おもしろ「山の本」
ヤマケイ新書『日本百霊山』のご案内 文・とよだ 時
(イラスト本ではありません)

……………………………………

▼あの山頂に必ずといっていいほどある祠はなんだ?

−伝承と神話でたどる日本人の心の山− 山と渓谷社

本体880円+税 税込968円      【とよだ 時】
山は神仏や精霊、天狗や怪異と人の出会う霊域 神話や伝説を訪ね、高峰から里山ま
で日本全国の百山を紹介。まん画家が書いた「天狗・仙人・鬼・妖怪ばなし」です。
(出版社の要望で、有名な『日本百名山』と項目がダブらないようにしました)

・ヤマケイホームページ(日本百霊山):
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 | 山と溪谷社 (yamakei.co.jp)
https://www.yamakei.co.jp/products/2816120561.html

……………………………………

【目 次】

・001:大雪山「層雲峡の伝説」
・002:羊蹄山「山羊のひづめはギシギシの葉」
・003:恐山「弁慶と常陸坊海尊」)
・004:岩木山「天気が荒れる、丹後者が入国していないか」
・005:八幡平「八幡太郎義家」

・006:早池峰山「ドロボーの味方をする早池峰の神」
・007:羽黒山「河童天狗円光坊」
・008:蔵王山「役行者の叔父とわすれずの山」
・009:飯豊山「姥権の出身地」
・010:一切経山「法華経と勇猛法師」

・011:吾妻小富士「種まきウサギと山神」
・012:越後八海山「御嶽行者が修行した岩峰群」
・013:会津駒ヶ岳「会津駒ヶ岳と以仁王」)
・014:燧ヶ岳「燧ヶ岳の雪形と火打ち石」
・015:至仏山「シブツ沢と四仏山」

・016:苗場山「カエルやイナゴもいる神の田んぼ」
・017:谷川岳「谷川岳と富士浅間神社」
・018:上州武尊山「日本武尊伝説と普寛行者」
・019:那須茶臼岳「殺生石と九尾の狐」
・020:八溝山「木曽駒の神馬と八溝山の大蛇退治」

・021:日光山「日光の天狗は徳川家康」
・022:庚申山「庚申山と里見八犬伝の犬養現八」
・023:赤城山「和歌山県の法燈寺を一晩で建てた赤城山の天狗」
・024:加波山「タバコ神社の大ギセル」
・025:鹿野山「製鉄関係者も供養にくる製鉄の神阿久留王」

・026:三石山「年々育つ石と天狗伝説」
・027:房総高宕山「山頂の鍋と観音堂と源頼朝」
・028:妙高山「山の雪形と義経記」
・029:戸隠山「九頭竜権現と天の岩戸」
・030:飯縄山「飯縄の法と天狗の麦飯」

・031:四阿山「四阿山(あずまやさん)と猿飛佐助」
・032:修那羅山「ユニークな石仏と女天狗」
・033:妙義山「大ノ字と天狗」
・034:荒船山「荒船山の姫と結婚した諏訪の神」
・035:蓼科山「雷獣とライチョウと諏訪湖へ抜ける穴」

・036:八ヶ岳「姫姉妹とでえらん坊とクロユリ」
・037:城峰山「将門と桔梗とお猫さま」
・038:両神山「御嶽の地名がならぶヤオカミ山(八?)山」
・039:秩父御岳山「秩父御岳山と木曽御嶽」
・040:秩父三峰山「オオカミと大口真神」

・041:子ノ権現「子ノ聖と悪魔たち」
・042:瑞牆山「まかり間違えばここが高野山になったかも」
・043:金峰山「ライチョウ放鳥と山夫(やまおとこ)」
・044:国師ヶ岳「天狗岩の鉄剣」
・045:飛竜山「ヘソを曲げた飛竜神」

・046:茅ヶ岳(金ヶ岳)「仲の悪い怪人同士」
・047:乾徳山「乾(いぬい・北西)の方向、徳和にあり乾徳山」
・048:大菩薩嶺「新羅三郎と登山口雲峰寺」
・049:奥多摩石尾根七ツ石山「田原藤太秀郷、将門を討つ」
・050:奥多摩御岳山「オオカミと日本武尊伝説」

