既存イラストコラム見本
◆石仏紀行(仮題)見本◆
1点5000円

・このページは、「イラスト・文」を、自治会・組合・団体・町内会・同好会・小グループ会報・家庭新聞・個人新聞用のコラム原稿を配信のご案内です。

画房【とよた 時】

……………………………………………………

  ●コラム見本(項目一覧は下段にあります)
  石仏紀行
▼【北信・修那羅(しょなら)峠の石仏群】
  0102030405060708091011121314151617181920
01):
02):
03):
04):
05):
06):
07):
08):
09):
10):
11):
12):
13):
14):
15):
16):
17):
18):
19):
20):
21):
22):
23):

 修那羅峠は長野県上田市の西方約20キ
ロ、小県郡青木村と東筑摩郡坂井村の境にあ
る峠。この山頂近くに安宮神社があって、裏
山の細い道に沿って一列にズラッと五百体も
の石神や石仏がならんでいます。
 石仏はどれも作者不明で、江戸時代末期か
ら明治にかけて彫られたものらしく、その姿
は素朴な姿をしています。明らかに仏像をあ
らわしたものが多いが、神像や男女が手をつ
ないだ道祖神など神仏混交時代の民間信仰を
あらわしています。
 いろいろな石仏には、むかしの人たちの願
いが込められ、人の病気を刈りとるために鎌
を持った「お手鎌持ち神」、半分はだかの女
の天狗「婆羅門女天狗」、ササの葉を持った
「ささやき神」、その他、ネズミの害に困っ
た養蚕農家の願いのこもった猫神、オニノカ
クラン、左うちわ神、金神、なかには貸した
お金をふみ倒された人が神さまに催促をお願
いしたのか、そのものズバリ「催促金神」な
どというものまであります。
【長野県南筑摩郡坂井村 長野新幹線上田駅
からバス四方】

 

……………………………………………………

【項目一覧】

長野県・修那羅峠の石仏群
庚申・1
庚申・2
庚申・3
千葉県・嶺岡浅間の天狗面
榛名山・スルス峠のカラス天狗
馬頭観音01・供養塔
馬頭観音02・馬頭金剛明王
馬頭観音03・歴史と種類
とつづきます。

…………………………………

▼とりあえず、項目を下記にご記入、送信して下さい。
在庫を確認し、ご返事致します。

toki@toki.moo.jp
迷惑メール防止のためリンクをはずしてあります。
お手数ですが二つのを削除してご送信下さい。

・京葉銀行北方支店(点番153)
口座番号:3040081 名義:とよた 時

・郵便振替口座:00130-5-355576
名義:時・ゆ-もあ-と

〒272-0816
千葉県市川市本北方2-11-8
ゆ-もあ-と制作処
画房【とよた 時】
責任者・とよた 時
047(338)4394

http://toki.moo.jp/


自治会会報用イラストコラム原稿トップへ