(フェイスブック・ツイッター・mixi・メールマガジン・ブログ)

【本文】のページ
山の伝説伝承に遊ぶ【ひとり画っ展】(01) 【とよだ 時】


……………………………………
【ひとり画展】942号「大分県九重山と久住山・ふたつのくじゅうさん

・【概略説明】
 九重山は、大分県九重町と竹田市旧久住町にまたがる火山群。九
重山には「久住山」というピークもありどちらも「くじゅうさん」
と読み、まぎらわしい。

 この山中には九重山法華院白水寺と、久住山猪鹿狼寺があり、そ
れぞれが中岳山頂に近い賽の河原の「上宮」をまつっていました。
しかもお寺の山号が「九重山」と「久住山」。当然、地元の豊後側
では「九重山」といい、肥後側では「久住山」と呼びます。

 明治になり久住山に三角点を設置、ここが最高点と思われていま
した。しかし、その後久住山の山頂が崩壊。測量をやり直してみる
と最高峰は中岳で、2位が大船山とわかり、久住山は3位になって
しまいました。

 くやしいのは久住山側の地元、いまだに山名論争がくすぶってい
るたしい。ここも山岳信仰の聖地、中岳直下の御池には賽銭がたく
さん沈んでいたそうです。近代になり硫黄採掘の従事者が池にもぐ
って賽銭を拾い、酒代にしたという話も残っています。
・大分県九重町と竹田市。

▼下方に【詳細本文】があります。

【ひとり画展】942号「九重山と久住山・ふたつのくじゅうさん

・【説明本文】 
 九重山は、大分県九重町(ここのえまち)と竹田市の旧久住町(く
じゅうまち)にまたがる火山群で、南西山ろくは熊本県にまで入っ
ています。九重連山、九重連峰ともいうそうです。一名「九重三十
五峰」といい、1000mを超える山が35峰もあります。

 九重の山名はトロイデ型の火山が9つ重なっていることによると
の説もあります。最高峰は中岳(1791m・竹田市)で、大船山(た
いせんざん・1787.1m・竹田市)、久住山(くじゅうさん・1786.8
m・竹田市)の順。ほかに三俣山(竹田市・九重町)山、稲星山(い
なぼしやま・竹田市)、星生山(ほっしょうざん・九重町)山など
の峰々があります。

 この山も数千年前までは噴火をくり返していましたが、近世にな
ってからはこれというほどの噴火の記録もなくなっています。ただ、
中岳北西にある硫黄山だけは、いまも噴煙を上げていて、1995年
(平成7)には小噴火もしたそうです。

 最高峰の中岳直下の御池は山上の池として、また水の源として崇
められていて、池を汚すと悪いことがおこるといわれていました。
そのため、御池の底には参詣者が投げた賽銭がたくさん沈んでいた
そうです。近代になって硫黄の採掘に従事したものが池にもぐって
賽銭を拾い、酒代にしたという話も残っています。

 この御池に隣接して東側一段低いところに空池(からいけ)があ
ります。ここにはこんな伝説があります。昔、ここで猟師が鉄砲で
猿を撃ちました。ところが死んだ母猿は、子猿をしっかりと抱いた
まま離しません。猟師は見せ物に売るために小さな猿が欲しかった
ので、山刀で親猿の腕を切りました。猟師が血糊のついた刀を近く
の池で洗おうとしたら、池の水がみるみる引いて、もう一方の池に
移ってしました。

 水の溜まった方の池に行って洗おうとすると、こんどは水が元の
池の戻ってしまいます。何度かくり返すうち猟師は狂ってしまった
という。お陰で水のある池と水のない池がならんでしまいました。
人間に似た猿を撃つことは猟師も余りしないこと。まして池は聖な
る水。それを犯した罰なのだそうです。

 それはともかく、九重山には「久住山」というピークがありどち
らも「くじゅうさん」と読み、まぎらわしい。そもそも九重連峰も
昔ほかの山と同じように、霊山と崇められ、信仰の対象でありまし
た。この連峰は、豊後(いまの大分県)と肥後(熊本県)との境界
にまたがっており、豊後側では「九重山」といい、肥後側では「久
住山」と呼んでいたらしい。それはふたつのお寺から来ているとい
います。

 この山中には九重山法華院白水寺(はくすいじ)と、久住山猪鹿
狼寺(いからじ)があり、それぞれが中岳山頂に近い賽の河原の「上
宮」をまつっていました。しかもお寺の山号が「九重山」と「久住
山」。九重山法華院白水寺は、豊後国(いまの大分県)岡(竹田)
藩領の坊ガツルにあり、一方、久住山猪鹿狼寺(いからじ)は豊後
国内ながら熊本藩(肥後)領の久住高原で下宮として勢力をふるっ
ていたのでした。当然、地元の豊後側では「九重山」といい、肥後
側では「久住山」と呼びます。

 明治になり、地図がつくられた当時、中岳と御池がセットで信仰
されていました。そんななか、中岳は聖域ということで遠慮したた
めか、ここには三角点が置かず久住山に置いたのです。できあがっ
た5万分の1地形図は、連山の中のその時点で最高峰だった地点に
「久住山」の名がつけられました。そのため、九重山群の最高峰は
久住山だと思われていました。

 明治のころも山名論争が激しかったのですが、その後、最高峰を
久住山、連峰の総称を九重山とすることで、話し合いがまとまりそ
うになりました。ところが、最高峰と思われていた久住山の山頂が
崩壊。測量をやり直し、中岳に標高点を置いてみると最高峰は中岳
で、2位が大船山とわかり、久住山は3位になってしまったという。
くやしいのは久住山側の地元、いまだに山名論争がくすぶっている
といいます。

