(フェイスブック・ツイッター・mixi・メールマガジン・ブログ)

【本文】のページ
山旅伝説伝承【ひとり画展】(06) 【とよだ 時】

…………………………
▼1000号「富士山にもある地球空洞への穴」

・【略文説明】
地球の中は空洞であり、中には別の世界がある…。これは「地球空
洞説」です。富士山の下にも空洞があり、別の世界があるという。
裾野の富士宮市には中へ入る入り口があるという。源頼朝の子、鎌
倉2代将軍頼家は家臣新田四郎忠常に「富士の人穴(ひとあな)」
の探検を命じました…。
・静岡県富士宮市

※【本文】は下方にあります。長いです。

▼1000号「富士山にもある地球空洞への穴」

・【本文】
 地球の中は空洞であり、中には別の世界がある…。これは「地球
空洞説」です。また甲賀三郎が長野県蓼科山(2530.31m)の山頂の
穴から地底にある別の世界を遍歴した話もあります。ところがここ
富士山の山ろくにも、別世界への入り口の穴があるというのです。
その穴を「富士の人穴」といい、大昔から語り伝えられてきたとい
う。

 その中でも、鎌倉幕府が編纂した歴史書『吾妻鏡』の建仁(けん
にん)3年(1203)6月1日と3日、4日の条にあるのが記録の最
初らしい。「…(1日に)和田平太胤長(わだのへいたたねなが)が
伊豆伊東崎の洞穴に入り(これは富士の人穴ではない)、また(3
日に)新田四郎忠常(にたんのしろうただつね)が富士の人穴に入
って翌日帰還した」とあるのがそれ。

 なお新田四郎の名が、参考書『吾妻鏡』では新田四郎忠常に、『富
士の人穴草子』では新田の四郎忠綱に、『鎌倉北条九大記』では仁
田四郎忠常とあり、煩雑なので参考文献の【原文】以外は、新田(仁
田)四郎忠常(忠綱)と表記します。

 その『吾妻鏡』にある史実をもとにして書かれたのが有名な『富
士の人穴草子』(室町末期成立)だそうです。その内容は、源頼朝
の子・鎌倉2代将軍頼家の命を受けた新田(仁田)四郎忠常(忠綱)
が「富士の人穴」に入り、富士山のご神体である浅間権現の案内で、
穴中地獄にかたどられた富士の人穴の中を見て回ります。

 しかし新田(仁田)四郎忠常(忠綱)は権現から「人穴地獄の様
子を他人に語るな」と戒められながら、その禁忌を破って頼家に報
告したために、命を失ってしまうという内容です。この『富士の人
穴草子』の本が出てからは、『鎌倉北条九代記』延宝3年(1675)
や、江戸享保(きょうほう)年中(1716〜36年)の『翁草』(※
江戸時代後期の随筆)などが著わされます。

 そしてそのほかにも次々と似たものが発表され、読まれ広まり、
明治時代の末期ごろまで続いたといいます。最期には、新田(仁田)
四郎が神奈川県江ノ島洞窟に抜け出たとする本までがあらわれたそ
うです。そもそもこの人穴とは、富士山ろくに流れ出した溶岩流の
中に出来た溶岩トンネルなのだそうです。

 その中は天上が美しいアーチ形の曲線を描いた、かまぼこ形の横
断面をしており、床面は洞窟の中に流れ込んできた2次溶岩流の表
面で平らになっているそうです。この古くからある富士の人穴は、
富士山の神・浅間大神にまつわる地として神聖なところ。

 ここで修行を積んだのが長谷川角行という富士行者という富士講
の創始者です。こうしたことから、人穴は富士信仰(富士講)にと
っての一大聖地になりました。そのため人穴周辺には信者による碑
の建立が相次ぎ、いまでも230基の碑が建ちならび「人穴富士講遺
跡」として保存されています。

 ここはいまは富士五湖めぐりのコースになっていて、付近に田貫
湖、白糸の滝があり、遺跡案内人もいる観光地になっています。た
だし穴のなかに入るのは、取材に行った2017年(平成29)12月現在、
崩落の危険性があるために立入禁止になっています(穴の中を整備
して2,3ヶ月のち開放するとの話もあるそうです)。

