【本文】のページ
山里の伝承【ふるさと祭事記】(08)
【とよだ 時】

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

▼鴻雁来る「寒露・初候」第49項(七十二候)(10月09日〜12日)

【略文】
「寒露」は、1年を24に区切ってそれぞれにその季節にふさわし
い名前をつけた「二十四節気(せっき)」の一つ。秋が深まり、野
の草についた冷たい露になるころ。「寒露」は太陽の黄経が195度
になった時で、秋分から15日めです。二十四節気をさらに細かく
分けてその季節にふさわしい名前をつけた「七十二候」もありま
す。

……………………………………

……………………………………

▼鴻雁来る「寒露・初候」第49項(七十二候)(10月09日〜12日)

【本文】
 カレンダーの10月9日ころの欄に「寒露」と書かれています。「寒

露(かんろ)」は、1年を24に区切ってそれぞれにその季節にふさ

わしい名前をつけた「二十四節気(せっき)」の1つ。次第に秋が

深まってきて、露が冷たい空気にあたり、凝結して霜になるころ。

野の草についた冷たい露が「寒露」。野山は晩秋の気配につつまれ、

朝晩、そろそろ肌に寒気も感じられます。



 江戸時代の1808年(文化5)刊鳥飼洞斎の『改正月令博物筌』と

いう本には「露凝(むす)んで霜とならんとするゆゑ、寒露と名

づく」とあります。また江戸時代の『暦便覧』には「陰寒の気に

合って、露むすび凝らんとすればばり」と解説しています。



 このころは、五穀の収穫もたけなわ。混ざり穂抜き、稲刈り、

乾燥、脱穀、種もみ取りと農家は忙しい毎日をおくります。「家を

めぐる広き稲穂田次々に刈られゆきつつ冬近づきぬ」(清和/松村

満雄)



 いまは自脱式コンバインにより、刈り取りと脱穀を同時作業し

てしまうのが大半ですが、それでも小さな稲田では、手刈りやバ

インダーで刈り取っています。



 刈り取ったばかりのもみ米は、20〜25%もの水分を含んでおり、

脱穀には水分を14%以下にしなければならないため、地面になら

べる「地干し」や杭や棒、竹などでつくった稲架(はさ)に干し

たりします。



 「寒露」は太陽の黄経が195度になった時で、秋分から15日めで

す。立冬までの15日をさらに細かく分けた「七十二候」というも

のもあります。寒露の時期をを初候、二候、三候の3つに分け、

初候(鴻雁来)、二候(菊開花)、三候(蟋蟀在戸)のころだと解

説しています(『宝暦暦』)。



 つまり初侯の「鴻雁来る・こうがんきたる」大小のガンが列を

つくって日本へ飛んでくるころ。二侯の「菊花開く」は野菊が開

き始めるころ。三侯の「蟋蟀(しっしゅつ)戸に在り」は、キリ

ギリスが戸口まで近寄って鳴くころとしています。これは中国の

七十二候を日本の風土に合わせて解説しなおしたものだそうです。



 しかし日本は南北に細長い国。北と南では気候が違います。そ

こで現代では北日本、中部日本、西日本の3つに分け、それぞれ

の解説をしています。



 北日本では、初候を「初霜」、二候を「カエデ紅葉」、三候を「畜

舎防寒」。また中部日本では、「ガン渡来」、二侯を「キク開花始め」、

三侯を「カモ渡来」の順。西日本では、初侯を「山羊種付け」、二

侯を「サツマイモ収穫」、三侯を「ツル渡来」のころだとしていま

す。



▼【参考文献】
・『暦の百科事典』暦の会(新人物往来社)1986年(昭和61)
・『七十二候 世界で一番おもしろい暦の本』落合正勝(KKベスト
セラーズ)1994年(平成6)
・『日本大歳時記・秋』水原秋櫻子ほか監修(講談社)1989年(昭
和64・平成1)
・『日本年中行事辞典』鈴木棠三(角川書店)1977年(昭和52)



この本の見本は【こちら】をどうぞ。
……………………………………………

 

……………………………………

▼発売中
−山の文化・伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(08)
こんな本(CD)あります。

▼私の既刊本をCDに焼き込みました。2000円(送料・税込み)
『ふるさと祭事記』(なつかしいふるさとの行事)
(旧富民協会から出版したものに改定加筆したものです)

