▼099 「南ア・仙丈岳登山口北沢峠のヤケド」

【概略文】
甲斐駒、仙丈ヶ岳への登山基地・北沢峠は昔から林業の重要な中継
地。正月4日、車の便に甘え同行。北沢峠、テント2泊目。コンロ
の下の雪が溶け煮え湯のコッヘルがごろり…。失態のヤケド。「ボ
ケ!」という視線。ああ、ひんしゅく、ひんしゅく…。
・長野県長谷村と山梨県南アルプス市との境

【本文】

南アルプス甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳への登山基地・北沢峠は昔から林
業の重要な中継地だったといいます。野呂川流域伐採の時など物資
運搬のため馬で峠道を往復したという。このあたりはコメツガ、オ
オシラビソ、トウヒなどの大原生林でもあり、亜高山針葉樹林の野
鳥主要4種すべて観察できるという。

南アルプススーパー林道が1980年(昭和55)に完成、長野県伊那市
長谷(旧上伊那郡長谷村)・北沢峠と山梨県南アルプス市芦安(旧
山梨県中巨摩郡芦安村)・北沢峠間をバス運行が開始。一泊しなけ
ればならなかった北沢峠も、いまでは日帰り観光も簡単になりまし
た。

ここ南アルプス北部はガイド竹沢長衛(たけざわちょうえい)によ
って行われたことは有名です。1930年(昭和5)、北沢峠から山梨
県側に10数分ほど下った場所に長衛小屋(ちょうえいごや)を造
り、登山者の便宜を計りました。長衛は明治22(1889)年、山梨
県長谷村(いまの伊那市)生まれ。14歳から山案内をはじめたと
いう。

山案内と狩猟を生業としながら、南アルプスを女性にも登れる山に
したいと考え、甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳の登山道や小屋整備に尽くし
ました。いまでも「長衛谷」や「長衛沢」などの地名が残っていま
す。竹沢長衛にはこんなエピソードがあります。

大正14(1925)年の7月のこと、長衛が長野県知事の梅谷光貞ら
案内して、甲斐駒ヶ岳から赤石岳までを縦走したことがありました。
この時の一行はナント30人。

『信州山岳百科2』には次のように書かれています。「…馬で戸台
河原の合流点まで登り、ここで馬からおりて駒ヶ岳の六合目泊まり、
仙丈ヶ岳−北岳−間ノ岳−農鳥岳を経て、熊ノ平で暴風雨に前進を
阻まれて2日間停滞した。大部隊が予定変更により食糧難に陥って、
里では知事一行の遭難が伝えられたほどであった。

この時彼は敢然、万一に処するために知事一行を1日2食に節食さ
せて、食糧難を切り抜けることができた。彼はその時「万一知事さ
んは死んでもお上から金が下がるが、おれたち人夫は死ねばあすか
ら女房こどもが飢えてしまう。それに人夫がいざという時に空腹じ
ゃ働けない」と笑って押し切ったという。大正14(1925)年7月
のことであった(田中健康による)。

戦後の1949年(昭和24)、彼は北沢峠から双児山−駒津峰−六万
石−駒ヶ岳の縦走路を開き、それが現在の登山道となっている。1958
年(昭和33)、彼は69歳で生涯を終えたが、同年長野県知事林虎
雄を会長とする地元の市町村山岳会・山岳愛好者等による竹沢長衛
翁記念碑を作る会が発足し、赤河原にレリーフが作られた。

その後度重なる洪水のためレリーフは長衛小屋(ちょうえいごや)
近くに移され、毎年7月に地元山岳会によって「長衛祭」が開かれ
ている」とあります。こんな長衛小屋も1995年(平成7)ごろ、
地元の山梨県芦安村に譲渡、芦安村営の「北沢駒仙小屋」と名前が
変わっているそうです。

正月4日、車の便に甘え同行してみました。途中のサービスエリア
で仮眠。運転に縁のない遅れ人間のこと、横文字とクルマの行き来
に放心状態。翌朝、戸台まで来てピッケルのないのに気づきました。
思い起こせば仮眠の時…。

失態その1、こうなりゃテント番と覚悟を決めた。北沢峠、テント
2泊目。コンロの下の雪が溶けて煮え湯のコッヘルがごろり…。ま
たまた失態のヤケド。「ボケてんじゃないの」という視線。同行の
若いヤツがこれ見よがしに舌打ちをしています。そういえば小生が
一番のオジサン。ああ、ひんしゅく、ひんしゅく…。面目ない。


▼【データ】
【所在地】
・冬:長野県伊那市長谷(旧上伊那郡長谷村)と山梨県南アルプス
市芦安(旧山梨県中巨摩郡芦安村)との境。飯田線伊那市駅の南東20
キロ。クルマ利用・諏訪SA・戸台まで、歩いて5時間30分で北沢
峠。地形図に北沢峠と長衛荘の文字記載あり。

【位置】
・緯度経度:北緯35度44分31.83秒、東経138度12分49.21秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「仙丈ヶ岳(甲府)」(国土地理院「地図閲
覧サービス」から検索)。

【参考】
・「角川日本地名大辞典20・長野県の地名」市川健夫ほか編(角川
書店)1990年(平成2)
「信州山岳百科・2」(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)

 

………………………………………………………………………………………………
題名一覧へ戻る