【本文】のページ
山里の伝承【ふるさと祭事記】(07)
【とよだ 時】

 (イラスト本ではありません)

……………………………………

▼秋分・第三侯(第48侯)「水始めて涸る」

【略文】
最近は豆まきの声も聞こえなくなり、「恵方巻き」があまり、その
損失がニュースになったりしています。そもそも節分の夜豆をまい
て鬼を追い払う行事は室町時代からすでにあったという。年と年と
の境に降りてくる年神サマについてくる精霊がいるという。その精
霊たちへの供物を豆まきの形にしたのだともいわれています。

……………………………………

……………………………………

▼秋分・第三侯(第48侯)「水始めて涸る」

【本文】
 けさ起きてみたら玄関のヒイラギに鬼がかかっていました。皆さ
んは夕べ豆まきをしましたか。最近は「福はうち、鬼は外ォ」の声
もすっかり聞こえなくなりました。それにかわって「恵方巻き」な
どという、得体の知れない風習がまかり通り、白髪頭の年寄りまで
が海苔巻きを口にくわえて写真に写っています。やっと気づいたか
近頃はあまった海苔巻きの処分で、いくらいくらの損失だと、ニュ
ースになったりしています。さぞかしオニも笑っているでしょう。

 そもそも節分の夜豆をまいて鬼を追い払う行事は室町時代からす
でにあったそうです。年と年との境(大晦日から正月)には祭りを
うけるため、年神サマがおりてきます。ところが年神にゾロゾロつ
いてくる精霊がいるというのです。その精霊たちへの供物を豆まき
の形にしたのだともいわれています。

 また昔の暦では、節分は正月と重なることがよくありました。そ
のため豆まきの行事が、大みそかに行われていた追儺(ついな=鬼
やらい)の行事とあわさり、「節分には悪い鬼がやってくるので、
豆をまいて追い払おう」ということになります。

 豆まきは京都では室町時代にはじまり、、『花営三代記』(かえい
さんだいき)(室町幕府の記録)の「応永二十八年(1421)正月八
日の条」に、同日節分で、「勝栗打ち」を行ったとあり、『看聞御記』
(かんもんぎょき)「応永三十二年(1425)一月八日(節分)の条」
に、「抑鬼豆打事近年」(『日本年中行事辞典』鈴木棠三)と記載が
あり、古い時代から続いているようです。ただ、中国にもこれと同
じような豆で鬼を追い払う行事があり、それが日本に伝わってきた
のではないかという説もあります。

 ここで変わった豆まきを二、三。大阪の旧家では主人が豆打ち役
で跡とり息子は豆男。そのあとからもう一人、十能をふりまわしな
がらついてくる男があり、豆男の「福は内」につづけて「ごもっと
もサマ……」でとみんなの笑わし役。昔、九鬼という大名の家では
自分の姓と同じ鬼に「鬼は外」ともいえず、「鬼は内、福は外……」
といい、最後に苦しまぎれに「富は内」ととなえたそうです。大阪
の古い家では「福は内」と豆をまく人のあとから「ごもっとさまで
……」とあいづちを打ちながらついてくる、笑わせ役があったとい
います。

 また節分には魔よけとして、イワシの頭をヒイラギやカヤにさし
て戸口にさします。これは「目突き柴」といい鬼の目を突いて追い
払うということで、同じく悪魔をはらう「焼いかがし」という行事
を簡単にしたものだそうです。ところによっては年末のすす払いの
時に豆をまく所(青森、岩手)や、1月7日にまく所(九州)もあ
るそうです。
 福の豆 桝(ます)にこぼるる ばかりかな(王城)

▼【参考文献】
・『日本年中行事辞典』鈴木棠三(角川書店)1977年(昭和52)



この本の見本は【こちら】をどうぞ。
……………………………………………

……………………………………

▼発売中
−山の文化・伝承伝説100を集めた本−

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)
▼書店にない時は店員の方にご注文を。

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます)
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(07)
こんな本(CD)あります。
(htmlで編集してあります)

▼私の既刊本をCDに焼き込みました。2000円(送料・税込み)
『ひとの一生なんでも事典』
(旧富民協会から出版したものに改定加筆したものです)

