山旅通信【ひとり画っ展】とは

………………………………………

【ひとり画っ展】とはひとり合点の意。
各地の山の民俗や伝説・歴史・民話を訪ね歩き、資料をもとに勝手に制作した漫画文通信です。

 この通信は1971年(昭和46)ごろから漫画・野山通信【ひとり画展】として創刊。のち【ひとり画っ展】
に改題。当時はコピーも青焼きしかなく、印刷屋さんに頼んではがきに凸版印刷。1974年(昭和49)、
初めて子どもたちを連れて山行をしたことを機に、テーマを「山」に絞りました。

 1983(昭和58)年ごろ、プリントゴッコで個人でも印刷できると知り購入。実際に番号を振りはじめ
たのはこの時からです。しかし発行は、気が向いた時出す「気刊」でした。1993年(平成5)から読者
の要望もあり、毎月発行するようにしました。

以来40数年の20181月、お陰様で1000号になりました。

・山旅【ひとり画っ展】展覧会
 1987年4月丹沢塔ノ岳尊仏山荘で個展。
 1988年3月、千葉県君津市高宕山フリーハイキング大会にイベント参加、山麓の三島神社境内で
         個展。
 1991年10月、JR青梅線奥多摩駅(東京都)で個展。
 2009年1月、東京大手町の逓信総合博物館で山旅通信800号記念個展。
 2010年3月、第1回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で個展
 2012年9月、第2回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で個展
 2013年4月、第3回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で個展
 2013年夏、長野県白馬五竜エスカルプラザで山旅通信900号記念展
 2014年1月、第4回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で個展
 2014年4月、市川市街のくだも店、「フルーツやま」でミニミニ個展
 2014年5月、JR総武線下総中山駅前商店会歩行者天国で個展
 2014年5月、千葉県市川市中山法華経寺参道茶店でミニミニ個展
 2014年6月、長野県白馬五竜テレキャビン山上駅ビジターセンターで展示
 2014年7月、市川市街の街角展、「フルーツやま」でミニミニ個展
 2014年11月、長野県白馬五竜エスカルプラザにて常設展示(現在続行中)
 2015年3月、第5回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で展示
 2016年4月、第6回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で展示
 2016年5月、市川市街のくだもの店、「フルーツやま」でミニミニ展示
 2017年4月、第7回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で展示
 2018年5月、第8回・千葉県市川市万葉の郷、話飲喫茶「つぎはし」で展示
 2019年4月、千葉県市川市中央図書館で、1000号記念展開催

………………………………………

【とよだ時】山の伝承探査、画文業、漫画家
………………………………………………
(蕪)U-moあ-とスタジオ【時ノ坊】
山旅【画っ展】の会

 

………………………………………………………………………………………………