【本文】のページ
山旅通信【ひとり画っ展】(03)
【とよだ 時】

……………………………………

▼山旅【画っ展】970号「古(老いた)い石の山・神奈川県石老山」

【略文】
相模湖に影を映す石老山。この山は山の中にある寺・石老山顕鏡寺の
山号からきているという。寺の名はこの山には古い石群がたくさんあるた
め石老山。寺の草創伝説の銀の鏡にちなみ顕鏡寺。そして寺の号をとっ
てこの山を石老山と呼ぶようになったという。
・神奈川県相模湖町と藤野町の境。

※時間のある方は【本文】もどうぞ。

……………………………………

山旅【画っ展】970号「古(老いた)い石の山・神奈川県石老山」


【本文】
 JR中央本線相模湖駅のすぐ南側にあるその名も相模湖に影を落とす
石老山。石老山とは珍しい名前ですが、山中にある古い石群から石老の
名をとった石老山顕鏡寺(けんきょうじ)というお寺があり、その山号から
石老山と呼ぶようになったという。

 石老山山中の苔むした巨岩は屏風岩、仁王岩、文殊岩、大天狗岩、
鐘岩、八方岩などと呼ばれていいます。顕鏡寺は昔から有名な寺だ
ったようです。

 江戸幕府官撰による相模国に関する地誌『新編相模国風土記稿』
(巻之百十七・津久井県巻之二)に、「…山の中腹に顕鏡寺及び岩
窟虚空蔵堂あり…、寺記に拠れば仁寿元年(851)草創の地なり、
例祭二月十三日武相甲は勿論、他の州都に及まで祈請するもの多く
群参せり、霊験著るき由を伝へて小児虫留加持の守護符を出せり、
是がために参詣の徒常に道に相望めり…」とあります。

 2月13日の例祭には武相甲はもちろん、ほかの地方の人たちも大勢
参拝に来たとあり、東京や、神奈川、山梨県以外からも大勢の信者が登
っていたようです。とくにここから出される小児虫留加持(しょうじむしとめ
かじ)のお札は霊験あらたかなことから多くの人々が参詣にきたという。

 寺の縁起によれば、平安時代前期の仁寿元年(851)ごろ、大宮
人(おおみやびと)(殿上人)の三条貴丞卿(さんじょうきしょうきょう)の
若君武庫(むこ)(兵庫県南部摂津地方の古地名)の郎子(いらっ
こ)(若い男性を親しんで呼んだ語)が八条殿の姫君と恋に落ちたと
いう。

 親が許さぬ恋だったため、2人は京から駆け落ち、はるばる相模
国まできて粕屋の里の能城太郎兵衛の家に泊まりました。そこで相
模川の上流の山中に岩窟(道志岩窟)があることを聞いたのです。
2人は早速岩窟のある石老山に登り、この岩窟で愛の巣を設けまし
た。

 やがて2人に一女一男という子供が授かります。男の子は山中の岩窟
にちなんで岩若丸と名づけられました。岩若丸が7歳になった年、父
は僧になり道志法師と名乗って托鉢の旅に出ました。父が托鉢から
帰ってみると母の姿がありません。

 父と岩若丸は探しまわりましたが見つかりませんでした。父は母
を探すために全国行脚に出ようと考えました。父は都から移ってき
たとき世話になった、粕屋の里の太郎兵衛に岩若丸の養育を頼みま
した。

 その時、父子が再会した時のあかしとして銀の鏡を割って、片方
を自分が、もう片方を岩若丸に渡し父は行脚に旅立ちました。その
後この鏡片のおかげで、成長した岩若丸は父母と再会できたのでし
た。

 年が移って貞観(じょうがん)18年(876)、岩若丸は「源海上人」と
号し、父と同じように僧となり家を出て修行。しかし岩若丸は父母
の死後、石老山の道志岩窟に戻り、一寺を建立して父母の菩提を弔
ったということです。

 また別の話では、岩若丸は若者に成長しましたが、いつまで経っ
ても全国行脚に出かけた父からの沙汰がありません。そこでこんど
は岩若丸が父母を探す旅に出たという。歳月が流れ、源海上人とい
うお坊さんがこの石老山に入って、一寺を建て親子の供養をしたと
いう。

 源海上人はその親子が分け合った鏡の一片を持っており、上人は
旅先でこの父子に出会い、この地に遣わされたという話です。そし
て前述のように、古い石の山から寺の山号を石老山とし、再会のあか
しだった鏡から顕鏡寺と呼んだという(寺の縁起に草創は仁寿元年(851
年)とあるから顕鏡寺になる前から寺はあったのですね)。

 このように寺の山号にもなり、苔むした巨岩が多い山であるとこ
ろから、この山は石老山と呼ばれるようになったという。山中には
12の巨岩が立ちならび、山頂へはその間を見上げながら登っていき
ます。

 なおこの寺は『新編相模国風土記稿』によれば、「古義真言宗(千
木良村善勝寺末)開基東三条大臣兵庫頭…中興開山源栄…本尊虚空
蔵、此寺享保(きょうほう)二年祝融の災(しゅくゆうのわざわい)
に罹(かか)り、什宝(じゅうほう=秘蔵の宝物)の類悉(ことご
とく)灰燼(かいじん=灰や燃え殻)に委(まか)して唯(ただ)
?記(縁起)のみを余す(のこす)と云へども、?記の文冗長にし
て徴(しるし)とするに足らざれば爰(ここ)に略せり」なのだそ
うです。アララ。

 またこの寺にはNHK朝の連続テレビ小説でヒロインの「腹心の友」とし
て登場した「葉山蓮子」(愛称「蓮れんさま」、実際は「Yあきさま」)柳原白
蓮(やなぎわらびゃくれん)の墓があります。墓碑には、「妙光院心華白蓮
大姉」と刻まれています。



▼石老山【データ】
★【所在地】
・神奈川県相模湖町寸沢嵐と藤野町牧野の境。JR中央本線相模湖駅
の南4キロ。JR中央本線相模湖駅からバス、石老山入り口停留所下
車、さらに歩いて2時間15分で石老山。三等三角点(694.4m)と、
写真測量による標高点(702m)がある。
★【位置】
・標高点702m:北緯35度35分7.43秒、東経139度11分26.25秒
・三角点:北緯35度35分6.92秒、東経139度11分21.48秒
★【地図】
・2万5千分1地形図名:青野原。


▼【参考文献】
・『角川日本地名大辞典14・神奈川県』伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・『かながわの山』植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『新編相模国風土記稿』:大日本地誌大系23『新編相模国風土記稿
5』蘆田伊人校訂(雄山閣)1980年(昭和55)
・『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本歴史地名大系14・神奈川県の地名』鈴木棠三ほか(平凡社)
1990年(平成2)



………………………
▼山旅通信【ひとり画っ展】(毎月発行)を毎月郵送しています。
ご希望の方には各地の山の伝説伝承の解説文と、イラストはがき・
会報(バックナンバー)を郵送しています。
創刊1971年(昭和46)

見本】をどうぞ。

 

……………………………………

▼書店で発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−
▼店頭にない時は店員の方にご注文を。

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)全4巻(送料・税とも3500)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。(送料・税とも1500)

・(03新・ふるさとの神々何でも事典富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神。(送料・税とも1500)

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。(送料・税とも1500)

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。(送料・税とも1500)

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。(送料・税とも1500)

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。(送料・税とも1500)

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。(送料・税とも1500)

・(09)全国の山・天狗ばなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。(送料・税とも1500)

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。(年間3000)

 

……………………………………

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。
・立って半畳、寝て一畳、酒は呑んでも二合半。