CD本【ふるさとの神々なんでも事典】見本
画と文・とよだ 時
1200円(消費税含、送料無料)。よかったらどうぞ。

路傍の神や村はずれ、峠、山道にたたずむ石碑や石仏たちを現地にたずねたおもしろ神さまの本。(「ふるさとの神々」上・下をコンパクトにしたものです)

・見本・詳細は下記からどうぞ。

 

………………………………………………………………………………………………

●【目 次

▼第1章(見本) 野山・田園の神
 蚕神・かかし神・金精神・さいの神・水天宮・杉神さま・田の神さま・峠神・水神社
 ・夜叉神・山の神さま・山彦

▼第2章 道すじの神
 石神・姥神・要石・甲子・庚申さま・金毘蘿さま・三十番神・地神・地蔵さま・青面
 金剛・天社神・道祖神さま・馬頭観音

▼第3章 里の神仏
 阿弥陀さま・韋駄天・犬神さま・宇賀神さま・産土神・オビシャ・過去七仏・観音さま
 ・鬼子母神・子安神・権現さま・山王さま・神農神・大仏さま・荼吉尼天・七夕神・
 天神さま・天王さま・仁王さま・八幡さま・毘沙門天・びんずる尊者・不動さま・弁
 天さま

▼第4章 村の社・信仰
 愛宕信仰・淡島さま・飯綱権現・厳島神社・お稲荷さん・王子信仰・温泉神・春日神
 社・熊野信仰・十二所神社・神明社・住吉神社・諏訪神社・浅間神社・帝釈天さま・力
 石・茅の輪・鎮守神・八王子神社・御子神社・三島神社・妙見社・明神社・若宮

▼第5章 偉人、英雄神
 役ノ行者・弘法大師・惟喬親王・実盛神・猿田彦神・聖徳太子・為朝神・将門神・頼
 政神

▼第6章 病気の神
 いぼ神・咳の神・とげ抜き地蔵・歯痛の神・ほうそう神・耳の神・目の神

▼第7章 妖怪・悪神・地獄
 えんま大王・餓鬼・河童神・鬼神・座敷わらし・ショウヅカバアサン・天狗・風神・
 厄病神・山姥・雷神

▼第8章 家の神
 井戸神・氏神・えびす神・オシラさま・門神・かまど神・荒神さま・皇大神宮・正月
 神・鍾馗さま・大黒天・だるまさま・貧乏神・ほうき神・招き猫・屋敷神

▼第9章 神具・仏具・用語
 雨乞い・絵馬・縁起物・縁日・おはらい・お札・お百度・お守り・お神酒・神楽・鐘
 ・五重塔・ご弊・護摩・こま犬・鈴・わに口・神仏習合・鏡・鳥居・祭神・ご神体・
 廃仏棄釈・みこし・木魚・山宮・里宮

※本品は1990(平成2)年に財団法人 富民協会より発行された「イラスト ふるさとの神々なんでも事典」第2刷からCD化したものです。

 

………………………………………………………………………………………………

「第1章・野山・田園の神」見本
CD本「ふるさとの神々なんでも事典」
山々の神・野仏から家の神まで

………………………………………………

▼中 扉

【野山・田園の神】 この章の目次
 ・蚕神 ・かかし神 ・金精神 ・さいの神 ・水神 ・杉神
 ・田の神 ・峠神 ・水神社 ・夜叉神 ・山の神 ・山彦
 ・竜神

………………………………………

■蚕(かいこ)神

 ……スサノオノミコトに殺されたオオゲツヒメの体にいろいろな
ものが生え出しました……。「かれ殺されたまへる神の身に生(な)
れるものは、頭に蚕生(な)り、二つの目に稲種(いなだね)生(な)
り、二つの耳に粟生(な)り……」ご存じ「古事記」の五穀起源の
神話です。

 「日本書紀」にも、同じようなハナシが出てさます。「この蚕生
り……」とのごとく、ことほどさように養蚕は遠いムカシから行わ
れ、蚕を「オコサマ」と呼ぶほど日本の大切な産業でありました。

