【本文】のページへようこそ

メールマガジン
山の歴史と伝承に遊ぶ 【ひとり画ってん】(03)

山旅通信【ひとり画展】画と文を毎月郵送)から
【とよだ 時】(山と田園の画文業・ゆ-もぁ漫画家・駄画師)

……………………………………

もうひとつの一夜山・白馬村一夜山

【序文】

白馬村神城の一夜山は、青鬼のお禅(善)鬼様が一晩にここまで背
負ってきたものだという。だから、山中にはお禅鬼様の背中のあと
や、縄のあとが残っているという。その後、飯森十郎盛春(もりは
る)が、一夜のうちにここに城を築いたが、武田勢に一夜のうちに
攻め落とされて、中土村の平倉城へ移ったが討ち死にしたともいい
つたえています。
・長野県白馬村。

▼もうひとつの一夜山・白馬村一夜山

【本文】

 長野県には、戸隠連峰鬼無里「一夜山」のほかにもうひとつ、白
馬村神城にも「一夜山」があります。この山はJR大糸線神城駅と
飯森駅との間にある小丸山。そばにあるスキー場の施設で、山の伝
承の画文作品を展示させて頂いたとき、ちょっと寄ってみました。

 ここは一夜山とか、一夜塚と呼ばれる標高851mほどの低山。『日
本伝説大系』によれば、「青鬼の御禅(善)鬼様が、(どこからか)
この山を一晩のうちに背負ってきたものだと伝え、御禅鬼様の背中
のあとや縄のあとが残っている。飯森十郎盛春(もりはる)が、一
夜のうちにここに城を築いたが、武田勢に攻め落とされて、中土村
の平倉城へ移ったともいいつたえている(「北安曇郡郷土誌稿」第
七輯)」とあります。

 また『日本伝説名彙』という本では、「ひとよさん」と読み、「昔
青鬼のお善鬼様が、夜一夜に背負ってきたもので、背中の跡や背負
縄の痕があるといはれる。のちに飯森十郎春盛が一夜のうちにここ
へ城を築いたが武田に攻め落とされたともいふ。(『小谷口碑集』)。」
と、同様のことが書かれています。

 山頂の端には、「秋葉社」と「三尺坊」が祀られている祠があり
ます。三尺坊は静岡県秋葉山にまつられる天狗の名。この天狗は信
濃の穂高村出身で戸隠山の西窟にこもって修行したという記録もあ
ります。この一夜山は5月ごろ、ピンク色のムラサキヤシオツツジ
やイワカガミが咲き誇こるという。開花は西方の小遠見山より1ヶ
月半も早いということです。

 この山は、中世期、大町を中心とする地域に勢力を張った豪族仁
科氏の支族であった飯森氏の居城跡。戦国時代の弘治年間、武田氏
の信州侵攻の際、その武将山県正景によって落城します。

 時の城主飯森十郎盛春は、武田信玄には従わず、越後の長尾景虎
(上杉謙信)と通じて、武田軍に応戦しましたが、その武将山県昌景
によって一夜のうちに飯森城は落城。城主飯森日向守十郎盛春は、
小谷村の平倉山(ひらくらやま)の平倉城に逃れ、なおも戦いまし
た。

 しかし、援軍が目と鼻の先まで来ていたにも関わらず、この城は
兵糧や水に恵まれなかったため、籠城もままならず、弘治3年(1557)
7月に落城し、城主盛春以下が討ち死にしたという。盛春の墓所は
小谷村の玉泉寺に、夫人光姫(みつひめ)の墓は飯森城下の曹洞宗
示現山(じげんさん)長谷寺(ちょうこくじ)にあるという。

 長谷寺は、飯森十郎日向守盛春夫妻が中興開基と伝えられており、
本尊は十一面観音。本堂や、庫裡、山門は白馬村の文化財に指定さ
れています。参道の老杉群は、樹齢500年を超え、白馬村指定の天
然記念物にもなっています。本堂裏の庭園も美しく白馬村の名勝の
ひとつ。光姫の供養塔もあります。