 さて、いままで出てきた古書の内容をふり返ってみます。一番最
初の『吾妻鏡』は、鎌倉時代の建仁三年(1203)六月大の条)にあ
ります。そのの内容は、「(※6月)一日、丁酉(ひのととり)、晴、
将軍家、伊豆の奧の狩倉に著御(着き御(たまう)、而(しかる)
るに伊東崎と号するの山中に大洞有り、其源の遠さを知らず、将軍
之を恠(=怪・あや)しみ、巳剋(※みのこく)、和田平太胤長を
遣は(※つかわ)して之を見せらるるの處、胤長火を挙げて彼の穴
に入り、酉刻帰参す、申して云ふ、此穴行程数十里、暗くして日光
を見ず、一(※匹)の大?(だいじゃ)有り、胤長を呑まんと擬す
るの間、劒を抜きて斬殺し訖(お)わんぬと云々。」(※この穴は富
士の人穴ではない)。

 さらに、「(6月)三日、己亥(つちのとい)、晴、将軍家駿河国
富士の狩倉(かりくら・狩猟や騎射の場として管理していた山野)
に渡御(とぎょ)、彼の山麓に又大谷有り、<(この部分2行書き)
之を人穴(ひとあな)と號す>其所を究め見(見極め)しめんが為
に、新田四郎忠常主従六人を入れらる、忠常御劒(重宝)を賜はり
て人穴に入る、今日は帰出せずして暮れ畢(おわ)んぬ」、またさ
らに、「(6月)四日、庚子(かのえね)、陰、巳剋(みのこく(巳
刻)・午前十時頃)、新田四郎忠常、人穴より出でて帰参す、往還に
一日一夜を経るなり、此洞狭くして踵(きびす)を廻らす能わず、
意のままに進み行かれず、又暗くして心神を痛ましむ、主従各松明
(たいまつ)を取る、路次の始中終(しちゅうじゅう)、水流れ
て足を浸し、蝙蝠(コウモリ)顔を遮り飛ぶこと、幾千万なるかを
知らず、其先途は大河なり、逆浪流を漲(みなぎ)らし、渡らんと
欲するに據(きょ)を失ひ、只迷惑するの外無し、爰(ここ)に火
光に当たりて、河の向に奇特を見るの間、郎従四人忽ち死亡す、而
るに忠常彼の霊の訓に依り、恩賜の御劒を件(くだん)の河に投げ
入れ、命を全うして帰参すと云々、古老の云ふ、是(これ)浅間大
菩薩の御在所、往昔より以降、敢て其所を見るを得ずと云々、今の
次第尤も恐る可(べ)きかと云々」と続きます。

 早い話が、建仁(けんにん)3年(1203年)6月1日、源頼家
は伊豆で伊東崎にあった大洞を、和田平太胤長に探検させました。
さらに3日になると、こんどは富士の裾野一帯で巻狩りを行いまし
た。ここにもまた大洞があり、これを人穴といっていました。頼家
は家臣の新田(仁田)四郎忠常(忠綱)を呼びつけ人穴探索を命じ
ました。忠常(忠綱)は家来5人を連れて人穴に入りました。

 しかし、忠常(忠綱)たちはその日は帰ってきませんでした。6
月4日になって忠常(忠綱)が人穴から帰ってきましたが、その報
告によると、穴の中は蝙蝠が飛び交い、蛇が足元をウジャウジャと
はっているというありさま。さらに千人もの人が鬨(とき)の声を
あげたような大音声がしたかと思うと、時々人の泣く声も聞こえて
くるような気味の悪さです。

 さらに進むと奥にこんどは大河があって渡ることができません。
見ると川の向こう側に光があり、その中に不思議な姿の人があらわ
れました。その時、たちまち4人の家来が急死してしまいました。
忠常(忠綱)は恐れおののき、その霊からいわれたとおり、頼家か
ら授かった刀を川に投げ捨てて逃げ出してきたということでした。
この話を聞いた土地の古老は「この穴は浅間大菩薩が住んでいる場
所なのだ」といい、大昔からそこには入ってはならぬとされている
という。

