▼077「奥多摩・臼杵山の石仏」

・【概略】
奥多摩戸倉三山・臼杵山(うすぎさん)は、養蚕の神臼杵神社をま
つる山です。かつて養蚕が盛んな時代、カイコを食べるネズミには
農家は大変な迷惑でした。そのネズミの天敵である猫は農家にとっ
て有り難い存在です。臼杵山の山の臼杵神社もお使いは猫。神社の
の狛犬は猫の石像になっています。しかし、その姿はどう見ても格
好の悪い犬かブタにしか見えません。でも風化したこま犬は祠の前
にデンと控えてカイコを守ってござります。
・東京都西多摩郡檜原村とあきる野市との境

【本文】

カイコを食べにやってくるネズミは養蚕農家にとって、とてもやっ
かいなものです。そのにっくきネズ公を食ってくれる天敵の猫やヘ
ビは、農家にとっては有り難い存在。養蚕の神としてまつります。

ここ東京奥多摩・戸倉三山(臼杵山、市道山、刈寄山)の臼杵山の
臼杵神社も養蚕の神として祭祀されています。その狛犬は、猫の姿
の石像で、祠の前に控えているといいます。

戸倉三山の名は、このあたりが五日市町(現あきる野市)に合併さ
れる前は戸倉村だったので村の名からとったとのこと。

ある年の2月。きょうは青梅マラソンの日。きのう降ったばかりの
雪がひざくらいまであり、その中に臼杵権現の石祠がポツンとたっ
ています。積もった雪の上に杉の木の葉が散らばっています。

「ネコってこれ?」。変わった形とは聞いていましたが、ナルホド、
ナルホド。猫というよりは、どう見ても格好の悪い犬かブタです。
しかしこれでもりっぱな蚕神さまなのであります。ハイカーはこれ
もご愛敬と笑って拝んでいきます。

帰り、つい人のあとをついて行き、雪の中道に迷ってしまいました。
子供づれの私たちはほかの人たちに着いていけず、月の出た夜道を
懐中電灯を頼りにトボ、トボ。盆堀地区についたのは午後8時半に
なってしまったことがありました。

あきる野市五日市地区は、山地の炭や木材の集散地。とくにスギが
多くいまも青梅(おうめ)林業地域の一部になっています。また地
区のなかを流れる秋川沿いには桑畑が多く、機織りものの産地にな
っています。

美しい自然にも恵まれ、日帰り観光地として1969年(昭和44)、
当時の五日市町は全国にもまれな「清浄都市宣言」を行い、自然環
境の保存を呼びかけました。

▼【データ】
【山名】・臼木は浅木で樹木が少ないところ。臼や杵を産出すると
もいう(「日本山岳ルーツ大辞典」)。臼淵伝説がある。

【所在地】
・東京都西多摩郡檜原村とあきる野市との境。JR五日市線武蔵五
日市駅からバス、元郷停留所下車、さらに歩いて1時間30分で臼
杵山。三等三角点(842.1m)がある。地形図に山名と三角点標高8
42.1。その北側に鳥居のマーク記載あり。

【地図】
・2万5千分の1地形図「五日市(東京)」(国土地理院「地図閲覧
サービス」から検索)。5万分の1地形図「東京−五日市」(「電子
国土ポータルWebシステム」から検索)

【参考文献】
・「角川日本地名大辞典13・東京都」北原進(角川書店)1978年(昭
和53年)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)

 

………………………………………………………………………………………………
題名一覧へ戻る