・051:三頭山「オツネの泣き坂」
・052:奥多摩今熊山「行方不明者を捜す神」
・053:高尾山「飯縄系なのに女性天狗か?俊源大徳の聞き違い?」
・054:秋山二十六夜山「養蚕の神二十六夜山」
・055:三ツ峠山「ダルマ石」

・056:御正体山「入場即身仏の妙心上人」
・057:石割山「石の字に割れた天岩戸」
・058:丹沢大室山「神社碑を隠して損をした国境争い」
・059:仏果山「仏果上人と煤ヶ谷の七不思議」
・060:蛭ヶ岳「毘廬帽と毘盧舎那仏(大日如来)」

・061:塔ノ岳の尊仏岩「お塔岩の落ちた金鉱脈沢」
・062:丹沢大山「雷獣と石尊の石」
・063:富士山「山の高さ、合目とはなんだ」
・064:箱根金時山「赤竜(雷)の子なので金太郎は赤い」
・065:最乗寺(明星ヶ岳)「道了尊はもと三井寺の行者」

・066:天城山「万二万三郎兄弟天狗」
・067:小蓮華山「東へ向かって一直線の風切地蔵ライン」
・068:立山雄山「雄山の一、二、三の越」
・069:立山竜王岳「悪竜、大蛇を閉じこめる常願寺川刈込池」
・070:薬師岳「天びん棒と薬師信仰と3つのカール」

・071:有明山「魏石鬼と坂上田村麻呂」
・072:槍ヶ岳「槍ヶ岳の家族たちと登山猿」
・073:乗鞍岳「乗鞍と木曾義仲」
・074:御嶽山「コマクサと木曽御嶽山の天狗たち」
・075:麦草岳「麦畑と大蛇の雪形」

・076:木曽駒ヶ岳「織田信長、本能寺の変で神馬探せず」
・077:宝剣岳「大声を上げると山が荒れる宝剣岳」
・078:空木岳「木曽殿越えと吾妻鏡」
・079:恵那山「神坂峠、義経ゆかりの金売り」
・080:甲斐駒ヶ岳「聖徳太子と天津速駒(あまつはやこま)」

・081:鳳凰三山地蔵岳「奈良法王と子授け地蔵」
・082:夜叉神峠「半神半鬼夜叉の峠」
・083:農鳥岳「農鳥のタマゴと大町桂月の歌碑」
・084:塩見岳「塩と弘法大師」
・085:荒川三山悪沢岳「信仰登山と荒川五山?」

・086:白山御前峰「御前峰の天狗・白峰大僧正」
・087:伊吹山「日本武尊と飛行上人」
・088:大江山「神便鬼毒酒を飲まされた酒呑童子」
・089:比叡山「護国鎮護の役目の延暦寺」
・090:京都愛宕山「今昔物語に出てくるのはたいがいここの天狗」

・091:生駒山「役行者に捕まえられた2匹の鬼」
・092:大和葛城山「吉野山へ向かって造りかけの岩橋」
・093:金剛山「蛇谷に捨てられた一言主神」
・094:金峰山(青根ヶ峰)「青根ヶ峰清明の滝のツチノコと古文」
・095:高野山奥の院「高野山の神との約束を破った弘法大師」

・096:伯耆大山「国引き神話と伯耆坊」
・097:石鎚山「ここの天狗は役小角の化身だとも」
・098:英彦山「日の子の山・日子山」
・099:阿蘇山「山頂に現れる神の愛馬」
・100:霧島山「天ノ逆鉾坂本龍馬」