 この『吾妻鏡』の話しをふまえて書かれた本が有名な『富士の人
穴草子』(室町末期成立)です。ただし、『富士の人穴草子』の本文
には「承治元年四月三日」とありますが、そういう年号は見あたり
ません。これは治承元年(1177年)のことでしょうか?。しかし
この年は「石橋山の戦い」の3年前で、頼家の時代ではありません。
なお『富士山・史話と伝説』という資料では、正治(しょうじ)2
年(1200・鎌倉前期)になっています。この年は頼朝が没して頼家
が将軍を継いだ翌年になるので、こちらが本当かも知れませんネ。

 ま、それはさておき、『富士の人穴草子』の本文に入ります。「抑
(そもそも)承治元年四月三日と申すに、頼家のかうのとの(代の
殿)、和田平太を召して仰せけるは、「如何に平太、承(うけたまわ)
れ、昔より音に聞く富士の人穴と申せども、未だ聞きたるばかりに
て、見る者更になし。さればこの穴に如何なる不思議なる事のある
らむ、汝入りて見て参れ」と仰せければ、畏(かしこ)まって申す
儀、「これは思ひもよらぬ一大事の御事を仰せけるものかな。…

 …天を翔(か)くる翼、地を走る獣(けだもの)を獲りて進(ま
い)らせよとの仰せにて候はば、いと易き御事にて候へども、之は
如何候べきやらむ、如何にして人穴へ入りて、又二度とも立返る道
ならばこそ」と申上げければ、頼家重ねて是非共と仰せありければ、
御意を背き難くて、二つなき命をば、君に参らせむとりやうしやう
申し、御まへをこそ立たれける…」と長い文が続きます。

 こうしてなんだかんだといいながらも和田平太は人穴に入ってい
きました。穴の中では奇妙なことが次々におこり、口から真っ赤な
舌を出した蛇がウヨウヨとうごめいています。そこを飛び越えた平
太の前に、こんどは一人の十二単衣(ひとえ)に緋(ひ)の袴をは
いた女性が現れ「すぐに帰られよ、さもなくば汝と頼家の命はない
ものと思え。また汝は将来反逆の罪で島流しになる運命になる」と
の予言、その上、岩穴の奧から生臭い風とともに毒息を吐いた蛇た
ちが大きな口を開けて集まってきました。

 たまらず、和田平太は物もいわずにそのまま鎌倉まで逃げ帰って
しまいました。それを聞いた頼家は奧まで行けなかったことを残念
がり、こんどは探検できた者には千町の知行地を与えようと「懸賞」
をつけて募集しました。そこへあらわれたのが新田(仁田)四郎忠
常(忠綱)という武将でした。

 忠常(忠綱)が人穴に入っていくと富士山神の浅間大菩薩が、十
二単の女房や、毒蛇、また童子など次々に変身してあらわれます。
そして大菩薩の案内で、地獄、餓鬼、畜生各道、また閻魔庁・極楽
などを見学して帰還しました。しかし、洞窟から出る時大菩薩は金
色に光る冊子を忠常(忠綱)に手渡し、「これを開き見るのは3年
3月経ってから箱根ですべし。また穴の中の模様も人に話してはな
らぬ」と申し渡されました。

 しかし、主君頼家公の強い命令で、中のことを報告してしまった
ため、忠常(忠綱)はその場で命を失ってしまいました。そして最
後に富士への信仰を勧めて物語は終わります。さらにまた『鎌倉北
条九代記』延宝3年(1675)では、「…同じき(建仁3年6月)三
日将軍家駿河の国富士の狩倉におもむき給ふ、山の麓にまた大なる
穴あり、世の人是を富士の人洞とぞ名づけける、此穴の奧を見極め
させられんがためにとて仁田四郎忠常(※ママ)を召して重宝の御劒
を給わり、汝この穴の中に入て奧を極めて来るべしとの上意なり、