 これほど大事な「オカイコサマ」、養蚕農家は蚕神としてまつり
あげ、同時に豊作を祈り願います。反面、被害を与える病害虫やネ
ズミなどを嫌い怒りました。

 蚕(かいこ)神は、地方によりクワの枝を持った女神であったり、
猫であったり、オシラサマであったりします。

 茨城県筑波町の蚕影(こかげ)山神社もそのひとつです。言い伝
えによると「昔、北天竺・キュウチュウ国のコンジキ姫は、継母で
ある後妃にいじめられていました。

 父王は、もはや避けがたいことと考え、クワのうつぼ舟に姫をの
せて海に逃がした」というのです。この舟が流れついたのが常陸豊
浦(いまの同県日立市川尻町)。

 コンジキ姫は、村人の権太夫に助けられましたが、間もなく病死
してしまいました。姫の死体は蚕になり、養蚕の方法を伝授、権太
夫は大金持ちになったという話があります。各地の道の辻に「蚕影
山」と刻んだ石碑も見受けられます。

 また「名馬が飼い主の長者の娘に恋をして殺されたが、馬は娘を
つれて天高く舞いあがる……。翌年、空から白い虫と黒い虫が降っ
てきて、クワの葉を食べはじめた。みると娘の顔と馬の顔をした虫
だった……」これは蚕の神のオシラサマの伝説です。

 その他、蚕を食べるネズミの天敵・猫をまつった猫神や、同じく
ネズミを食べるヘビ(特に白ヘビ)も、農家の人は蚕神として大事
にしたそうです。

 東京・奥多摩の戸倉三山の臼杵山(うすぎさん・842m)には、
養蚕の神を祭る臼杵神社があります。狛犬は、カイコを食べにくる
ネズミの天敵の猫の像。それが猫には見えず、どう見ても格好の悪
い犬かブタ。ハイカーはこれもご愛敬と笑ってさい銭を上げ、拝ん
でいきます。

・東京都西多摩郡檜原村とあきる野市との境 JR五日市線武蔵五
日市駅からバス、元郷停留所下車、さらに歩いて1時間30分で臼
杵山(842m) 2万5千分の1地形図「五日市」

………………………………………

■かかし神

田ンボの中で、ポツンと立っているかかしもれっきとした神サマで
す。漢字では、なぜか「案山子」と書きます。中国では「老鴉」「偶
人」「藁人」などと書くそうです。

 それでは、かかしはなぜかかしというのでしょうか。古来、鹿を
おどし、野生の鳥獣から作物を守る「鹿驚(かがせ)」の意味だと
いわれてきました。しかしいまでは「臭(か)がせ」からきたとす
る説が一般的だそうです。

 臭がせとは、古わらじや毛髪 ボロ布、または肉などを焼いて悪
臭を出して、スズメなど鳥類を追い払おうというもの。鹿ではなく
スズメだったのですね。

 以前、節分の日に炉の火の中にネギやニラや生葉、イワシの頭な
ど悪臭を放つものをくべて焼き、その悪臭で鬼や厄病神、魔を追い
払おうとする「焼(や)いかがし」という行事がありした。

 これがまさしく「かかし」の語源なのだそうです。いまではヒイ
ラギの枝にイワシの頭をつけて、魔よけのおまじないとして戸口に
さしておくことだけが残っています。

 かかしには大きくわけて、3つの種類があるそうです。まず、田
んぼに注連縄(しめなわ)をを張り、竹やわらで神への依代(より
しろ)の人形をつくったり、神札を立てるもの。しめ、そめなどと
もいいます。

 次は、悪臭で鳥や獣を追いはらおうとするもの。3番目はおどし。
目立つ色や形でおどしたり、大きな音をたてて鳥獣をおどすもので
す。

 もっともいまは風にゆられて絶えず動く装置やブリキ、銀紙、ハ
トをおどす大きな目ン玉の風船などさまざまで、ときには郷愁をさ
そうような「かかしコンクール」まで開かれています。

