山旅イラスト通信【ひとり画展】(毎月郵送)から(03)
(とよだ 時)

……………………………………

(気になる言葉)
群れない、慣れない、頼らない(日本画家、堀文子)

……………………………………

▼北ア・白馬乗鞍天狗原の石祠
【序文】

栂池から登りはじめるとあらわれる天狗っ原。そこにポツンと石の
白馬岳神社の石祠。昭和2年ふもとの後藤敏氏が建てたもの。白馬
山頂に建てようとしましたが許可が下りず、当時国立公園外だった
天狗原に建てたものという。
・長野県小谷村。

▼北ア・白馬乗鞍天狗原の石祠

【概略文】

白馬岳から乗鞍岳を通り、東側の栂池に下る途中に天狗っ原という

所があります。

綱の張った木道を歩いていると、道から少し離れた左側の岩の上に、

石祠があります。こんな所に?と思わせられます。

これは、1927(昭和2)年北城村の後藤敏という人が建てた白馬岳

神社で、天照大神を祭っています。

白馬岳神社というからには白馬岳山頂に建てたいところ。後藤は白

馬岳山頂に神社建立を決意。

しかし、大町営林署は国立公園の中に建ててはならぬとの返事。そ

こで当時国立公園外だった天狗原に計画を変更。

南小谷村役場の了解をとりつけ、地元の青年たちの協力で神殿を担

ぎ上げたが、台風などに耐えきれず、吹き飛ばされ、2度ほど作り

直したのち、1958(昭和33)年、白馬村の援助で、石造りの祠に立

て替えたものだそうです。

・長野県小谷村



▼天狗っ原【データ】
★【所在地】
・長野県北安曇郡小谷村。JR大糸線中土駅の西南西10キロ。J
R大糸線白馬駅からバス、栂池高原から歩いて1時間で天狗原。写
真測量による標高点(2204m)と、白馬岳神社の祠がある。地形図
に天狗っ原の文字と標高点の標高の記載あり。標高点より西方向26
8mに乗鞍岳がある。

★【位置】
・標高点:北緯36度46分56.19秒、東経137度48分48.6秒

★【地図】
・旧2万5千分の1地形図:「白馬岳(富山)」

★【参考文献】
・『北アルプス白馬連峰 その歴史と民俗』長沢武(郷土出版社)1986
年(昭和61)
・『コンサイス日本山名辞典』徳久球雄編(三省堂)1979年(昭和54)
・『信州山岳百科1』(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)


▼【本文】は別にあります。
http://toki.moo.jp/gaten/

【上記詳細本文】山旅イラスト通信【ひとり画展】
 【読者募集】(はがき版)


山の伝承の【絵はがき】【詳細本文】が一緒に毎月送られ
てきます。1年間3000(月250円)

山旅イラスト通信【ひとり画展】(はがきに印刷)

このイラスト通信は、『記紀』や『今昔物語』などの古典を
もとに、伝説・伝承地を訪ね描いた「ゆ-もぁ伝承画文」です。は
がきに印刷してご希望の方に郵送しています。本文には資料
出所も明記しました。1971年(昭和46)年から発行しています。
山旅イラスト通信
ひとり画展(はがきに印刷)
http://toki.moo.jp/haga-kai/

▼詳細本文を記載したCD本あります。
・『ひとり画展』第1巻(001号〜200号)
・『ひとり画展』第2巻(201号〜400号)
・『ひとり画展』第3巻(401号〜600号)
・『ひとり画展』第4巻(601号〜800号)
・『ひとり画展』第5巻(801号〜1000号)
http://toki.moo.jp/baiten/cd-books/gaten/gaten-cd.htm

 

……………………………………

▼お気に入りの山 ラミネート加工画をどうぞ。
  (164×214ミリ・ガラス卓上額つき)
 1点2500円(送料とも)【こちら】から番号をご指定下さい。

…………………………………

▼ラミネート加工イラスト単品(A4判) 1点2500円(送料とも円)
(山の伝承民俗の解説書付き)


●番号を指定して下記メールアドレスでお知らせください。
  (2つの
※を削除)
 toki
@toki.moo.jp

・すべての題名一覧は
【こちら】をどうぞ
・下記見本の番号でも結構です。

 

……………………………………

▼発売中
増刷されました

【とよだ 時】の単行本:(発行元・山と渓谷社)
ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−

・アマゾンなら確実に入手できます。
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

きょうの「犬の遠吠え」
・戦争はイヤだ。
1945年(昭和20)国民学校初等科、授業中に突然のサイレン。空
襲警報だ。各自、森の中を隠れながら家に帰れという。道路でア
メリカの飛行機が追ってきたら伏せろという。あの頃勉強したかな。
               ……千葉県の下総地方でもこんなふうでした。

 

……………………………………

きょうの余計なひと言
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。
                   
 ………そういってくれると嬉しいね。

 

……………………………………

・山旅イラスト通信【ひとり画展】
(はがきに印刷)毎月ご自宅へ郵送します。

http://toki.moo.jp/haga-kai/

・【仕事部屋】へもどうぞ。
http://toki.moo.jp/tacoroom/

・【グッズマイショップ】
https://suzuri.jp/toki-umoart

 

……………………………………

My books

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほかの本はMy booksでご覧下さい。

……………………………………

この記事は下記からメールマガジンとしてお送りしています。
・まぐまぐ社からメール配信: http://www.mag2.com/m/0000228474.html
・メルマ社からメール配信http://www.melma.com/backnumber_181041/

ゆ-もぁイラスト・駄画師(漫画)
…………………………………
とよだ 時(とよた時改め)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

プロフィール

 

たまにはトップページへもどうぞ。
http://toki.moo.jp/
【峠と花と地蔵さんと…】
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。
・立って半畳、寝て一畳、酒は呑んでも二合半。