【本文】のページ
【新・ふるさとの神々なんでも事典】(03)
【とよだ 時】

……………………………………

◆こんな話をみつけました◆

▼尾瀬から桧枝岐、越後国に逃れた以仁王

【略文】140字

以仁王も神さまとして各地でまつられています。福島県、新潟県下
には、以仁王を祀る神社もあります。以仁王は源平宇治川の戦いで、
敗死した後白河天皇の皇子。しかし生きていて、東海道経由で甲斐、
信濃、沼田に出て、尾瀬から桧枝岐に入り、楢原村で逗留。その後、
越後国に逃れたと伝えられています。

▼尾瀬から桧枝岐、越後国に逃れた以仁王

【本文】
 以仁王も神さまとして各地でまつられています。福島県下郷町の
高倉山のふもとには、以仁王(もちひとおう)の霊を祀る高倉神社
があり、宮城県、新潟県の各地に高倉宮にちなんだ古墳や廟など遺
跡が散在しています。これは後白河天皇の第二皇子・高倉宮以仁王
(たかくらのみやもちひとおう)にちなむ古跡だとされています。

 以仁王は、治承4年(1180)、源平宇治川の戦いで敗死しました
が、以仁王の顔を知る者が少なく本人の首かどうか確認できなかっ
たといいます。そのため、死んだのはにせ者で、以仁王はまだ生き
ていて東北に逃れたとの噂がしきりでした。

 高倉神社の社記「人皇八十代高倉院ノ御宇治承年四秋書」という
文書によると、宇治川の合戦で敗れた以仁王は、「足利又太郎忠綱
ノ情ニテ、御助命アリ、越後ノ住人小国馬頭頼之ニ依リ、落チ給フ」
とあるのです。そして、尾瀬中納言藤原頼実や、三河少将光明、ま
た小椋少将藤原定信らの二十数名が以仁王のお供をし、上州沼田か
ら尾瀬に入り、戸倉沼山に宿泊したとしています。

 伝説では、東海道経由で甲斐、信濃、沼田に出て、戸倉から桧枝
岐に入り、楢原村(いまの福島県下郷町)に達すると、ここに逗留。
その後、叶津(かのうづ)から、福島県只見町と新潟県三条市の県
境の八十里越(はちじゅうりごえ)を経て、越後国に出たとなって
いますが、それから先は不明です。

 『会津高倉社勧進帳』という文書に、「……於宇治合戦雖及数度。
天運時不至。三軍不利。為頼陸奥之探題何某者。従東海道趣陸奥。
通檜枝岐山入南山。至關山峠之麓。……於是陸奥探題並大寺三千坊。
其外慾心熾盛之夷賊等。忽忘守護志。却卒起怨敵之思。……」

 早い話が、戦いに敗れた高倉宮以仁王は、陸奥(むつ)の国(い
まの福島県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県の一部)の探題某と
いう人を頼って、福島県南会津郡の桧枝岐を通り南山(みなみやま
・奥会津)に入り、関山峠(宮城県と山形県)のふもとに滞在して
いたとき、探題や大寺三千坊など欲心を起こして裏切り、攻めてき
ました。

 しかし突然車輪のような火の玉があらわれ、敵をさんざん悩まし
たという。そこがいまの火の玉峠だという。こうして助かった以仁
王はここを去る時、「氏神になって村民を守る」といい、神輿(こ
し)に乗って去ったあと、村人たちが一宇の小社を建立、高倉大明
神としたという。

 そのとき、宮の供をしていた尾瀬中納言頼実が、旅の疲労でこの
地で亡くなり、なきがらを長沼近くの丘に葬ったという。以来、こ
の沼を尾瀬沼と呼ぶようになり、のちに村人が燧ヶ岳(ひうちがた
け・2356m)に尾瀬大明神をまつったという伝説があります。ただ
し、『新編会津風土記』(巻之二十五)では、小瀬大納言頼国が定住
したことが尾瀬の由来だとなっており、いくつかのいわれを残して
います。

 以仁王は、平安時代の後白河天皇の第3皇子ですが、兄の守覚法
親王が仏門に入ったため、ふつう第二皇子とされています。仁平元
年(1151)〜治承4(1180)年。三条高倉に住んでいたため高倉宮
と呼ばれました。才学優れ、人望厚く帝位につくべき器量でしたが
建春門院滋子(平清盛の妻時子の妹、高倉天皇の母)にねたまれ、
親王宣下を得られず王にとどまったという。

