【本文】のページ (イラスト本ではありません)
CD本【新・山の神々いらすと紀行】(07)
とよだ 時(とよた時)

……………………………………

▼岩手山・歴史と鬼のはなし

【概略文】
 岩手山の名は、凶暴な鬼が改心した証拠として岩の上に手形を押
して、「岩手」としたのにちなむという。また啄木記念館がある玉
山村渋谷地区の、突き出た大岩「岩出の森」にちなむとも、アイヌ
語のイワァ・テェケ(岩の手・枝脈)などの説があります。

 そういえば、外輪山の内側の噴火口内にまた妙高山があって、ケ
ルンがふたつ積まれてそれが2本の角になり、火口壁の上からみる
とまるで鬼の顔の形になっています。

 かつて岩手山には、大猛丸という鬼がすみ、館があったという伝
説があります。その妙高山の東側火口に岩手山神社奥宮があります。
神仏混交の時代には岩鷲権現、田村権現、田村大明神などといった
という。

 岩鷲の名は、岩手山の異名である岩鷲山からきたもの。田村、田
村とつづくのは、社伝にある延歴20年、坂上田村麻呂が蝦夷を平
定し、国土安泰を祈願してここに神社を創建したという故事からで
しょうか。

 この権現さまは獅子頭をご神体にするという。そういえば外輪山
薬師岳付近に石の獅子頭が置いてあります。

・岩手県雫石町と八幡平市・滝沢村との境

▼岩手山・歴史と鬼のはなし


【本文】

 岩手富士と異名のある岩手山の名は、凶暴な鬼が改心し、その証

拠として岩の上に手形を押して、「岩手」としたのにちなむという。

また啄木記念館がある玉山村渋谷地区の、突き出た大岩「岩出の森」

にちなむとも、アイヌ語のイワァ・テェケ(岩の手・枝脈)などの

説があります。



 そういえば、外輪山の内側の噴火口内にまた妙高山があって、ケ

ルンがふたつ積まれてそれが2本の角になり、火口壁の上からみる

とまるで鬼の顔の形になっています。



 かつて岩手山には、大猛丸という鬼が棲み、その館があったとい

う伝説があります。その妙高山の東側火口に岩手山神社奥宮があり

ます。神仏混交の時代には岩鷲(がんじゅ)権現、田村権現、田村

大明神などといったという。



 岩鷲の名は、岩手山の異名である岩鷲山からきたもの。田村、田

村とつづくのは、社伝にある延歴20(801・平安時代初め)年、あ

の坂上田村麻呂が蝦夷を平定し、国土安泰を祈願してここに神社を

創建したという故事からでしょうか。



 この権現さまは獅子頭をご神体にするという。そういえば外輪山

薬師岳付近に石の獅子頭が置いてあります。祠に祭る神は大国主命

である大名牟遅命(おおなむちのみこと)、穀物の神・宇迦之御魂

命(うがのみたまのみこと)、それに日本武尊(やまとたけるのみ

こと)の三柱。



 岩手山への四つの登山口のうち、柳沢口、雫石(しずくいし)口、

平笠口には里宮としての岩手山神社があります。岩手山の神は作神

でもあり、戦争中は武勇の神としても有名だったという。かつて地

元の人は奥宮でお札を求めハイマツの枝を折って帰り、虫除けに田

畑に立てたのだそうです。



 毎年4月から5月ごろ農事を知らせる雪形もあらわれるそうで

す。「種蒔き爺」といい、腰をかがめてざるを持っている形で、3

ヶ所もあり里から見えるのはそのうちの2ヶ所という。また、岩鷲

山のもとになっている鷲の雪形もあります。



 11世紀半ばには「前九年の役」で源頼義が安倍貞任(あべのさ

だとう)追討の際、戦勝を祈願したこともあったと伝えます。また、

1189(文治5)年、源頼朝が藤原泰衡(ふじわらのやすひら)を攻

略した時、土地の豪族工藤小次郎行光が泰衡の捕縛を祈り、岩手山

神社のご利益からか、願いが成就したなどとしています。



 いまの祠(ほこら)は1686(貞享3)年の岩手山大噴火後に再

建したものという。岩手山の名は凶暴な鬼が改心し、その証拠とし

て岩の上に手形を押して、「岩手」としたのだとも、啄木記念館が

ある玉山村渋谷地区の、突き出た大岩「岩出の森」にちなむとも、

またアイヌ語のイワァ・テェケ(岩の手・枝脈)などの説がありま

す。




▼岩手山【データ】
【所在地】
・岩手県雫石町と同県八幡平市と滝沢村との境。いわて銀河鉄道滝
沢駅の北西12キロ。JR東北新幹線盛岡からバス、柳沢から歩いて
5時間半で岩手山。外輪山火口壁薬師岳に一等三角点(2038.2m)
がある。外輪山南東側に岩手山神社の奧宮がある。地形図に岩手山
名と三角点の標高と奥宮の場所に神社の鳥居記号の記載あり。
【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第13番):日本二百名山、日本三百
名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(第13 番・岩手県)
【位置】
・一等三角点:北緯39度51分09.39秒、東経141度00分03.6秒
【地図】
・2万5千分の1地形図「大更(盛岡)」or「松川温泉(秋田)」(2
図葉名と重なる)



▼【参考文献】
・『岩手の伝説』平野 直著(津軽書房刊)1983年(昭和58)
・『角川日本地名大辞典3・岩手県』高橋富雄ほか編(角川書店)1985
年(昭和60)
・「雫石町教育委員会社会教育課の手紙」
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『東北の山岳信仰』岩崎敏夫(岩崎美術社)1996年(平成8)
・『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本伝説集』高木敏雄(ちくま学芸文庫・筑摩書房)2010年(平
成22)
・『日本歴史地名大系3・岩手」(平凡社)1990年(平成2)
・『名山の日本史』高橋千劔破(河出書房新社)2004年(平成16)



………………………………
▼こんな話がCD本になっています。『山の神々いらすと紀行』2000円(送料とも)。
詳細は【
こちら】(目次)をどうぞ。

 

……………………………………

▼発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】−
▼そのほか、こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

……………………………………

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
from 20/10/2000



 

 

【とよだ 時】のホームページTOPページ
………………………………………………………………………………………………