……………………………
★以下の文献を参考にさせて戴きました。

▼【ア行】
「会津高倉社勧進帳」:『続群書類従・第3輯下』塙保己一編纂(続群書類従完成会)1988
年(昭和63)
「赤城・榛名・妙義の山岳伝承」都丸十九一:『山岳宗教史研究叢書16』五記重編 (名著
出版)1981年(昭和56)
「赤城山信仰」丸山知良:『山岳宗教史研究叢書8』宮田登ほか編(名著出版)1979年(昭
和54)
「赤城山と榛名山」大場巌雄:『山岳宗教史研究叢書1』和歌森太郎編(名著出版)1975
年(昭和50)
『秋山紀行』鈴木牧之:『鈴木牧之全集・上巻』(宮榮二編)(中央公論社)1983年(昭和58)
「秋山村資料」山梨県秋山村(いまの上野原市)
『上松町の神社と仏閣」(町誌別編)長野県上松町教育委員会1985年(昭和60)
『あしなか復刻版』山村民俗の会(名著出版)
『吾妻鏡』(岩波文庫)龍粛訳注(岩波書店)1997年(平成9)
『荒船と神津牧場付近』大島亮吉(単行本「山」昭和5年岩波書店刊):「日本山岳風土
記・4』(宝文館)1960年(昭和35)所収
「アルパインガイド」(山と渓谷社)1990年(平成2)
『アルプスの伝説」山田野裡天(ナカザワ)
「飯縄修験の変遷」小林計一郎:『山岳宗教史研究叢書・9』(富士・御嶽と中部霊山)
鈴木昭英編(名著出版)1978年(昭和53年)
「飯豊山の修験道」中地茂男:『山岳宗教史研究叢書・7』(名著出版)1977年(昭和52)
「石割神社縁起資料」山梨県山中湖村
『出雲国風土記』:東洋文庫145『風土記』吉野裕訳(平凡社)1988年(昭和63)
「伊吹山の山岳信仰」満田良順:『山岳宗教史研究叢書11・近畿霊山と修験道』五来重編
(名著出版)1978年(昭和53年)
「今熊神社資料」東京都八王子市
『岩手の伝説』平野 直著(津軽書房刊)1983年(昭和58)
「エリアマップ・山と高原地図」(昭文社)
『越後野志 上下巻』小田島允武(松翁):源川公章校訂(歴史図書社)1974年(昭和49)
『江戸百名山図譜』住谷雄幸(小学館)1995年(平成7)
『役行者伝記集成』銭谷武平(東方出版)1994年(平成6)
「奥州南部早池峰山縁起」:『山岳宗教史研究叢書・17』五木重編(名著出版)1983年(昭
和58)
『奥多摩』宮内敏雄(百水社)1992年(平成4)
『おくたまの昔話・第1集』(奥多摩民話の会編)1990年(平成2)
「奥多摩パンフ」奥多摩ビジターセンター
『奥多摩風土記』大館勇吉著(武蔵野郷土史研究会)1980年(昭和55)
『奥秩父の伝説と史話』太田巌著(さきたま出版会)1983年(昭和58)
『おくのほそ道』松尾芭蕉:(岩波文庫)荻原恭男校注(岩波書店)1993年(平成5)
「尾瀬むかしむかし・1」(株・ナグモ)(発行年不明)
『尾瀬と檜枝岐』(復刻版)川崎隆章(木耳社)1978年(昭和53)
「恐山信仰」楠 正弘:『山岳宗教史研究叢書7・東北霊山と修験道』(名著出版)1977
年(昭和52)
『鬼の研究』知切光歳著(大陸書房)1978年(昭和53)
『折口信夫全集』(全31巻・別巻索引)折口博士記念古代研究所(中央公論社)1992年(平
成4)
「御嶽信仰の成立と御嶽講」生駒勘七:『山岳宗教史研究叢書9』(富士・御嶽と中部霊
山)鈴木昭英編(名著出版)1978年(昭和53年)所収