 治承4年(1180)4月、源頼政に扇動され、また藤原伊長に帝位
につくべき相があるといわれ、平氏討伐の挙兵を決断、各地の源氏
に呼びかけ、平氏に対して挙兵を決意します。しかしこの計画はま
もなく発覚。ただちに追っ手が向けられました。

 翌月、宇治川の戦い宇治川の戦いで敗北、頼政は自害。落ちのび
た以仁王は、奈良へ向かう途中、飛騨守景家らの追撃を受け、山城
の国(いまの京都府の中・南部)で流れ矢にあたって馬から落ちた
ところを首を取られたとされています。京都府山城町に以仁王をま
つった高倉神社と墓があります。

▼【参考文献】
・「尾瀬の昔と今」木暮理太郎:(『日本山岳風土記・5』宝文館196
0年(昭和35)所収
・『角川日本地名大辞典7・福島県』小林清治ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「会津高倉社勧進帳」:『続群書類従・第3輯下』塙保己一編纂(続
群書類従完成会)1988年(昭和63)所収
・『日本大百科全書22』(小学館)1990年(平成2)
・『日本伝奇伝説大事典』編者・乾勝己ほか(角川書店)1990年(平
成2)
・『柳田国男全集・4』柳田國男(ちくま文庫/筑摩書房)1989年(昭
和64・平成1)
・『柳田国男全集・7』柳田國男(筑摩書房)1990年(平成2)



この本の見本はこちらをどうぞ。
……………………………………………

 

……………………………………

▼書店で発売中
−山の伝承伝説100を集めた本−
▼店頭にない時は店員の方にご注文を。

妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込968円 (山と渓谷社)

★アマゾン、楽天ブックスなら確実に入手できます。
……………………
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)

………………………
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

 

……………………………………

−【広告】(03)
こんな本あります。

奇神・変神・おもしろ神。
『新・ふるさとの神々なんでも事典
私の既刊本をCDに焼き込みました。1500円(送料・税込み)

(東京新聞出版局から出版したものに改定加筆したものです)
(書店販売はしていません)

