無料メールマガジン山の伝承ひとり画通信
【ひとり画展】
(02)
(とよだ 時)

……………………………………

山の伝承【ひとり画通信】(ひとり画展)から

▼八ヶ岳・権現岳の山頂

【序文】
140字

明治時代地図をつくる時、お上がまた聞きの山名を載せてしまい、

地元も知らない山名ができて大混乱したという。八ヶ岳の権現岳も

そのひとつ。かつては薬師岳ともいい、修験道場として賑わい、修

行者たちは奥ノ院の薬師岳の頂上に、八の雷神(やくさのいかづち

がみ)の権現社をまつったという。いま山頂には槍の穂先がありま

す。

・山梨県北杜市と長野県富士見町との境

▼八ヶ岳・権現岳の山頂

【本文】

権現岳、権現山…と権現のつく山は各地に多い。「♪守れ権現、夜

明けよ霧よ、山は命の禊ぎ場所」という山の歌(北原白秋作詞、中

山晋平作曲、慶応大学山岳部部歌)もあります。コンサイス日本山

名辞典(三省堂)で調べてみると、峠・森のつくところを入れると、

51個所もありました。八ヶ岳の権現岳もそのひとつです。


そもそも権現とは、仏や菩薩(ぼさつ)がこの世の生きものを救う

べく、神という仮(権)の姿で表(現)われることなのだそうです。

もとはヒンズー教の神の権化信仰でしたが、平安時代、日本の本地

垂迹(ほんぢすいじゃく)説というムズカシイものと結合して神々

に権現の称号をつけるようになったのだといいます。頭がこんがら

かりそうなはなしです。


八ヶ岳の権現岳は、南八ヶ岳の南部、編笠山の北にどっしりと構え、

比較的訪れる人も少なく落ちついた山行のできる山です。権現岳の

山頂にも槍の穂先が建っていて、山岳宗教信仰の山だったことが分

かります。さびついた穂先の下の所に「中近世修験道遺跡 此峰昔

薬師岳」の文字が読みとれます。


権現岳は江戸中期から明治の初頭くらいまでは薬師岳と呼ばれてい

たそうです。この呼び名は長野県富士見町乙事地区に現存する古地

図に記載されていることで裏付けられるといいます。この修験道場

は、編笠山、地蔵岳、西擬宝珠、西岳を前山とし、権現岳を中心と

する三ッ岳、刀利天、擬宝珠などの峰々を奥ノ院とした壮大な区域。


あたりには修行を行った滝や岩穴があり、不動清水、延命水、観音

平などの地名も残っています。そして修行者たちは奥ノ院の薬師岳

の頂上に、八の雷神(やくさのいかづちがみ)の権現社をまつりま

した。


「八の雷神」とは大雷(おおいかづち)、火雷(ほのいかづち)、

黒雷(くろいかづち)、析雷(さくいかづち)、若雷(わきかづち)、

土雷(つちいかづち)、鳴雷(なるいかづち)、伏雷(ふしいかづち)

の雷神たちです。「古事記」にある、火の神を産むため死んで黄泉

国(よみのくに)に行った伊弉冉尊(いざなみのみこと)の体から

生まれた八雷神だというのです。


長野県諏訪郡富士見町の小林増巳、平出藤春らの調査によると、権

現社の石祠の前に建てられていた社は木製で柱になぎ鎌が打ち込ん

であったと推定されるという。


明治10年代、内務省が地図を作成するとき、お上風を吹かした役

人が地元に問い合わせることなく、当時の金持ち登山家がまた聞き

をした山名をそのまま「またまた聞き」して命名したため、地元民

の聞いたことのない山の名が出現。ここでも大混乱したという。


3月、雪の赤岳からキレット経由、ゆれる鉄のハシゴをのぼり、権

現岳へつきました。快晴、360度の展望が広がっています。雪の南

アルプス、中央アルプスから北アルプス、富士山などが日光に光っ

ています。山頂のさびた槍をバックに記念写真を撮って、満足マン

ゾク。


権現岳から先の擬宝珠、西擬宝珠は、吊り尾根状の雪稜、緊張しな

がらやっとノロシバに到着、青年小屋の窓から中に入り泊まらせて

もらいました。家に帰りあとで権現岳撮った写真をみたら、うしろ

の山頂の岩で誰かが昼寝をしているのが写っていました。アララ。


▼権現岳【データ】

★【所在地】

・山梨県旧北巨摩郡大泉村(いまは同県北杜市)と山梨県旧北巨摩

郡小淵沢町(いまは同県北杜市)、山梨県旧北巨摩郡長坂町(いま

は同県北杜市)と長野県諏訪郡富士見町(合併せず)との境。JR

小海線清里駅の北西8キロ。JR小海線甲斐大泉駅から歩いて6時

間で権現岳。標高点(2715m・標石はない)がある。地形図に標

高点その北西に権現小屋の記載あり。


★【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

・標高点:北緯35度56分59.21秒、東経138度21分35.03秒

★【地図】(国土地理院「地図閲覧サービス」から検索)

・旧2万5千分の1地形図「八ヶ岳西部(甲府)」


★【参考文献】

・『角川日本地名大辞典19・山梨県』磯貝正義ほか編(角川書店)

1984年(昭和59)

・『コンサイス日本山名辞典』徳久珠雄編(三省堂)1979年(昭和54)

・『信州山岳百科・2』(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)

・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)

・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)

・『日本歴史地名大系19・山梨県の地名』磯貝正義ほか(平凡社)

1995年(平成7)


▼お仲間になりませんか。(広告)
上記のような【絵はがき】【解説文】が一緒に毎月送られて
きます。


山の伝承【ひとり画通信】(ひとり画展)
http://toki.moo.jp/haga-kai/

この【ひとり画通信】は、『記紀』や『今昔物語』などの古典を
もとに、伝説・伝承地を訪ね描いた「ゆ-もぁ伝承画文」です。はが
きに印刷してご希望の方に郵送しています。本文には資料出所も
明記しました。1971年(昭和46)年から発行しています。
山のはがき絵の会

 

……………………………………

▼発売中

【とよだ 時】の単行本:(発行元・山と渓谷社)
ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−


・アマゾンなら確実に入手できます。
下記の広告からお入りください。

この記事は下記からメールマガジンとしてお送りしています。
・まぐまぐ社からメール配信: http://www.mag2.com/m/0000228474.html
・メルマ社からメール配信http://www.melma.com/backnumber_181041/

……………………………………

★気になる言葉                       
群れない、慣れない、頼らない
(日本画家、堀文子)

「犬の遠吠え」

・戦争はイヤだ。
戦時中の軍隊はおおいばり。国民学校初等科の生徒の憧れ
でした。ちょっと頭の弱いあんちゃんが、田んぼのあぜみちに
苗を1列に並ばせて「気をつけ、前へ習えッ!こらッ貴様、曲
がってるゾ」と大声をあげながら殴っていました。
            ……千葉県の下総地方でもこんなふうでした。

……………………………………

今回の余計なひと言
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。

                
 ……恥ずかしきことのみですわ。

……………………………………

・山の伝承絵はがき通信
毎月ご自宅へ郵送します。
http://toki.moo.jp/haga-kai/

・【My books
http://toki.moo.jp/baiten/mybooks/

・【仕事部屋】へもどうぞ。
http://toki.moo.jp/tacoroom/

・【グッズマイショップ】
https://suzuri.jp/toki-umoart

 

……………………………………

My books

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほかの本はMy booksでご覧下さい。

……………………………………

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

 

たまにはトップページへもどうぞ。
http://toki.moo.jp/
【峠と花と地蔵さんと…】
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。