 『日本百名山』(深田久弥)は、「九重山」の項で「現在では山群
の総称を九重、その最高峰を久住と呼んで、もう誰も意義を挟むも
のはいない」とありますが最高峰は中岳であり、山名論争もはっき
り決着はついていないようです。

 さて、江戸時代には法華院白水寺は、豊後岡藩(大分県)の庇護
を受けてますます発展し、修験者や禅定者(ぜんじょうしゃ)がた
くさん訪れるようになりました。また猪鹿狼寺(いからじ)も熊本
藩の庇護を受け、法華院と同様に一大山岳霊場として栄えます。し
かし、山上をめぐっての争いは、同じ天台宗でありながら対立し続
けているのでした。

 そんな両寺も明治になると廃仏棄釈の嵐が吹き荒れ廃寺にされ、
その後猪鹿狼寺は復興されたものの、法華院白水寺は完全になくな
り、寺宝類の多くが失われてしまったのでした。取り返しのつかな
いことになってしまったのでした。

 この山は大昔は「タクミ山」といっていたという。『豊後国風土
記』(奈良時代の天平5年(733年)ころに成立との説)には「朽
覃(くたみ)峰」としてでており、『万葉集』(巻十一)(7世紀後
半から8世紀後半)には「朽網(くたみ)山」の名で登場していま
す。

 ところで、豊後国岡藩の第三代藩主の中川久清は大の山好きだっ
たという。藩主だった間にも5回、大船山になどに登っているとい
う。もっとも強力が担ぐ人鞍(ひとくら)と呼ぶ背負子(しょいこ)
に乗って登っていたらしいですが。登った記録は藩主在任中の5回
だけらしけれど、当然若いころや、隠退後も登ったのに違いありま
せんね。久清は「入山」と号して歌なども詠んでいます。

 この山に訪れた文人も多い。徳富蘇峰(そほう)が「久住高源有
作」の漢詩をよみ、田山花袋も和歌2首と漢詩を詠み、北原白秋も
「草深野ここにあふげば国の秀や久住はたかし雲を生みつゝ」と歌
っています。また野口雨情も詩を読み、川端康成は九重山を訪れて
『波千鳥』(「続千羽鶴」)を書いています。ほかにも歌人や俳人、
作家で九重を訪れた人は多く、九重山域のあとこちに歌碑や句碑、
文学碑がのこされています。

 久住山を主峰とする久住高原の山々からの湧水が各所で大量に湧
きだしています。とくに久住町の「老野湧水(おいのゆうすい)」
は、妙見神社の境内を川となって流れており、本堂の下などから湧
きだしています。豊の国名水15選 (とよのくにめいすい15せん)
にも選定。江戸時代初期の元和4年(1618)、豊後国岡藩の第2代
藩主中川久盛が、大船山で鷹狩りをした時、老野地区を訪れてここ
の湧き水を賞賛しました。

 とくに古い神の下からわき出るここが気に入り、祠を建て直して
妙見社としたのだそうです。また「名水・池山水源」は環境庁の「名
水百選」に選ばれていて、水道水、農業用水に利用されています。
泉には水神社がまつられています。高山植物のミヤマキリシマの大
群落は有名です。山の歌に「坊がつる賛歌」という歌があります。
作詞:神尾明正・松本征夫の2番です。「ミヤマキリシマ咲き誇り、
山くれないに大船(だしせん)の、峰を仰ぎて山男、花の情けを知
る者ぞ」。


▼九重山【データ】
【所在地】
・大分県九重町と竹田市旧久住町にまたがる。JR久大本線豊後中
村駅からバス、九重長者原-経由牧の戸峠、さらに歩いて2時間で
久住山(一等三角点1786.6m)、1時間で中岳。(写真測量による
標高点(1791m)がある。
【位置】
・中岳標高点:北緯33度05分9.46秒、東経131度14分56.5秒
・久住山三角点:北緯33度04分55.87秒、東経131度14分27.13秒
【地図】
・2万5千分1地形図名:久住山、湯坪、大船山(別の図葉名と)。


▼【参考文献】
・『角川日本地名大辞典44・大分県』竹内理三(角川書店)1991年
(平成3)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本三百名山』毎日新聞社編(毎日新聞社)1997年(平成9)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本歴史地名大系45・大分県の地名』(平凡社)1995年(平成
7)
・『名山の文化史』高橋千劔破(河出書房新社)2007年(平成19)


▼毎月、上記のような通信を郵送しています。
・伝説伝承の山旅通信ひとり画っ展(見本をどうぞ)


…………………
▼【広告】(書店で発売中)
-山の伝承伝説100を集めた本-
・店頭にない時は店員の方にご注文を。
陽気な山の怪々本
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)

アマゾン、楽天ブック、紀伊国屋書店スなら確実に入手できます
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02
▼<紀伊国屋書店 広告>
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0353002


…………………
▼パソコンで読む、こんなCDブックもあります
01新・丹沢山ものがたり

…………………
ほかの
CDブックはこちらをご覧下さい。

…………………
【とよだ 時】 山の伝説伝承探査
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000


アクセス数:【gate01

TOPページ
……………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。
・人と群れること、付き合うことが苦手で、フリーになって半世紀。
いまごろになってそれが一番必要な職業だと気がついた。どうりで
生きにくかったわけだ。