【目次一覧】(加筆部分)
▼第1章・山・谷・峠の神と怪物
 ・雨乞いの神 ・温泉神 ・金精神 ・蔵王権現 ・水神 ・峠神 ・一言主の神
 ・人捜しの神 ・風神 ・夜叉神 ・1山姥 ・山の神 ・山彦 ・山宮里宮
 ・雷神 ・竜神 ・薮神 ・8森神  ・川神 ・野神
▼第2章・山の妖怪
 ・一本ダタラ ・2河童神 ・巨人ダイダラ坊  ・妙義山のダイダラ坊
 ・荒船山のダイダラ坊  ・八ヶ岳の大男 ・手長神・足長神
 ・鳥海山の手長足長  ・磐梯山の手長足長 ・土蜘蛛 ・猫又神
 ・山人怪人山男 ・庚申山の怪人 ・茅ヶ岳の怪人たち  ・雪女
▼第3章・鬼神
 ・1鬼神 ・房総鹿野山の鬼 ・岩手山の鬼  ・長野有明山の魏石鬼
 ・魏石鬼の子分・常念坊  ・鬼女(安達ヶ原の鬼) ・戸隠山の鬼女紅葉
 ・大峰山前鬼後鬼 ・大江山の酒呑童子  ・三重・滋賀県鈴鹿峠の鬼
▼第4章・天狗神
 ・天狗とは・はじまり ・天狗のいろいろ ・不思議な女性天狗
 ・水天狗円光坊 ・鼻高天狗と飯縄天狗 ・天狗のお経「天狗経」
 ・日本八天狗 ・京都愛宕山太郎坊 ・滋賀比良山次郎坊
 ・長野飯綱三郎 ・東京高尾山の天狗 ・奥多摩御岳山の天狗
 ・箱根の天狗 ・丹沢大山の天狗たち ・秩父の天狗
 ・富士山の天狗 ・青森恐山の天狗 ・岩手山と遠野の天狗
 ・日光の天狗 ・赤城山の天狗 ・関東/妙義山の天狗たち
 ・立山の天狗 ・0木曽御嶽山の天狗 ・白山の天狗 
 ・伊吹山飛行上人 ・京都・鞍馬山の天狗
 ・葛城山と吉野の天狗  ・高野山の天狗  ・白峰山と石鎚山の天狗
 ・九州彦山の天狗 ・天狗の生活・食べ物 
 ・天狗の仕業か「太平記」の記述  ・山移り
▼第5章・仙人
 ・仙人とは ・仙人の階級 ・陽勝仙人 ・浦島太郎神  ・役ノ行者
 ・久米の仙人 ・竿打(さおうち)仙人  ・武内宿禰(たけのうちのすくね)
 ・泰澄(たいちょう)上人  ・日本武尊(やまとけるのみこと)
 ・都藍尼(とらんに)  ・八百比丘尼(はっぴゃくびくに) ・足柄山の五仙人
▼第6章・動物の神
 ・狼神 ・蛙神 ・カラス神 ・狐神 ・熊神  ・猿神 ・鹿の神 ・狸神
 ・野槌神(ツチノコ)  ・犬神 ・牛神 ・馬神→馬頭観音 ・鶏神 ・猫神
▼第7章・偉人・英雄神
 ・弘法大師 ・惟喬親王(これたかしんのう) ・金太郎神  ・坂上田村麻呂
 ・聖徳太子  ・徐福 ・為朝神 ・蜂子王子(能除仙)  ・弓削道鏡
 ・畠山重忠  ・普寛行者  ・将門神 ・都良香  ・以仁王 ・桃太郎神
 ・義経神 ・義仲神  ・物くさ(物臭)大神  ・頼政神(よりまさ) ・安徳天皇
  ・実盛神(さねもり) ・元三大師
▼第8章・草木の神
 ・サカキ ・シキミ ・杉の神 ・松の神
▼第9章・路傍の石碑
 ・石神 ・要石 ・甲子(きのえね)  ・4庚申塔 ・青面金剛(しょうめんこんごう)
 ・百庚申(ひゃくこうしん) ・7金比羅宮  ・猿田彦神(さるだひこ)
 ・地神(じがみ)  ・十王(じゅうおう) ・日待(ひまち)塔  ・月待(つきまち)
 ・十五夜塔  ・二十三夜塔  ・月待塔01(三日月十三夜十六夜)
 ・月待塔02(七夜十七夜十八夜十九夜廿日夜二十一夜二十二夜)
 ・月待塔03(二十四夜二十五夜二十六夜二十七夜二十八夜二十九夜)
 ・巳待塔(みまち) ・09-19天社神(てんしゃじん) ・09-20道祖神(どうそじん)
 ・馬頭観音 ・出羽三山供養塔  ・木曽御嶽講碑 
富士講

………………………………………

▼上記CD本を、ご希望の方にお譲りしています。
(送料・税とも1500)


★(1)【パソコン】ご利用の方は、下記メールアドレ
スへ、○○(CD本の題名)希望 とご連絡下さい。
info
toki.moo.jp
 @をアットマーク・半角記号に、を削除jpだけ
にしてください。

★(2)【フェースブック】経由の方は、フェース
ブック画面に戻り、メッセージで、○○(CD本の題名)希
望と送信してください。

★(3)【メールマガジン】ご利用の方は、メルマガ
に返信すると発行者にメッセージが届きます。
○○(CD本の題名)希望と記入してください。


ご注文は責任をもって対応致します。
…………………………………………
ゆ-もぁ-と制作処【とよだ 時】

 

……………………………………

−【広告】−
▼こんなCDブック
あります −画と文でつづったCDブック本−

・(01)野の本・山の本(春・夏・秋・冬編)全4巻(誠文堂新光社)

・(02)山の神々いらすと紀行(東京新聞) 雑誌「岳人」に連載・出版したものの改訂版です。

・(03新・ふるさとの神々何でも事典(富民協会)(改訂版) 奇神・変神・おもしろ神

・(04)家庭行事なんでも事典(富民協会)(改訂版) 元旦から除夜の鐘まで、その意味と由来。

・(05)新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社) 既刊のものに大幅加筆改訂。身近な山々が次々に。

・(06)健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活) 既刊のものに加筆改訂しました。

(07)ひとの一生なんでも事典(富民協会)(改訂版) 一風変わった冠婚葬祭の本。

・(08)ふるさと祭事記・歳時記(冨民協会)(改訂版) 忘れていたふるさとの祭りや行事。

・(09)全国天狗のはなし(自家製作) 各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗。

・(10)山旅通信【ひとり画ってんの会 毎月、各地の山の伝説伝承イラスト通信が送られてくる。

……………………………………

【とよだ 時】 山の伝承探査
………………………………
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………