【本文】のページ
【新・ふるさとの神々なんでも事典】(04)
【とよだ 時】

……………………………………

◆こんな話みつけました◆

▼丹沢山麓・天社神石碑

【略文】
丹沢山麓でよく見かける天社神。これは吉日の社日と、同じく吉日
の天赦をくっつけて「天社神」という神さまにしたらしい。だから
天社神は「吉吉神」。丹沢ヤビツ峠の登山口小蓑毛集落鹿島神社境
内には「吉吉神」の天社神と疫病神が一緒にまつられている。さす
が神様同士はお互い心が広い。
・神奈川県秦野市

……………………………………

……………………………………

▼丹沢山麓・天社神石碑

【本文】
 神奈川県の丹沢山麓の集落で、天社神と書かれた石碑をよく見か

けます。天社神とは、神さま関係の辞典にもない、変わった神さま

なのだそうです。調べてみると天社は天赦で、暦に出てくる天赦日

(てんしゃにち)のことではないかとあります。



 天赦日は「万事を為すに触りなしという最高の大吉日」。暦のな

かで吉日は、天一天上(てんいちてんじょう=天一神という空想上

の暦神(方角神)が天上にある佳日)(『暦の百科事典』)と社日、

天赦の日だけで、あとは丙午(ひのえま)、十方暮(じっぽうくれ)、

庚申(こうしん)、三伏(さんぷく=初伏、中伏、末伏の三つを総

称していう)、犯土(つち=干支の土と土とが重なる日)、三隣亡(さ

んりんぼう=干支の亥、寅、午を各月につけて選日している)など

凶日ばかりです。



 これは、中国の戦国時代から漢の時代にできた陰陽五行説にもと

づく考え方で、万物一切は木火土金水(もくかどごんすい)の五つ

の要素からなっているとし、それに陰と陽をつけたものだとか。



 すなわち、木火は陽に、金水は陰に属し、土はその中間だとし、

その消長で天地の災い、人の運勢を説明しようとするこれまたやっ

かいなもの。



 また、暦に社日という土地の守護神をまつる日があります。春と

秋の彼岸に一番近い戊(つちのえ)の日で、吉日とされています。

それに同じく吉日の天赦をくっつかせ天社神という神さまにしたの

だろうといいます。つまり吉吉神なのであります。



 丹沢ヤビツ峠や大山への登山口の蓑毛、その少し手前の小蓑毛集

落鹿島神社境内にも天社神の石碑があります。ある年、表尾根を歩

くついでにわざわざ寄ってみました。この神社にはいくつかの神さ

まが集められまつられています。



 天社神の石碑を写真に撮り、境内をブラブラ。すると変わった神

さまの名が目にはいりました。厄神大権現とあります。「吉吉神」

の天社神と疫病神が一緒の神社にまつられているのです。さすが神

様同士はお互い心が広いものです。



▼小蓑毛鹿島神社【データ】
【所在地】
・神奈川県秦野市小蓑毛鹿島神社境内。小田急秦野駅からバス、小
蓑毛下車6分で鹿島神社。地形図上には地名と神社記号のみ記載

【位置】
・鹿島神社:北緯35度24分20.01秒、東経139度14分0.4秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「秦野(東京)」

▼【参考】
・『宿なし百神』川口謙二著(東京美術刊)1979年(昭和54)
・『暦の百科事典』暦の会編(新人物往来社)1986年(昭和61)



この本の見本はこちらをどうぞ。
……………………………………………

 

……………………………………

▼書店で発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−
▼店頭にない時は店員の方にご注文を。

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます。
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(04)
こんな本(CD)あります。
(htmlで編集してあります)

▼私の既刊本をCDに焼き込みました。1500円(送料・税込み)
『家庭行事なんでも事典
(旧富民協会から出版したものに改定加筆したものです)

【目次一覧】(加筆部分)
●1月(むつき)
 ・睦月、正月(門松、元日、しめ飾り、初もうで、破魔矢、おみくじ、
 お屠蘇、雑煮、おせち料理、年賀状、お年玉、福笑い、国旗、獅子
 舞、双六、羽根突き、かるた、百人一首、猿まわし、凧あげ、年始
 まわり、書き初め、初夢、歯固め)・小寒・消防出初め式・七草・
 学校始業・鏡開き・成人の日・年賀はがき抽選会・大寒・1月その
 他の行事
2月(きさらぎ)
 如月・節分・立春・初午・針供養・建国記念の日・バレンタインデ
 ー・2月その他の行事
●3月(やよい)
 弥生・ひな祭り(ひしもち、白酒、桃の節供、流しびな、草もち)
 ・耳の日・啓蟄・春分の日(彼岸)・卒業式(通知表)・社日・3月
 その他の行事
●4月(うづき)
 卯月・新学年・エイプリルフール・清明・花まつり(灌仏会、甘茶)
 ・花見・発明の日・穀雨・切手趣味週間・潮干狩り・4月その他の
 行事
●5月(さつき)
 皐月・メーデー・八十八夜・憲法記念日・こどもの日(端午の節供、
 こいのぼり、しょうぶ湯、柏もち)・立夏・母の日(カーネーショ
 ン)・愛鳥週間・虫送り・5月その他の行事
●6月(みなづき)
  ・水無月・歯の衛生週間・芒種・時の記念日・入
  梅・父の日・夏至・6月その他の行事
●7月(ふづき)
  ・文月・山開き・七夕・小暑・中元・土用丑の日・
 プロ野球オールスター戦・大暑・夏休み・暑中見舞い・夏祭り・花
 火・7月その他の行事
●8月(はづき)葉月
  ・原爆記念日・立秋・盆・終戦記念日・盆踊り・8月その他の行事
●9月(ながつき)
 ・長月・防災の日・二学期始め・二百十日(台風)・敬老の日・中秋
 名月(月見)・動物愛護週間・秋分の日・運動会・9月その他の行 事
●10月(かんなづき)
 ・神無月・共同募金・体育の日・目の愛護デー・プロ野球日本シリー
 ズ・霜降・読書週間・秋祭り・10月その他の行事
●11月(しもつき)
 ・霜月・文化の日・立冬・七五三・酉の市・勤労感謝の日・小雪・11
 月その他の行事
●12月(しわす)
 ・師走・歳末助け合い運動・大雪・冬至(ユズ湯、コンニャク、カボ
 チャ、カユ)・歳の市・クリスマス(サンタクロース)・冬休み・忘
 年会・仕事納め・もちつき・大みそか(歳徳神、年越し、そば、紅
 白歌合戦、除夜の鐘)・12月その他の行事

………………………………………

▼上記CD本を、ご希望の方にお譲りしています。
(送料・税とも1500)


★(1)【パソコン】ご利用の方は、下記メールアドレ
スへ、○○(CD本の題名)希望 とご連絡下さい。
info
toki.moo.jp
 @をアットマーク・半角記号に、を削除jpだけ
にしてください。

★(2)【フェースブック】経由の方は、フェース
ブック画面に戻り、メッセージで、○○(CD本の題名)希
望と送信してください。

★(3)【メールマガジン】ご利用の方は、メルマガ
に返信すると発行者にメッセージが届きます。
○○(CD本の題名)希望と記入してください。


ご注文は責任をもって対応致します。
…………………………………………
ゆ-もぁ-と制作処【とよだ 時】

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

 

……………………………………

 

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000

TOPページ
………………………………………………………………………………………………