔  ・月待(つきまち)
 ・十五夜塔  ・二十三夜塔  ・月待塔01(三日月十三夜十六夜)
 ・月待塔02(七夜十七夜十八夜十九夜廿日夜二十一夜二十二夜)
 ・月待塔03(二十四夜二十五夜二十六夜二十七夜二十八夜二十九夜)
 ・巳待塔(みまち) ・09-19天社神(てんしゃじん) ・09-20道祖神(どうそじん)
 ・馬頭観音 ・出羽三山供養塔  ・木曽御嶽講碑 
富士講


▼詳しくは私のページ【
こちら】でどうぞ。

……………………………………
【とよだ 時】(とよた時)山の伝承探査

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

……………………………………

 

 

とよだ 時(山と田園風物漫画
……………………………………
【時U-mo】あ-とすたじお
山のはがき画の会

 

 

【とよだ 時】のホームページTOPページ
………………………………………………………………………………………………