【本文】のページ (イラスト本ではありません)
CD本【新・山の神々いらすと紀行】(03)
とよだ 時(とよた時)

……………………………………

▼秋田・駒ヶ岳の手長彦・足長彦

【略文】
秋田駒ヶ岳はその名のように馬にちなんだ山。雪解けのころ、この
山の横岳の山腹にたくましい馬の形が黒くあらわれるのが山名の由
来。その昔、秋田駒には手長彦、足長彦という2神がいて、山麓の
温泉神居の湯(いまの国見亀の湯)を見つけ、村人の病気の治癒に
利用させたという。
・秋田県仙北市田沢湖と岩手県雫石町との境。

▼秋田・駒ヶ岳の手長彦・足長彦

【本文】
 秋田駒ヶ岳はその名のように馬にちなんだ山。雪解けのころ、こ
の山の横岳の山腹にたくましい馬の形が黒くあらわれるのが山名の
由来。秋田駒は、女目岳(おめだけ)、男岳(おだけ)、女岳(めだ
け)などの総称で、かつてはそのたくましく奔走する馬を雄馬にみ
たて「雄駒箇嶽」「雄駒嶽」と呼称しました。

 ここは昔から人も通らぬところと恐れられ「邦内郷村志」に「里
人相伝、此山中魍魎(もうりょう)鬼類之棲処、甚多怪異、故自昔
至于今、無登山而見其境者、尋常人間不通之地也、最峻高絶壁四時
有雪、自是羽州秋田境」とあります(「日本歴史地名大系・秋田」)。

 またこんな話も伝承されています。その昔、秋田駒には手長彦、
足長彦という2神がいて、山麓の温泉神居(かむい)の湯(いまの
国見亀の湯)を見つけ、村人の病気の治癒に利用させたという。

 この神は天狗どもを率い、雪毛の神馬にまたがり、女岳の馬場小
路で遊んでいましたが、馬の死後、山頂に祠を建てて神としてまつ
ったと伝えています。いまでも男岳山頂には赤い鳥居を前に3つの
祠があります。

 だいたいこのあたりは、徳川幕府から派遣されてくる「御買馬衆」
の通り路。横手、角館、生保内(おぼない=いまの田沢湖)から国
見峠を越えて盛岡に入り、目的の軍馬を購入するもの。ところがこ
の役人が大いばり。沿道の村人を人夫にかり出し、一行6、70人
の宿泊の準備から用度品、食事の用意までさせられ、村びとはその
期間は農作業や山仕事など手につかなかったという。

 ある夏、阿弥陀池の避難小屋を一夜の宿としました。他に宿泊者
はひとりのみ。夕食をとり夕闇せまる阿弥陀池のほとりを散歩しま
す。カジカガエルの大合唱がはじまっています。木道にしゃがみ込
み、そっとヘッドランプのあかりを当ててみますが、その姿は見え
ません。離れるとまた大合唱がはじまります。

 それにしても雪が積もり、厚い氷につつまれる小さな池で、これ
だけたくさんのカジカたちはどのようにして越冬するのでしょう
か。

▼秋田駒ヶ岳男女岳【データ】
【所在地】
・秋田県仙北市田沢湖(旧仙北郡田沢湖町)と岩手県岩手郡雫石町
との境。秋田新幹線田沢湖駅の北東10キロ。JR秋田新幹線田沢
湖駅からバス、駒ヶ岳八合目下車、歩いて1時間で秋田駒ヶ岳男女
岳(おなめだけ)。
・山頂に一等三角点(1637.4m)がある。
・地形図に山名と三角点の標高の記載あり。三角点より南方342m
に阿弥陀池があり、そばに阿弥陀池小屋がある。
【名山】
・深田クラブ選定「日本二百名山」(第13番)日本百名山以外に100
山を加える・日本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎氏選定「新日本百名山」(第16番・秋田県)
【位置】
・一等三角点:北緯39度45分39.98秒、東経140度47分57.71秒
【地図】
・2万5千分の1地形図「秋田駒ヶ岳(秋田)」

▼【参考文献】
・『角川日本地名大辞典5・秋田県」新野直吉ほか編(角川書店)1
980年(昭和55)
・『日本伝説名彙』(にほんでんせつめいい)柳田国男監修(日本放
送出版協会)1950年(昭和25)
・『日本歴史地名大系3・岩手県の地名」(平凡社)1990年(平成
2)
・『山の紋章・雪形」田淵行男著(学習研究社)1981年(昭和56)



………………………………
▼こんな話がCD本になっています。『山の神々いらすと紀行』1500円(送料とも)。
詳細は【
こちら】(目次)をどうぞ。

 

……………………………………

▼発売中
−山の文化・伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】−
▼そのほか、こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
from 20/10/2000


 

 

【とよだ 時】のホームページTOPページ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………