【本文】のページ
山旅通信【ひとり画っ展】(02)
【とよだ 時】

……………………………………

▼山旅923号「越後三山八海山・八ツの峰と八ツの海と清酒」(新潟県)

【略文】
鋸の歯のような岩峰群(八ツ峰)・地蔵岳、不動岳、七曜岳、白河岳、釈
迦岳、摩利支岳、剣ヶ峰、大日岳、さらに入道岳がならぶ八海山。名前
の由来にはいろいろな説があり、八つの池(海)があるとか、八つの峰が
梯子段だとする八階山説、八つの沢谷の八峡山説などがあります。馬鍬
や田植え爺の雪形があらわれます。
・新潟県南魚沼市。

▼山旅通信923号「越後三山八海山・八ツの峰と八ツの海と清酒」


【本文】
 鎖場が続く信仰の山、八海山(はっかいさん・1778m)。入道岳という
別称もあります。山頂は鋸の歯のような岩峰群(八ツ峰)・地蔵岳、不動
岳、七曜岳、白河岳、釈迦岳、摩利支岳、剣ヶ峰、大日岳、さらに入道岳
がならんでいます。最高峰は1778mの入道岳。なかでも大日岳は、大
日如来をまつる岩窟もあり、奥の院とも呼ばれています。

 また各登山口にはそれぞれに里宮がまつられています。この尾根に連
なる中ノ岳、駒ヶ岳の合わせての越後三山は、かつては三岳講、八海講
の信者が三山駆けをしたところ。ここは山岳信仰の霊山で、かつては修
験者たちが修行をしたところ。いまでも白装束で参拝登山をする人たち
の姿を見ることができます。

 八海山の名は、江戸時代から3つの解釈があり、この連峰が8層あって
梯子段の形になっているため「八階」からきたとする説、山中に8つの沢
や谷があって「八峡」と言ったことからきた説、また山上に8つの池(海)が
あるからとの説があります。

 八階や八峡はどれという伝承もありませんが、八海については「八海山
御伝記」という文書に次のような記述があります。御池名として、古気池
(難陀竜王・なんだりゅうおう)、裏冨池(跋難陀竜王・ばつなんだりゅうお
う)、瓶丹池(娑伽羅竜王・しゃがらりゅうおう)、硯池(和修吉竜王・わしゅ
きちりゅうおう)、日池(徳叉迦竜王・とくしゃかりゅうおう)、月池(阿那婆達
多竜王・あなばだったりゅうおう)、神生池(摩那斯竜王・まなしりゅうお
う)、赤石池(優鉢羅竜王・うばらりゅうおう)以上八海也。とあり、八大竜王
の棲む池として8つの池が選ばれそれを八海と呼んだらしい(『山岳宗教
史研究叢書17』)という。

 ここはもともと、国狭槌尊(くにのさづちのみこと、『日本書紀』の天地開
闢の段に登場する神)という神のとどまるとされる山。その昔、弘法大師
空海が、湯殿山を開いた折りに、越後の海辺を通った時、八海山に紫雲
がたなびくのを見ました。

 星空明の「八海山御伝記」には「夫八海者、天地開闢元気水徳神国
挟槌尊ノ霊魂留ルト雖モ、此ニ空海上人湯殿山開闢ノ節、当国海辺ヲ通
リ、東ヨリ紫雲靉靆(あいたい)、是ヨリ奧ニ霊山有リ、夫(それ)ヨリ登山ア
リ。此ニ霊松ノ木アリ、大聖松神社ト名(なづ)ケ、三日山夜ノ護摩修行有
リ。大聖観(歓)喜天ヲ勧請有リ。頂上不動明王祭。……」とあります(同書)。

 空海がこの山に登って見たところ「霊松の木」を見つけました。そこを大
聖松神社と名づけ、3日3晩の護摩修行を行い、大聖歓喜天を勧請し
て、山頂に不動明王をまつったとしています。さらに大聖歓喜天(だいし
ょうかんぎてん・日本では除災招福の神)を勧請、山頂に不動明王を祭っ
たといいます(しかし、この記述は時代も内容も合わないところから、なに
かの誤記ではないかとの指摘もあります)。

 ま、それはともかく、江戸後期になり、秩父出身の木曽御嶽行者、普寛
(ふかん)上人が、地元出身の泰賢と屏風道の登山道を開き中興開山し
ます。七合目屏風岩に社殿を建て、題頭羅親王(だいずらしんのう・大般
若十六善神の一)を勧請しました。

 以来、御嶽行者が盛んに訪れ、八海大神イコール題頭羅親王という図
式が出来あがり、盛んに信仰登山が行われたといいます。各所にある霊
神碑は御岳信仰の特徴の一つでした。江戸時代末期、変摂(へんしょう)
という行者が八海山で修行、さらに奥の中ノ岳を開いたそうです。