 ここには、光姫が大和国の初瀬寺から、本尊になっている十一面
観世音を移して建てたといわれ、光姫の位牌も残っていると伝えら
れます。飯森十郎盛春が眠る小谷村玉泉寺(ぎょくせんじ)は、曹
洞宗(以前は真言宗)。飯森盛春の墓のほか、寺には位牌や遺品の
数珠などが残されているそうです。

 飯森盛春が討ち死にした平倉城は、小谷城と白米城とも呼ばれ、
松本から越後の糸魚川に抜ける要地、平倉山(835m)に築かれた
山城。なお、飯森十郎盛春はの名は、苗字が飯森だったり飯盛だっ
たり、名前も盛春だったり春盛だったり大分混乱しているようです。

▼白馬神城一夜山【データ】
【所在地】
・長野県白馬村。JR大糸線神城駅から歩いて50分で一夜山。JR
大糸線神城駅の北北西1キロ。標高点(851m)がある。「秋葉社三
尺坊」の祠がある。地形図上にはと三角点の記号とその標高のみ記
載。
【位置】
・標高点:北緯36度39分56.89秒、東経137度50分25.27秒
【地図】
・2万5千分1地形図名:神城
【参考文献】
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本伝説大系7・中部』(長野・静岡・愛知・岐阜)岡部由文ほ
か(みずうみ書房)1982年(昭和57)
・『日本伝説名彙』柳田国男監修(日本放送出版協会)1950年(昭
和25)(985)




▼ご希望の方には、山旅通信【ひとり画展】を郵送しています。
 ・82円切手10枚で(はがき版)3ヶ月間お送りします(お試しコース)。
 http://toki.moo.jp/haga-kai/

 

……………………………………

下記にも関連の文が載っています。
▼発売中

山頂に必ずといっていいほどあるホコラは何だ?
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込950円 (山と渓谷社)
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−
書店にない時は店員にご注文を。
………………………
★楽天ブックス、アマゾンなら確実に入手できます)
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

楽天ブックス


日本百霊山

……………………
▼<アマゾン 広告>
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

−【とよだ時のイラスト本】(CD本)−
既刊の本をCDにしました(全部:1000円+送料消費税500円)
ご注文は下記へご連絡ください。
【時・ゆ-もぁ-と事務所】
 
info@toki.moo.jp

 【目次】

★【1】:『伝説の主人公』 詳細は下記
  
http://toki.moo.jp/cd-books/den-shuji/index.html
★【2】:『丹沢・山ものがたり』 詳細は下記
     
『続・丹沢山ものがたり』 制作中
  http://toki.moo.jp/cd-books/tanzawa/index.html
★【3】:薬になる野菜 詳細は下記
  
http://toki.moo.jp/cd-books/kusuyasa/index.html
★【4】:『ふる祭歳時記』 詳細は下記
  
http://toki.moo.jp/cd-books/hurusai/mainfram.html
★【5】:『イラスト人の一生事典』

 
http://toki.moo.jp/cd-books/hitoisho/hitoisho.html
★【6】:『山の神々いらすと紀行』
 http://toki.moo.jp/cd-books/kamikiko/kamikikoh.html
★【7】:『イラスト家庭行事事典』
 
http://toki.moo.jp/cd-books/kateigyo/kateigyoji.html
★【8】:『野の本・山の本』
 http://toki.moo.jp/cd-books/nonohon/nonohon.html
★【9】:『天狗・仙人・妖怪ばなし』制作中


★その他の本は下記をご覧下さい。
 
http://toki.moo.jp/baiten

……………………………………

My booksCD本

詳細はMy booksでご覧下さい。
当方でも扱っています。

 

……………………………………

【とよだ 時】 山と田園風物ゆ-もぁ漫画
……………………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

プロフィール

 

たまにはトップページへもどうぞ。
http://toki.moo.jp/
【峠と花と地蔵さんと…】
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。
・立って半畳、寝て一畳、酒は呑んでも二合半。