【天狗のはなし】  (toki HP/temg/tem113/tem113.html)

…………………………………

▼113「伯耆大山(だいせん)の天狗・清光坊天狗」
【序文】

『出雲国風土記』に出てくる国引き神話。神がほかの国の余った
土地を綱で引っ張ってきて、杭として止めたのが伯耆の火神岳が
いまの伯耆大山だという。ここは丹沢大山(おおやま)の天狗、
伯耆坊のふるさとで、いまは清光坊という天狗がいることになっ
ています。
・鳥取県大山町、琴浦町、江府町など。
▼113「伯耆大山(だいせん)の天狗・清光坊天狗」
【概略】400字

鳥取県の西部にそびえる伯耆大山(だいせん)も天狗の山です。
神奈川県丹沢大山(おおやま)の天狗、伯耆坊はこの山から山移
りしてきたものです。

大山(だいせん)では昔から「大山の烏ヶ山を吹く風は、天狗風
か恐ろしや」と伝える里謡がありますが、これは伯耆坊のことだ
という。

いまそのあとにいるのは清光坊という天狗です。清光坊天狗も山伏
たちが唱える『天狗経』の48狗に入る天狗です。

天狗関係ではこんな話もあります。『陰徳太平記』という本に、出
雲の戦国大名の尼子晴久が、月山富田城の戦いの時、安芸の毛利
元就を討とうとして兵を集めている晴久に、この山の天狗が、大
山(だいせん)の神のお告げを伝えて思いとどまらせようとした
記述があります。

修験の山として一大仏教寺院群に発展した大山(だいせん)も、明
治初年に新政府が発した神仏判然令、そしてその後におこつた廃仏
毀釈によって堂塔・仏像がすっかり失われてしまっています。
・鳥取県大山町、琴浦町、江府町など。(941号)



★さらに詳しい【本文】や【出典】などもご覧ください。
http://toki.moo.jp/gaten/gatten/901-950/gate941/gate941.html

…………………………………

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

 

………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/