 では、「山田の中の一本足の案山子……歩けないのか山田の案山
子……」がなぜ神なのでしょうか。天気のよいのにみの笠つけて、
ただ立っている………それだけのことかと思ったら、ところがとこ
ろがなのであります。



 群馬県では、小正月にヌルデで作った「かかし神」を神棚に供え
たり、長野県では「カカシアゲ」といい、旧暦10月10日、田ンボ
からかかしをもってきて庭に建ててまつったりします。

 また、餅をついて、長いダイコンをかかし様の箸(はし)といっ
て、いっしょに供える所もあります。かかしを田の神の代表として
いるわけです。

 「古事記」にも出てきます。「大国主の神、出雲の御大之御前(み
ほのみさき=美保崎)にいます時に、波の穂より天の羅摩船(かが
みのふね=細長い実が2つにわれると舟の形に似ている多年生のつ
る草)に乗りて鵝(ひむし=蛾)の皮を内剥(うつはぎ)に剥(は)
ぎて衣服にしてより来る神あり。かれその名を問わすれども皆答え
ず。また所従(みとも=お供)の諸神に問わすれども皆『知らず』
と白(まお)しき」。

 「かれに多迩具久(たにぐく=ヒキガエル)白言(まお)さく『こ
は久延毘古(くえひこ)ぞ必ず知りつらむ』とまおせば、すなわち
久延毘古を召して問わす時に『こは神産巣日神(かみむすびかみ=
天地のはじめに生まれた3神の1神)の御子、少彦名命(すくなひ
こなのみこと)なり」と答白(まお)しき」

 「……中略……故其少彦名神をあらわし白(まお)せりしいわゆ
る久延毘古は、いまに山田の曽富謄(そほど)という者なり。この
神は足は行(ある)かねども天下の事を尽(ことごと)に知れる神
にもありける」と、あります。

 この曽富謄とは「そぼつ」、すなわち雨に濡れてそぼつの意味で、
田畑に立つ「かかし」のことなのだそうです。久延毘古も同じかか
しのことで、クエとは崩(く)ゆ、毘古は彦で男神をあらわしてい
るのだそうです。

 なお、石川県鹿島町の久で比古(くでひこ)神社は、このかかし
神・久延毘古神を祭神としているそうです。なるほど、かかしはそ
ぼつ雨降る中に立つ男の神さまだったのですね。

………………………………………

■田の神

 いま当たり前になってしまっている稲作の転作による田んぼの荒
廃、一時のように余った米を産業機械のみがき粉に使うありさま。

 かつて米はすべての価値の基準になっていました。稲作の出来、
不出来はその村の存亡にもかかわる一大事。それだけに、豊かな実
りをもたらす農神、田の神は民俗信仰として古代から受けつがれて
きたものでした。

 田の神。それは地方によって、農神、さく神、作り神、さんばい、
亥の神などとも呼ばれ、一般的に春になると山ノ神が里に降り、田
の神になって稲作を守り、秋になると山に帰るとされています。い
わゆる「神去来の伝承」です。

 神が山から里に降りることを「さおり」、山に登っていくことを
「さのぼり」といいます。「さおり」や「さのぼり」の「さ」は神
のこと。早苗(さなえ)も神聖な田植えをする早乙女(さおとめ)
の「さ」も同じ「さ」なのだそうです。



正月神もなにあろう農神さま。農民の正月である小正月にヌルデ、
ミズキなどの枝にもちやだんごをさらせたりする「物作り」や、雪
の上にもみがらをまき、マツの葉やわらを苗にみたててさし、田植
えのマネをする正月田植え、またあちこちの神社で行われる田植え
神事など、みんな田の神への願いをこめた予祝行事です。

 苗代(なわしろ)に、もみをまいたあと、田んぼの水口にお神酒
(みき)や花、かゆを供え、水口(みなくち)まつりをしたり、焼
き米をつくり田の神に供えます。

 田植えはじめは「わさうえ」とか「さいけ」、「さびらき」、「さ
おり」などといい、まず田の神を降ろしてから田植えを行いました。
家ではアズキ飯をたき、田んぼの片すみにお神酒を供えて初田植え
を祝います。