【目次一覧】(加筆部分)
まえがき
 ・(1)カレンダー ・(2)二十四節気 ・(3)五節句 ・(4)十二支  ・(5)雑節
1月(睦月)
 ・むつき ・正月 ・元日 ・門松 ・初詣 ・雑煮 ・小寒 ・七日正月 ・松納め
 ・七草 ・鍬入れ ・小正月 左義長 ・どんど焼き ・削り花 ・アワボヒエボ
 ・まゆ玉 ・もち花 ・成木責め ・庭田植え ・道切り ・道祖神祭り ・大寒
 ・麦ふみ
2月(如月)
 ・きさらぎ ・初ツイタチ ・節分 ・焼いかがし ・追難 ・目突き柴 ・豆まき
 ・豆うら ・立春 ・初午 ・おこと八日 ・目かご ・事はじめ ・野焼き ・雨水
 ・春一番 ・うるう年
3月(弥生)
 ・やよい ・桃の節句 ・ひな祭り ・菱もち ・草もち ・桃酒 ・白酒 ・桜もち
 ・ひな荒らし ・流しびな ・啓蟄 ・田の神祭り ・十六だんご ・つみ草
 ・春の彼岸 ・ぼたもち ・春分 ・社日 ・なたね梅雨
4月(卯月)
 ・うづき ・清明 ・花見 ・山遊び ・ナシの花 ・卯月八日 ・灌仏会 ・花祭り
 ・甘茶 ・てんとう花 ・おぼろ月 ・春祭り ・苗代 ・水口祭り ・穀雨
5月(皐月)
 ・さつき ・ワラビとり ・八十八夜 ・端午の節句 ・鯉のぼり ・武者人形 ・ちまき
 ・ショウブ湯 ・菖蒲うち ・立夏 ・サオリ ・五月晴れ ・雪形
6月(水無月)
 ・みなづき ・代かき ・田植え祭り ・早乙女 ・芒種 ・入梅 ・夏至 ・サナブリ
 ・アマガエル ・新箸 ・夏越しの祓え ・茅の輪 ・虫送り
7月(文月)
 ・ふみつき ・山開き ・富士講 ・富士詣で ・天王さま ・半夏生 ・小暑 ・七夕
 ・七夕送り ・ねぶた流し ・中元 ・大暑 ・土用丑の日
8月(葉月)
 ・はづき ・八朔 ・八朔びな ・田の面祭り ・釜蓋ついたち ・土用波 ・立秋
 ・盆 ・盆棚 ・迎え火 ・灯ろう流し ・精霊流し ・盆踊り ・川施餓鬼 ・残暑
 ・かかし ・処暑
9月(長月)
 ・ながつき ・二百十日 ・稲架 ・白露 ・風祭り ・二百二十日 ・中秋 ・十五夜
 ・月見 ・芋名月 ・月の呼び名 ・秋の長雨 ・秋の彼岸 ・秋分 ・社日
10月(神無月)
 ・かんなづき ・重陽 ・菊の節句 ・おくんち ・みくにち ・寒路 ・田の神送り
 ・豆名月 ・月待ち ・芋煮会 ・農神あげ ・霜降 ・秋祭り
▼11月(霜月)
 ・しもつき ・イノコ ・トオカンヤ ・大根の年取り ・刈り上げ祭り ・かかしあげ
 ・七五三 ・ちとせあめ ・帯解き ・わら仕事 ・小春日和 ・エビス講 ・立冬
 ・勤労感謝の日 ・農業祭り ・小雪 ・ササ立て
12月(師走)
 ・しわす ・乙子の朔日 ・カワビタリ ・大雪 ・事納め ・門松立て ・忘年会
 ・大師講 ・霜月粥 ・冬至 ユズ湯 ・餅つき ・大晦日 ・臼伏せ ・年の火
 ・年越しそば ・除夜の鐘

………………………………………

▼上記CD本を、ご希望の方にお譲りしています。
(送料・税とも2000)


★(1)【パソコン】ご利用の方は、下記メールアドレ
スへ、○○(CD本の題名)希望 とご連絡下さい。
info
toki.moo.jp
 @をアットマーク・半角記号に、を削除jpだけ
にしてください。

★(2)【フェースブック】経由の方は、フェース
ブック画面に戻り、メッセージで、○○(CD本の題名)希
望と送信してください。

★(3)【メールマガジン】ご利用の方は、メルマガ
に返信すると発行者にメッセージが届きます。
○○(CD本の題名)希望と記入してください。


ご注文は責任をもって対応致します。
…………………………………………
ゆ-もぁ-と制作処【とよだ 時】

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000

 

 

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………