▼山のまん画ばなし【本文】のページ07
 【とよだ 時】

………………………………………………………
北ア・白馬鑓ヶ岳大出原のクルマユリ

【略文】
この山も槍ヶ岳のようにとがった山。この両方を区別す
るため鑓の字を使ったという鑓ヶ岳。日本で2番目に高
い温泉白馬鑓温泉がその懐にあります。ここは雪崩の巣
のため毎年建て替えるという。鑓温泉への途中の大出原
は一面のお花畑。クルマユリがまるで風車のように風に
ゆれていました。
・長野県白馬村。

※ご用とお急ぎでない方は、下方の【本文】もどうぞ。

北ア・白馬鑓ヶ岳大出原のクルマユリ
【本文】

 北アルプス白馬岳南方にある鑓ヶ岳は、穂高近くの槍
ヶ岳と同じ「やり」。そこで区別するため鑓の字を使い
白馬鑓ヶ岳といっています。また白馬岳ととなりの杓子
岳、鑓ヶ岳をあわせて白馬三山と呼んだりします。


 その白馬鑓ヶ岳から2時間ばかり下ったところに日本
で2番目に標高の高いところにある白馬鑓温泉(「角川
日本地名大辞典・長野」では日本第2位、「山DAS」
では第5位)があります。


 白馬三山を歩く人は普通、自然の冷蔵庫の中にいるよ
うな白馬大雪渓を登り、白馬岳山頂へ。さらに南下、鑓
ヶ岳から鑓温泉に泊まります。その途中の大出原は一面
の草原のお花畑。


 ハクサンコザクラ、ウサギギク、シナノキンバイが花
ざかり。とくにクルマユリが大群生します。いっせいに
黄金の風車が回っているように風にゆれています。あち
こちでカメラのシャッターの音がにぎやかでした。


 ちなみに大出原の名は、白馬鑓ヶ岳の裏側、富山県側
に硫黄がとれる朱殿坊山があり、かつて大出村の村人が
硫黄搬出時、大勢遭難したところといわれています。


 クルマユリは深山高山の草原などに生えるユリで、花
は黄金色、茎の中央部あたりに、葉が何枚も車形に輪生
しています。
・ユリ科ユリ属の多年草




▼鑓温泉【データ】
【所在地】
・長野県北安曇郡白馬村。JR大糸線白馬駅からバスで50
分、終点猿倉から歩いて3時間で鑓温泉(標高2100m)。

【位置】
・鑓温泉:北緯36度43分28.06秒、東経137度45分59.9


【地図】
・旧2万5千分の1地形図「白馬町(富山)」

【山行】某年8月3日(金曜日・晴れ)
・ビンボー山行の私は青春18切符愛好者。山小屋にも泊
まれず、テント山行です。


▼【出典】
・『山DAS』石井光三(白山書房)1997年(平成9)
・『角川日本地名大辞典20・長野県』市川健夫ほか編(角
川書店)1990年(平成2)
・『北アルプス白馬連峰 その歴史と民俗』長沢武(郷
土出版社)1986年(昭和61)
・『信州山岳百科1』(信濃毎日新聞社編)1983年(昭
和58)

…………………
▼このシリーズは、CD本『山の伝説いらすと紀行に記載してあります。

………………………………………………………

………【広告】…………………………………
おもしろ【山と田園の本】(お譲りしています)
・00山旅通信【ひとり画っ展】1000号記念CD本
01新・丹沢山ものがたり(既刊を改訂)
02全国の山・天狗ばなし』(山の妖怪天狗)
03山の伝説いらすと紀行』(既刊を改訂)
04『新・ふるさとの神々何でも事典(既刊を改訂)
05新・家庭行事なんでも事典』(既刊を改訂)
06『健康(クスリになる)野菜と果物』(既刊を改訂)
07『ひとの一生なんでも事典』(既刊を改訂)
08『新・ふるさと祭事記(歳時記)(既刊を改訂)
09『野の本・山の本』((既刊を改訂))
・1
0【奥多摩・山のはなし】

売店のページ。

…………………
▼ヤマケイ新書日本百霊山
書店で発売中 ・店頭にない時は店員の方にご注文を。
品薄のため、多少時間がかかるかもしれません。

……………………………………
【時U-moあ-と】すたじお
【とよだ 時】
山の伝説伝承探査
山旅通信【ひとり画っ展】発行
from 20/10/2000



アクセス数07

TOPページ
……………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・ねたむな、そしるな、うらやむな。
・今朝酒あらば 今朝酒を楽しみ 明日憂来らば
 明日憂えん。(城山三郎)