▼【カ行】
「甲斐金峰山と修験道」清雲俊元:『山岳宗教史研究叢書9・富士・御嶽と中部霊山』鈴
木昭英編(名著出版)1978年(昭和53年)
『甲斐国志』(松平定能(まさ)編集)1814(文化11年):大日本地誌大系43『甲斐国志』
(雄山閣)1973年(昭和48)
『海道記』:新日本古典文学大系51『中世日記紀行集』福田秀一他校注(岩波書店)1990
年(平成2)所収
『甲子夜話』(東洋文庫)(松浦靜山著)校訂・中村幸彦ほか(平凡社)
『角川日本地名大辞典』(全47巻別巻)角川書店
『かながわの山』植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)
「鹿野山と上総の山岳信仰」府間修:『山岳宗教史研究叢書8』宮田登ほか編(名著出版)1979
年(昭和54)
『鹿野山と山岳信仰』岡倉捷郎(崙書房)1988年(昭和63)
「加波山神社資料」茨城県桜川市
『神々の系図・正』川口謙二(東京美術)1983年(昭和58)
『神々の系図・続』川口謙二(東京美術)1980年(昭和55)
『関東百山』横山厚夫ほか(実業之日本社)1985年(昭和60)
『義経記』作者不明:日本古典文学大系37『義経記』岡見政雄校注(岩波書店)1959年
(昭和34)
『君津郡誌』(千葉県君津郡教育会編輯)1927年(昭和2)
『北アルプス白馬連峰 その歴史と民俗』長沢武(郷土出版社)1986年(昭和61)
『北アルプス物語』朝日新聞松本支局(郷土出版社)1982年(昭和57)
「北佐久郡口碑伝説集」北佐久教育会編(長野信濃毎日)1934年(昭和9):『日本伝説
大系7』岡部由文ほか(みずうみ書房)1982年(昭和57)
「北佐久郡志」(長野県北佐久郡役所)大正4年(1915):『日本伝説大系7』(みずうみ
書房)1982年(昭和57)所収
『郷土資料事典』ふるさとの文化遺産(人文社)
『桂月全集』大町桂月(桂月全集刊行会)1926年(大正15)
「高野山の丹生都比売」若尾五雄:『山岳宗教史研究叢書11・近畿霊山と修験道』五来重
編 (名著出版)1978年(昭和53年)
『甲州の伝説』(日本の伝説10)土橋里木・土橋治重(角川書店)1976年(昭和51)
『古今著聞集』(日本古典文学大系・84)校注者・永積安明ほか(岩波書店)1987年(昭
和62)
『古今和歌集序聞書三流抄』:『中世古今集註釈解題2』片桐洋一(赤尾照文堂)1973年
(昭和48)
『古事記』(新潮日本古典集成・27)校注・西宮一民(新潮社版)2005年(平成17)
『庚申山』猿田彦神社社務所(発行年不明)
『古代山岳信仰遺跡の研究』大和久震平(名著出版)1990年(平成2)
「後駒ヶ岳一覧記」宝暦6年(1756):「新稿日本登山史」山崎安治著(白水社)1986年
(昭和61)
『駒ヶ岳お尋書』(駒ヶ岳研究第一輯・上伊那教育会・1940年(昭和15)宮田村役場提供
『駒ヶ岳研究』(第一輯)(上伊那教育委員会編)1940年(昭和15)宮田村役場
『駒ヶ岳由来記』木曽上松町駒ヶ岳社務所(駒ヶ岳研究第一輯・上伊那教育会編)1940
年(昭和15)宮田村役場提供
『今昔物語』(日本古典文学全集24)馬淵和夫ほか校注・訳(小学館)1995年