 また若苗の根の泥をよく洗い、これを3把(ば)にわけて神棚、
またはかまどを祭壇として臼や箕(み)、枡(ます)などといっし
ょにまつったりします。

 本田植えが終わると、仕事を休んで田の神をまつります。東日本
では「さなぶり」、西日本では「しろみて」といい、2、3日から
かつては1週間も休む所もあったといいます。

 「さなぶり」や「さのぼり」は田の神が田植えが終わって帰る日
だとする地方もあります。さなぶりの日には、ボタモチをつくり、
苗を神棚や荒神さまに供えたりしました。

 稲が実りはじめる前、まだ未熟な稲穂を刈って神前に供える行事
があちこちにあります。これは収穫の際、まず田の神に初穂を献じ
てから稲刈りにかかった昔の名残りだそうです。

 稲刈りがおわると「刈り上げ祭り」で祝います。刈り上げの節供
(せっく)などともいって、もちをついで稲を田の神に供えます。
田の神はこの収穫祭で肩の荷をおろし、もちを食べて山の上に帰る
のだそうです。

 また、10月10日に行われる「イノコ」という行事も刈り上げの
祝いだといいます。山に帰る神に、使いのカエルがもちを背負って
お供をするという地方もあります。

 北九州で行われる「田の神むかえ」の行事は、わざと刈り残して
おいた稲をその日に刈り取ります。それが来年の種もみとなり、そ
の米は田の神祭りにも使われるという。

 能登半島での収穫祭は「あえのこと」といい、田の神を風呂に入
れたあと、座敷でお膳を供えてごちそうするマネをする行事があり
ます。

 家の主人がかみしもをつけ、風呂のかげんや、食べものをすすめ
るなど、いちいち声をかけ接待します。「あえのこと」は、相嘗(あ
いなめ)祭り(上代、11月の卯の日に、その年の新穀を神に供え
る儀式)の意味なのだそうです。

 しかし、米が余り、使い道をムリヤリ考えなければならない時代、
田の神サマもきっと目をシロクロ、山の上で小さくなっているにち
がいありません。

………………………………………

■夜叉神

 夜叉(やしゃ)。なんとも不気味な響きです。古代インドのベー
ダ聖典に初めて人を害する鬼神として登場。半神半鬼の性格を持ち、
醜怪な姿をしており、人の肉を食うとされています。

 のちに八部衆「天竜八部衆・仏法を守護する天、竜、夜叉、乾闥
波(けんだつば)、阿修羅(あしゅら)、迦楼羅(かるら)、緊那羅
(きんなら)、摩?羅伽(まごらか)の八部の衆類」に入ったとい
う。

 夜叉は毘沙門(びしゃもん)天の従者で神通変化の力を持つとさ
れ、人を助け、利益を与え、仏法を守護する半面、知恵や信仰のな
い人間には害を加えるという、あまり付き合いたくない神様ではあ
ります。

 南アルプスの入り口に夜叉神峠があります。昔、御勅使川(みだ
いがわ)源流に荒ぶる神がおり、悪疫、洪水、暴風雨と暴れ放題。
困った村人がこの峠にホコラを建てしずめたという。夜叉神峠小屋
の前はヤナギランがまっ盛り。ホコラはさい銭を前に山ノ神となら
んでいました。

夜叉神峠:・山梨県南アルプス市 JR中央本線甲府駅からバス、
夜叉神峠入口から歩いて1時間15分で夜叉神峠(1760m) 
2万5千分の1地形図「夜叉神峠」


………………………………………

■山ノ神

 山ノ神はコワイもの。これは家で亭主のたづなを握るヤマノカミ
も同じこと、大昔から変わりません。

 徳島県では山ノ神は醜いという。その上ヤキモチやきで、どうい
うわけかオコゼという、これまた醜い魚が大好きなのだそうであり
ます。

 また、宮城県の山ノ神は、3歳くらいのオンナノコだと言い伝え
られています。細い小さな体から「ホーイ、ホーイ」とか細い声を
出すといいます。

 一方、山ノ神は弁財天にダンナをとられ歯ぎしりしているとする
のは岐阜県地方の話。それゆえ、木を切って弁財天を追い出してく
れる山仕事の人たちの守り神になっているのだそうな。