 この行者と同じ出身地の女性が、子供の時から親に聞いた話がありま
す。この行者は八海山で行をしているときは、穀物は食べずにソバ粉を
食べていたという。そのソバ粉は、天狗にいいつけて大崎の生家に取り
に行かせたそうです。

 生家ではいつ来るか分からない天狗のために、ソバ粉を戸口の外に
出して置いていたのですが、いつの間にかなくなっていたという。変摂行
者は、何百貫もの岩を動かしたとか、水の上を渡ったとか、その他天狗も
足元に及ばない法力を使ったという話が伝わっています(『山岳宗教史
研究叢書9』)。

 一方、木曽御嶽の前衛には、八海山や三笠山があり、各々題面(だい
ずら)親王、刀利天(とうりてん)がまつられ、それぞれ八海山題頭羅坊、
三笠山刀利天坊という天狗として信仰されています。また秩父の両神山
にも八海山と呼ばれる場所があり、大頭羅神王の石像が祭られていま
す。そんなところから各地の山の妖怪、特に天狗を訪ねる者にとって、こ
こに祭られる神たちも木曽御嶽の天狗の分身であると信じたいところで
す。

 八海山といえばいまでは銘酒「八海山」も幻の酒と人気です。しかし、
以前は登山口大崎口の八海三尊神社社務所も酒蔵も繁盛の程度がどう
もイマイチ。さまざまな企画を練ってはイベントを組まねばならず、地元の
口の悪い人から「ヤッカイサン」と陰口を叩かれたこともあったそうです。

 八海山にも雪形出て、ふもとの村の農事暦に利用されてきました。西
麓にあたる新潟県魚沼地方では、八海山に馬鍬の形が現れると代掻き
の目安になり、田植え爺の形になると田植えをはじめるというそうです。

 山麓の新潟県魚沼郡では、八海山に馬鍬の形が現れると代かきの目
安になり、田植え爺の形になると田植えをはじめるという。また北方面に
ある「山古志」地区では、八海山の雪形が馬鍬を引いているとき代かきを
はじめ、馬が立った形に変わると田植えをはじめるという。やがて馬はウ
サギの形になり、鎌の形になったとき「畦なで」を終わらせます。

 同じく山古志地区の種苧原(たなすはら)に伝わる話です。江戸時代
天明のころ日照りが続いたという。村人は、ことしの五月の節句には豆蒔
きしないと誓いながら、八海山に雨乞いをしました。はたして雨が降りだし
ました。しかし、村人の中に誓いを破った爺がいたのです。八海山の神さ
まが怒り、その爺を山に吹きつけました。それが代かき馬と、豆蒔き爺の
雪形になっていまも残っているということです。



▼八海山【データ】
★【所在地】
新潟県南魚沼市。JR上越線五日町駅の東10キロ。上越新幹線浦佐
駅からバス、八海山入り口下車。6時間20分で大日岳。
★【名山】
・「日本二百名山」(深田クラブ選定):第126選定(日本百名山以
外に100山を加えたもの・日本三百名山にも含まれる)
★【位置】
・大日岳:北緯37度06分20秒、東経139度01分00秒
★【地図】
・2万5千分の1地形図名:八海山、五日町



▼【参考文献】
・『角川日本地名大辞典15・新潟県』田中圭一ほか篇(角川書店)1989
年(平成1)
・『山岳宗教史研究叢書9・富士・御嶽と中部霊山』鈴木昭英編(名著出
版)1978年(昭和53)
・『山岳宗教史研究叢書17』「修験道史料集1・東日本編」五来重編(名
著出版)1983年(昭和58)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『新編会津風土記』(巻之百十四):『大日本地誌大系・新編会津風土
記・5』(雄山閣)1933年(昭和8)
・『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本歴史地名大系15・新潟県の地名』(平凡社)1986年(昭和61)



………………………
▼山旅通信【ひとり画っ展】(毎月発行)を毎月郵送しています。
ご希望の方には各地の山の伝説伝承の解説文と、イラストはがき・
会報(バックナンバー)を郵送しています。
創刊
1971年(昭和46)
見本】をどうぞ。

 

……………………………………

▼書店で発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−
▼店頭にない時は店員の方にご注文を。

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)全4巻(送料・税とも3500)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。(送料・税とも1500)

・(03新・ふるさとの神々何でも事典富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神。(送料・税とも1500)

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。(送料・税とも1500)

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。(送料・税とも1500)

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。(送料・税とも1500)

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。(送料・税とも1500)

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。(送料・税とも1500)

・(09)全国の山・天狗ばなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。(送料・税とも1500)

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。(年間3000)

 

……………………………………

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。