▼【サ行】
『西遊記』橘南谿著:東洋文庫『東西遊記』宗政五十緒校注(平凡社)1988年(昭和63)
「蔵王山の修験道」小野寺正人ほか:『山岳宗教史研究叢書7』(名著出版)1977年(昭和52)
『山岳宗教史研究叢書』(全18巻)(名著出版)1975年(昭和50)
『山家集』西行:日本古典文学大系『山家集・金槐和歌集』風巻景次郎ほか校注(岩波書
店)1961年(昭和36)
『山岳霊場巡礼』久保田展弘(のぶひろ)(新潮社)1990年(平成2)
『山岳霊場御利益旅』久保田展弘著(小学館)1996年(平成8)
「三季物語」:『吉蘇志略』松平秀雲:「ふるさとの山・駒ヶ岳ものがたり」赤羽篤(国土
交通省天龍川上流工事事務所)2002年(平成14)所収
『産業の神々」林正巳(東京書籍)1981年(昭和56)
「山島民譚集・1」柳田國男:ちくま文庫『柳田國男全集・5』1989年(昭和64・平成1)
『静岡の伝説』(日本の伝説30)武田静澄ほか(角川書店)1978年(昭和53)
『信濃奇談』堀内元鎧?:『日本庶民生活史料集成16・奇談奇聞』鈴木棠三ほか編(三一
書房)1989年(平成1)所収
「浄土山・五色ヶ原・ざらざら越え」佐伯幸長:『山岳宗教史研究叢書10・白山・立山と
北陸修験道』高瀬重雄編(名著出版)1977年(昭和52)
「白峰山脈の記」小島烏水:『日本山岳風土記2』(宝文館)1960年(昭和35)所収
『修験道史研究』和歌森太郎(平凡社)1989年(昭和64・平成1)
『修験道辞典』宮家準(東京堂出版)1991年(平成3)
『修験道の本』(学研)1993年(平成5)
『修験の山々』柞木田龍善(法蔵館)1980年(昭和55)
『続日本紀』宇治谷孟「現代語訳」講談社学術文庫版(講談社)1992年(平成4)
『植物と神話(続)」近藤米吉編著(雪華社)1976年(昭和51)
『植物と伝説」松田修(明文堂)1935年(昭和10)
『植物の世界』(朝日新聞社)
「下北・津軽の山岳伝承」森山泰太郎:『山岳宗教史研究叢書16』「修験道の伝承文化」
五記重編 (名著出版)1981年(昭和56)
「史料としての伝説」柳田國男:『柳田国男全集・4』柳田国男(ちくま文庫)1989年(昭
和64)
『神社辞典』白井永治ほか編(東京堂出版)1986年(昭和61)
『信州山岳百科』全3巻(信濃毎日新聞社編)
『新著聞集』(神谷養勇軒)1749年(寛永2):『日本随筆大成第二期第5巻』日本随筆大
成編輯部編(吉川弘文館)1994年(平成6)所収
『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
『神道集』安居院作(東洋文庫・94)貴志正造・訳(平凡社)1994年(平成6)
『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
『新編会津風土記・第2冊』(雄山閣)1932年(昭和7)
『新編相模国風土記稿』(大日本地誌大系)編集校訂・蘆田伊人(雄山閣)1980年(昭和55)
『新編武蔵風土記稿』:大日本地誌大系『新編武蔵風土記稿』蘆田伊人編輯(雄山閣)
『新稿日本登山史』山崎安治著(白水社)1986年(昭和61)
『信州百峠』井出孫六ほか監修(郷土出版社)1995年(平成7)
『信州の石仏』(文一総合出版)1980年(昭和55)
『信州百名山』清水栄一(桐原書店)1990年(平成2)
『図聚天狗列伝・西日本編』知切光歳著(三樹書房)1977年(昭和52)
『図聚天狗列伝・東日本編』知切光切著(三樹書房)1977年(昭和52)
『鈴木牧之全集・上巻』『北越雪譜』、『秋山紀行』(宮榮二編)(中央公論社)1983年(昭
和58)
『駿河国新風土記』(全25巻):『駿河国新風土記」新庄道雄(国書刊行会)1975年(昭和
50)
『世界の植物』(朝日新聞社)1975年(昭和50)
『全国神社仏閣ご利益小事典』現代神仏研究会編(燃焼社)1993年(平成5)
『前太平記』(叢書江戸文庫3)(国書刊行会)1988年(昭和63)
『仙人の研究』知切光歳著(大陸書房)1989年(昭和64・平成1)
『祖神・守護神」川口謙二(東京美術)1979年(昭和54)