 ことほどかように、山ノ神はヒドイ女神のように感じるのであり
ますが、では山ノ神とはなんぞや?ということになりますと、これ
がサッパリ「?」の神サマなのです。


 神社道の山ノ神は、富士山の木花開耶媛命(このはなさくやひめ)
や摂津、伊豆などにある三島神社での大山祇命(おおやまずみのみ
こと)、比叡山の守護神・大山咋命(おおやまぐいのみこと)など
個有の神を主祭神にしています。

 ところがです。民間信仰での山ノ神とくると、醜い女神だったり、
逆に男神だったり、年に12人も子どもを産む女神だったり、夫婦
神、はては天狗だったりなどなどエトセトラ。

 その呼び名も所によって十二サマ、お里サマ、さがみサマ、さん
じんサマといろいろに変化。祭日にいたっては2月と10月、3月
と11月、または毎月7日、9日、12日、あるいは正月、5月、
9月の16日とか、12月と正月などと、それは雑多なのでありま
す。

 冬の間山にいて、春、里におりて田の神に変身、農作物の実りを
手伝い、秋のとり入れが終わるとまた山ノ神になってお山に帰って
いく……。これは農民の考える山ノ神であります。

 それに対して山村の人の考える山ノ神は、けものや樹木を支配す
る神であり変身はしないという。そのご神体は、時には老木だった
り、巨石だったり……。

 どういうわけか漁民の山ノ神というのもあります。志摩半島や九
州では「漁の神」として信仰しているそうです。新しい船を海に入
れるとき、山ノ神の管轄から切り離す儀式を行うとからおもしろい。

 山ノ神の祭日には酒をあげ、もちをついてお祭りをしますが、東
北地方では祭日の12月12日は、山ノ神が木の本数を数える日だ
とし、山仕事を休まねばならないといいます。

 もし、山に入ると木の中に数えこまれるとされ、木材関係者はも
ちろん、営林署までが休むならわしになっているとかいないとか。

 三重県の伊賀地方には正月7日、山ノ神祭りのカギヒキ(鍵引き)
神事があり、名物になっています。ウツギの木のふたまたになった
大枝を男の数だけ束ね、シメナワにひっかけて、ホコラの前で引っ
ぱりあいます。増産された富を自分の村へ引き込む祭りだそうです。

 滋賀県の山ノ神祭りは、男神、女神を結婚させる豊作の予祝(よ
しゅく)行事。1月6日、山ノ神のオン(男神)、メン(女神)と
称する人形の依代(よりしろ)をつくります。7日の祭日には仲人
を立てて、ことしの行司と来年の行司がオン、メンを持って向かい
あい「ホイホイホイ」かけ声ヨロシク歩みよります。

 そして見物人の爆笑のなか、オン、メンの下腹部につくってある
イチモツを和合させるのであります。その後酒をくみかわし、大シ
メのおカギをゆすり「カギヒキ」をして、五穀豊穣を祈ります。昔
はおおらかだったのですね。

以下続きます。

…………………………………

1200円(消費税含、送料無料)。よかったらどうぞ。

▼とりあえず、品名を下記にご記入、送信して下さい。
在庫を確認し、ご返事致します。
toki@toki.moo.jp
迷惑メール防止のためアドレスを替えてあります。
恐れ入りますが
変換して送信してください。

・定額小為替が便利です。または
・郵便振替口座:00130-5-355576
名義:時・ゆ-もあ-と

・京葉銀行北方支店(点番153)
口座番号:3040081 名義:とよた 時(※名義は濁りません)

ゆ-もあ-と制作処
画房【とよだ 時】
責任者・とよだ 時

 

売店トップへ
……………………………………………………………………
TOP