 …忠常畏まりて御剣を給わり御前をまかり立て主従六人穴のうち
にぞ入りける、次の日四日の巳(み)の剋(※こく)に仁田四郎忠
常人穴より出でて帰り来る、往還すでに一日一夜を経たり将軍家御
前に召して聞きしめす、忠常申けるやう此洞ははなはだ狭くして踵
(※きびす)をめぐらす事叶ひがたし…」と、続けています。

 要するに、「この穴の中に入て奧を極めて来るべし」と頼家から
命令を受け、劒を給わった新田(仁田)四郎忠常(忠綱)は、6月
3日に主従6人で人穴に向かいました。…そしてその日は暮れてい
きました…。巳の刻になり…、忠常(忠綱)と家来1人が帰ってき
ました。…忠常(忠綱)は、頼家の前で語りはじめました。

 「洞穴は初めは狭くて首を入れると後ずさりも出来ない程窮屈で
した。さらに手に松明を持って進んでいくと、やがて広くなり、水
が流れていて…天上からは奇岩がぶら下がっていました…その時数
え切れない程のコウモリが松明や顔にぶつかってきました。黒いコ
ウモリの中には白いものも混じっていました。

 先に進むと冷たい水のなかで、小さな蛇が足元に足にまといつき
はじめました。それらを刀で切りながら、やっと蛇の川から抜け出
しました。天上からは鐘乳が何本も垂れ下がっています。そこを過
ぎた時、ゴオーというものすごい大音響が聞こえました。なおも進
んでいくと、こんどは人間がすすり泣くような声が聞こえてきまし
た。

 その広場を通り過ぎ、つぎの洞穴に前進しました。すると、ザザ
ーッという音が聞こえ、大きな河があらわれました。渡ろうとして
いる時、向こう岸に八幡大菩薩があらわれました(※ここでは浅間
大菩薩ではなく八幡大菩薩になっている)。

 新田(仁田)四郎忠常(忠綱)は、松明に火をつけました。見る
と従者はみんな倒れ伏していて、息を吹き返したのは1人だけだっ
たのでした。それを聞いた主君の頼家は、「もっと人数を増やして
探検して、奧の方まで調べよう」といいました。それを聞いた古老
は恐れ、「この穴は浅間大菩薩の住んでいるところだ」といったと
いうのです。

 さらに江戸享保年(きょうほう)中(1716〜36年)の『翁草』
(※江戸時代後期の随筆)という本では、おおよそ、一浪士が人の
制するのも聞かずに入洞したが、なんと奥行き30間ばかりで行き
当たりとなり、ただコウモリの多いことだけで、なんの怪しきこと
もなし)というような内容になっています。

 そしてまた、こんな不思議な文書もあるのです。江戸の中期(元
文3年・1534)になって改めてこの人穴に入った人がいるというの
です。この人穴探検秘録によると「?(きょ)(※去の異体字)元
文三年(1738)丙午(ひのえうま)六月十一日酉(とり)乃剋(こ
く)三人連(れ)尓(=爾・に)天人穴江(へ)入(り)、一人ハ
江戸能(の)住人山中弥平歳四十三才、一人者(は)埼州尼崎の住
人前田十次郎二十四歳、一人者(は)九州長崎の人渡来源左衛門、
各三人申合(せ)後年(の)物語尓(に)せんと天(マ)則(ち)
腰兵粮(ろう)(※=糧)用(を)急い多(た)し、…」と続きます。

 要約しますと、元文3年(1534)の6月11日に江戸の山中弥平
と、前田十次郎、渡来源左衛門が、のちの世の語りぐさにしようと、
腰兵粮(こしひょうろう)を用意し、各々松明(たいまつ)を持ち、
声をかけ合って進んで行きました。穴の入り口5町ばかりは広く、
それより先は狭くなり体も通せないほどになりました。1人がやっ
と通れるくらいで、思うように勧めません。それから先は忠常(忠
綱)が出くわしたような奇怪な出来事が次々にあらわれます。