▼【タ行】
「大山(だいせん)の歴史と信仰」宮家準:『山岳宗教史研究叢書12』(大山・石鎚と西
国修験道)宮家準編(名著出版)1979年(昭和54))
「大山供養田植」牛尾三千夫:『山岳宗教史研究叢書16』「修験道の伝承文化」五記重編
(名著出版)1981年(昭和56)
『大日本国誌・上総国』(全3巻):翻刻版『大日本国誌・上総国』(ゆまに書房)1988年
(昭和63)
『太平記』:新潮日本古典集成『太平記1』山下宏明校注(新潮社)1991年(平成3)
「竹宇駒ケ嶽神社資料」山梨県北杜市
「丹波山村教育委員会からの手紙」
「高尾山の山岳宗教」山本秀順:(『山岳宗教史研究叢書8・日光山と関東の修験道』(名
著出版)1979年(昭和54)所収
『高宕山縁起』(「高宕山観音縁起書」)(高宕山満福寺)明治18(1885)
『竹取物語』訳注・雨海博洋(旺文社全訳古典撰修)全訳古典撰集1994年(平成6)
「立山開山の縁起と伝承」広瀬誠:『山岳宗教史研究叢書・10』高瀬重雄編(名著出版)1977
年(昭和52)
「旅と伝説」三元社:「民俗学資料集成29」(岩崎美術社)
『千葉県君津郡誌』(千葉県君津郡教育会編輯)1927年(昭和2):『千葉県君津郡誌・復
刻版』(千秋社)1990年(平成2)
『千葉県誌・上』(千葉県編纂)1919年(大正8):『千葉県誌復刻版』(千秋社)1995年
(平成7)
『千葉県の不思議事典』森田保(新人物往来社)1992年(平成4)
「定本附馬牛村誌」(附馬牛村役場)1954年(昭和29)
「出羽三山・鳥海山の山岳伝承」大友義助:『山岳宗教史研究叢書16』(名著出版)1981年
(昭和56)
『天狗の研究』知切光歳(大陸書房)1975年(昭和50)
「伝説」柳田國男:『柳田国男全集・7』(筑摩書房)1990年(平成2)
「道志七里」伊藤堅吉(山梨県道志村役場)1953年(昭和28)
『東北の山岳信仰』岩崎敏夫(岩崎美術社)1996年(平成8)
『東北の山岳信仰』岩崎敏夫(岩崎美術社)1996年(平成8)
「戸隠・飯縄の修験伝承」佐藤貢:『山岳宗教史研究叢書16・修験道の伝承文化』五来重
編(名著出版)1981年(昭和56)
『利根川図誌」巻五:(「日本架空伝承人名事典」p390・大杉大明神)常陸坊海尊関連
『遠野物語』柳田国男(角川文庫・角川書店)1979年(昭和54)
『遠野物語拾遺』:『遠野物語』柳田国男(角川文庫)1979年(昭和54)
『遠山奇談』華誘居士著:『日本庶民生活史料集成』(三一書房)(1972年)
『富山県山名録」橋本廣ほか(桂書房)2001年(平成13)

▼【ナ行】
『南総里見八犬伝3』(岩波文庫)1990年(平成2)
「男体山信仰」宮本袈裟雄:「山岳宗教史研究叢書・8」宮田登ほか編(名著出版)1979年
(昭和54)
「西桂町役場小冊子」(山梨県)
『日本鬼総覧』(歴史読本特別増刊)(新人物往来社)1995年(平成7)
『日本架空伝承人名事典』大隅和雄ほか(平凡社)1992年(平成4)
『日本山岳風土記』全8巻(宝文館)1960年(昭和35)
『日本山岳名著全集・2』(日本アルプスと秩父巡礼)(あかね書房)1962年(昭和37)
『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
『日本三代実録』(新訂増補国史大系)黒板勝美編(吉川弘文館)2007年(平成19)
『日本三百名山』毎日新聞社編(毎日新聞社)1997年(平成9)
『日本山名辞典(コンサイス)』徳久珠雄編(三省堂)1979年(昭和54)
『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
『日本書紀』(全5巻)(岩波文庫)坂本太郎ほか校注(岩波書店)
『日本庶民生活史料集成16・奇談奇聞』(鈴木棠三ほか編)(三一書房)1989年(平成1)
『日本神話伝説総覧』歴史読本特別増刊 新人物往来社 1992年(平成4)
『日本石仏事典』庚申懇話会(雄山閣)1979年(昭和54)
『日本伝奇伝説大事典』乾克己ほか編(角川書店)1990年(平成2)
『日本伝説大系』(全15巻別巻2)(みずうみ書房
『日本登山史・新稿』山崎安治著(白水社)1986年(昭和61)
『日本の民俗』(全47巻)(第一法規)
『日本の民話』(全12巻)監修・宮本常一ほか(角川書店)
『日本の野草』(山溪カラー名鑑)(山と渓谷社)1983年(昭和58)
『日本の山1000』(山と渓谷社)1992年(平成4)
『日本発見石仏紀行』(暁教育図書)1980年(昭和55)
『日本百名山』(新潮文庫)深田久弥(新潮社)1979年(昭和54)
『日本未確認生物事典』笠間良彦(柏美術出版)1994年(平成6)
『日本名勝地誌』(第2編)野崎左文著(博文館)明治27年(1894)
『日本妖怪異聞録』小松和彦(小学館)1992年(平成4)
『日本歴史地名大系』(全50巻)平凡社
『日本霊異記』中田祝夫校注訳「日本古典文学全集」(小学館)1993年(平成5)
「子の権現天竜寺資料」