【目次一覧】(加筆部分)
●【夏の野菜・果物】
▼第1章 【誕 生】 
 ・誕生 蒙古斑 へその緒 血液型 産湯 産飯 ・お七夜 ・命名 制限漢字
  名付け親 ・出生届 ・宮まいり ・氏神
▼第2章 【生育期】
 ・お食い初め ・初節供 桃の節供 端午の節供 菖蒲湯 ・初誕生 ・七五三
 ちとせあめ ・習い事 そろばん 書道 ・幼稚園 ・保育所
▼第3章 【就学期】
 ・義務教育 ・小学校 ランドセル えんぴつ 黒板・チョーク 先生 教科書
 通知表 校長先生 PTA 夏休み  修学旅行 教育委員会 テスト  ・初潮
 ・中学校 クラブ活動 ・入学試験 神頼み さい銭 絵馬 かしわ手 ・進学塾
 高等学校 大学校 卒業式 大学院
▼第4章 【成人・就職】
 ・成人 成人式 選挙権 酒 たばこ ・就職 会社 株式会社 社長
 会社の部門 名刺 給料 ボーナス
▼第5章 【結 婚】
 ・見合い ・仲人 ・婚約 婚約指輪 ・結納 結納品 ・嫁入り道具 たんす
 ・大安 ・招待状 ・花嫁 打ち掛け つのかくし ウエディング・ドレス
 ・新郎 ・結婚 ・神前結婚式 神官 巫女 祝詞 三三九度 お神酒
 結婚指輪 玉串奉奠 ・仏前結婚式 ・教会結婚式 ・家庭結婚式
 ・神式結婚式 ・祝儀 ・引き出物 ・忌み言葉 ・披露宴 ディナー形式披露宴
 パーティー形式披露宴 和風  披露宴 席次 乾杯 シャンパン
 ウエディングケーキ お色直し ・婚姻届 戸籍 ・新婚旅行 里帰り ・離婚
▼第6章 【妊娠・出産】
 ・妊娠 ・産科医 ・妊婦 ・出産予定日 ・母子健康手帳 ・母親学級
 ・着帯祝い 戌の日 岩田帯 助産婦 ・安産の神 水天宮 ・つわり ・陣痛
 ・出産 ・出産祝い ・流産・早産
▼第7章 【育児・家庭】
 ・結婚記念日 ・新築 建前 もち投げ 新築祝い ・中元・歳暮 ・転勤祝い
 ・病気見舞い 快気祝い ・誕生日 誕生石 星座 ・育児 ひきつけ 夜泣き
 迷信 予防接種
▼第8章 【年間行事】
 ・正月 年賀状 ・七草 ・豆まき ・バレンタインデー ・ひなまつり 内裏さま
 五人囃子 桜と橘 流しびな ・彼岸 ・こどもの日 こいのぼり ・母の日
 ・父の日 ・七夕さま ・お盆  盆踊り ・月見 ・クリスマス ・大みそか
▼第9章 【壮年・実年】
 ・厄年 厄よけ ・定年 ・敬老の日 ・年祝い 赤いちゃんちゃんこ
▼第10章 【葬 送】
 ・遺言・遺書 ・永眠 死に水 湯かん 枕かざり ・葬儀社 ・北枕西向き
 ・死亡診断書 ・死亡届 ・埋葬許可証 ・戒名 ・納棺 ・祭壇 ・通夜 ・位牌
 ・焼香 ・合掌 ・神式・キリスト教式通夜 ・葬儀 喪主 供物 花輪 数珠
 喪服 香典 不祝儀袋 ・告別式 出棺 霊柩車 神式・キリスト教式告別式
 ・火葬 ・塩 ・土葬・風葬・水葬 ・精進料理 精進落とし ・仏壇 仏具 ・墓地
 墓石 卒塔婆 ・相続 形見分け ・香典返し ・忌中・喪中 ・新盆
▼第11章 【法 事】
 ・法事(法要) 忌日 四十九日 年忌 神式・キリスト教式 ・墓参り

………………………………………

▼上記CD本を、ご希望の方にお譲りしています。
(送料・税とも2000)


★(1)【パソコン】ご利用の方は、下記メールアドレ
スへ、○○(CD本の題名)希望 とご連絡下さい。
info
toki.moo.jp
 @をアットマーク・半角記号に、を削除jpだけ
にしてください。

★(2)【フェースブック】経由の方は、フェース
ブック画面に戻り、メッセージで、○○(CD本の題名)希
望と送信してください。

★(3)【メールマガジン】ご利用の方は、メルマガ
に返信すると発行者にメッセージが届きます。
○○(CD本の題名)希望と記入してください。


ご注文は責任をもって対応致します。
…………………………………………
ゆ-もぁ-と制作処【とよだ 時】

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000

 

 

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………