 そのうち山中弥平たちは、この地底で妙な石碑を発見します。そ
の石碑には「大日本山麓の穴なり。然るにここより一里参れば大河
あり。ここに参りて人命帰らず。忠常」とありました。これは建仁
(けんにん)3年(1203)、新田(仁田)四郎忠常(忠綱)がこの
人穴に入り、命からがら逃げ帰る時、大岩に刀で刻みつけたものだ
というのです。それを見た3人は「にわかに恐(こわ)けだち」、
大急ぎで逃げ帰ったという。

 ところが地上に戻った3人はビックリ仰天。せいぜい半日くらい
の地中探検だったのに、戻った日付は6月14日になっていたという。
地下の半日が地上では3日過ぎていたのです。「今浦島太郎」現象
だったというのです。この巻物にはイラストにあるように、地底内
の地図らしきものまで残っています。ホントカイナ。


▼富士の人穴【データ】
【所在地】
・静岡県富士宮市人穴、付近。JR身延線富士宮駅バス、白糸滝で
下車。少し歩いて白糸滝入口から再びバス、畜産試験場北口で下車。
そこから徒歩で約35分で人穴浅間神社(人穴富士講遺跡)の近く。
人穴富士講遺跡案内所(開館時は、富士山世界遺産ガイドが常駐)。
ただし、世界遺産の自慢話ばかりになるので注意。
【位置】
・富士の人穴:北緯35度21分41.94秒、東経138度35分27.88秒
【地図】
・2万5千分1地形図名:人穴

▼【参考文献】
・「あしなか・第72輯」:『あしなか・第4冊』(第61輯〜第80輯)
山村民俗の会(名著出版)1981年(昭和56)
・『吾妻鏡』(巻之十七):『吾妻鏡・3』龍(りょう)粛(すすむ)
訳注(岩波書店)1997年(平成9)
・『翁草』(第四)神沢貞幹編[他](五車楼書店)明治38(1905)
年(国立国会図書館デジタルコレクション)。
・『鎌倉北条九代記』浅井了意著。(『鎌倉九代記』・『北条九代記』
とも)延宝3年(1675)(国立国会図書館デジタルコレクション):
・『御伽草子』「校注日本文学全集・19巻」国民図書(国民図書)
大正14(1925)年
・『日本伝奇伝説大事典』乾克己ほか編(角川書店)1990年(平成
2)
・『富士山・史話と伝説』遠藤秀男(名著出版)1988年(昭和63)
・『富士山の洞穴探検』(怪奇と伝説)遠藤秀男(録星社)1995年
(平成7)
・『富士の人穴草子』:(日本文学大系19)『お伽草子』(国民図書)
大正14(1925)年

…………………
▼山の伝説・神々と未確認生物(天狗、仙人、鬼、妖怪)。
・山旅通信ひとり画っ展

…………………
▼【広告】(書店で発売中)
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった。
ヤマケイ新書日本百霊山 税込968円 (山と渓谷社)
★いかにもというタイトルですが、中身は陽気な山の怪々本です。

アマゾン、楽天ブック、紀伊国屋書店スなら確実に入手できます
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02
▼<紀伊国屋書店 広告>
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0353002

…………………
▼パソコンで読む、こんなCDブックあります
新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社既刊のものに大幅加筆改訂)
全国の山・天狗ばなし(各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗)
新・山の神々いらすと紀行(東京新聞・「岳人」に連載したものの改訂版)
新・ふるさとの神々何でも事典既刊の改訂版、奇神・変神・おもしろ神
家庭行事なんでも事典(既刊を改訂・元旦から除夜の鐘までの意味と由来)
健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活社既刊のものに加筆改訂)
ひとの一生なんでも事典(既刊改訂版・一風変わった冠婚葬祭の本)
ふるさと祭事記・歳時記(既刊改訂版・忘れていたふるさとの祭りや行事)
野の本・山の本(春夏秋冬全4巻)(誠文堂新光社)
・山旅通信【ひとり画ってんの会(毎月、山のイラスト通信を郵送)

…………………
【とよだ 時】 山の伝説伝承探査
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000


gate06

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
朝もよし、昼もなおよし晩もよし、その合間合間に、チョイとよし。