▼【ハ行】
「早池峰山神社社記」宮司山蔭幸三(早池峰山神社)1987年(昭和62)
「早池峰山麓の山岳伝承」福田八郎:『山岳宗教史研究叢書16』(名著出版)1981年(昭和
56)
「播隆上人と槍ヶ岳、笠ヶ岳」前田英雄:『山岳宗教史研究叢書10・白山・立山と北陸修
験道』高瀬重雄編(名著出版)1977年(昭和52)所収
「英彦山流記の説話」佐々木哲哉:『山岳宗教史研究叢書16』「修験道の伝承文化」五記
重編 (名著出版)1981年(昭和56)
「檜原村郷土史」檜原村文化財専門委員会編著
『秘録・北アルプス物語』朝日新聞松本支局(郷土出版)1982年(昭和57)
「富士山記」都良香:(『本朝文粹註釋巻第12』所収)柿村重松註(内外出版)1992年(平
成4)
「富士山の伝説」藤沢衛彦:『日本山岳風土記・3』(宝文館)1960年(昭和35):
『富士山・史話と伝説』遠藤秀男(名著出版)1988年(昭和63)
「富士の文学」別所梅之助:『日本山岳風土記3」(宝文堂)1960年(昭和35)
『富士山−史話と伝説』遠藤秀男1988年(昭和63)
『富士山はなぜフジサンか』谷有二(山と渓谷社)1983年(昭和58)
『扶桑略記』阿闍梨皇円:新訂増補国史大系第12巻『扶桑略記』黒板勝美ほか編輯(吉川
弘文館)1974年(昭和49)
「武州御岳山信仰と講社」西海賢二:『山岳宗教史研究叢書8・日光山と関東の修験道』
(名著出版)1979年(昭和54)
『ふるさとの山・駒ヶ岳ものがたり』赤羽篤(国土交通省天竜川上流工事事務所調査課提
供)
「宝剣岳資料」伊那市教育委員会社会教育科
「宝暦六年駒ヶ岳一覧之記」(後駒ヶ嶽一覧之記):『日本山岳風土記・2』(宝文館)1960
年(昭和35)
『房総山岳志』内田栄一(論書房出版)2005年(平成17)
「房総志料」(巻第一):『房総叢書6』房総叢書刊行会(房総叢書刊行会発行)1941年(昭
和16)
「房総志料続篇」:『山岳宗教史研究叢書8』宮田登ほか編(名著出版)1979年(昭和54)
『房総の山』千葉県山岳連盟(千秋社)1977年(昭和52)
『房総昔話散歩』平野馨ほか(創樹社)1973年(昭和48)
『北越雪譜』(全7巻)鈴木牧之(岩波文庫82)岡田武松校訂(岩波書店発行)1991年(平
成3)
『本朝神社考』林羅山著:『日本庶民生活史料集成・第26巻神社縁起」(三一書房)1986
年(昭和61)所収
・『本朝神仙記伝』:川口久雄校注:朝日新聞社「日本古典全書・古本説話集」1971年(昭
和46)所収

▼【マ行】
『牧野新日本植物図鑑』牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
「瑞牆山・小倉山」大島亮吉:『日本山岳風土記3』田部重治、辻村太郎監修(宝文館)1960
(昭35)所収
「三ツ峠冊子」(山梨県西桂町教育委員会)
「南佐久郡伝説集」南佐久郡教育会(信濃毎日新聞)1939年(昭和14):『日本伝説大系
7』(みずうみ書房)1982年(昭和57)所収
『耳嚢・耳袋』:『日本庶民生活史料集成・16』鈴木棠三ほか編(三一書房)1989年(平
成1)
『妙義山』(歴史と信仰の山)(あさを社)1981年(昭和56)
「妙義山の信仰」池田秀夫:『山岳宗教史研究叢書8・日光山と関東の修験道』宮田登・
宮本袈裟雄編(名著出版)1979年(昭和54)
「妙高信仰と年中行事・関山権現火祭りと梵天祭」安達恩:「山岳宗教史研究叢書9」(名
著出版)1978年(昭和53年)所収
『民間信仰辞典』桜井徳太郎(東京堂出版)1984年(昭和59)
「麦草岳資料」長野県上松町教育委員会。
『陸奥の伝説』盛山泰太郎(第一法規)1976年(昭和51)
「妙高山信仰の変遷と修験行事」大場厚順:『山岳宗教史研究叢書9』(名著出版)1979
年(昭和54)所収
『名山の文化史』高橋千劔破(河出書房新社)2007年(平成19)
『名山の日本史』高橋千劔破(河出書房新社)2004年(平成16)
『名山の民俗史』高橋千劔破(河出書房新社)2009年(平成21)
『ものがたり奥武蔵』神山弘ほか(金曜堂出版部)1984年(昭和59)
『文徳実録』:国史大系『日本後紀・続日本後紀・日本文徳天皇実録』国史大系編修会(吉
川弘文館)1966年(昭和41)所収

▼【ヤ行】
「夜叉神峠の由来」夜叉神峠小屋提供
「安宮神社縁起」(安宮神社)
「薬師岳の信仰と有峰びと」広瀬誠:『山岳宗教史研究叢書・10』(白山・立山と北陸修
験道)高瀬重雄編(名著出版)1977年(昭和52)所収
『柳田国男全集』全32巻(ちくま文庫)筑摩書店
『山DAS』石井光三(白山書房)1997年(平成9)
「山中湖村史」山梨県山中湖村
『山中湖の歴史と伝説』(山中湖村教育委員会):「山梨県山中湖村観光協会」(協力)
「山の憶い出」小暮理太郎:『日本山岳名著全集2』(あかね書房)1962年(昭和37)
「山の石・大山石尊」羽賀正太郎:「あしなか第73輯」(山村民俗の会)1961年(昭和36)
「山の人生」』柳田国男:『柳田国男全集・4』(筑摩文庫)1989年(平成元)所収)
『山の伝説』(日本アルプス編)(青木純二)(丁未出版)1930年(昭和5)
「山の伝説」:『柳田國男全集25』柳田國男(ちくま文庫)1990年(平成2)
『山の名前で読み解く日本史』谷有二(青春出版社)2002年(平成14)
『山の紋章・雪形』田淵行男著(学習研究社)1981年(昭和56)
「八溝山信仰と近津修験」藤田定興:『山岳宗教史研究叢書8』宮田登ほか編(名著出版)1979
年(昭和54)
「八溝山信仰と都々古分修験」梅宮茂:『山岳宗教史研究叢書7』月光善弘編 (名著出版)
1977年(昭和52)
「横手駒嶽神社資料」山梨県北杜市

▼【ラ行】
「両神山の信仰」千島寿:『山岳宗教史研究叢書8・日光山と関東の修験道』(名著出版)1979
年(昭和54)
『両神山・風土と登山案内』飯野頼治著(実業之日本社)1975年(昭和50)
「歴史と旅」臨時増刊号(秋田書店)1994年(平成6)7月

▼【ワ行】
『和漢三才図会』寺島良安:東洋文庫471『和漢三才図会』(全18巻)島田勇雄ほか訳注
(平凡社)

……………………………

▼あの山頂に必ずといっていいほどある祠はなんだ?

ヤマケイ新書書日本百霊山 (山と渓谷社)(書店で発売中)

−伝承と神話でたどる日本人の心の山− 山と渓谷社

本体880円+税 税込968円      【とよだ 時】
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
山は神仏や精霊、天狗や怪異と人の出会う霊域 神話や伝説を訪ね、
高峰から里山まで日本全国の百山を紹介
まん画家が書いた「天狗・仙人・鬼・妖怪ばなし」をお読み下さい。

・ヤマケイホームページ(日本百霊山):
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 | 山と溪谷社 (yamakei.co.jp)
https://www.yamakei.co.jp/products/2816120561.html


…………………………………………
ゆ-もぁ-と制作処【とよだ 時】

………………………………………………………………

(目次終わり)