【山の伝説伝承に遊ぶ】 (01)
toki HP/merumaga/yamatabi/yamatabi01.html

山旅画文通信
【ひとり画ってん】はがき画で毎月郵送)から
【とよだ 時】

……………………………………

▼山旅画文通信【ひとり画っ展】(はがき版)693号
「高山植物・ミヤマオダマキ」

【序文】

がれき地に鮮やかな紫色の花を咲かせる高山植物のミヤマオダマ
キ。夏山でおなじみです。これは園芸植物のオダマキの変種。変種
というよりは、ミヤマオダマキからオダマキがつくられたと考えら
れているそうです。漢字で深山苧環(おだまき)。花の形がつむい
だ麻糸を中を空洞にして丸く巻いた苧環に似ているからという。
・キンポウゲ科オダマキ属の多年草

▼693号「高山植物・ミヤマオダマキ」

【概略】
400字
夏山でよくみかける高山植物のミヤマオダマキ。これは園芸植物の
オダマキの変種。変種というよりは、ミヤマオダマキからオダマキ
がつくられたと考えられているそうです。

オダマキは苧環とか苧手巻と書かれ、花の形がつむいだ麻糸を中を
空洞にして丸く巻いた「苧環」に、また「苧玉」に似ているからと
いいます。

根元から生える葉は、1〜2回の三出複葉。夏には葉よりも高く、
10〜20センチくらいに茎を抜き出し、その先に直径3センチもの青
紫のきれいな花を下向きに咲かせます。

花数は少なくたいてい1花しかつけません。がく片は五個で広く開
き広卵形。花弁は五枚で長さ1〜1.5センチ。

がく片より短く、長方形で黄色みをおぶび基部に長い距があり、先
が内側に巻き込んでいます。栽培種のオダマキは葉の表面が粉白色
を帯びています。

・キンポウゲ科オダマキ属の多年草


▼詳しい【本文】こちらから上記【693号】をクリックして下さい。

 

……………………………………

下記にも関連の文が載っています。
▼発売中

山頂に必ずといっていいほどあるホコラは何だ?
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマである。村人は山に神をまつった…。

ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円 (山と渓谷社)
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−
書店にない時は店員にご注文を。

★楽天ブックス、アマゾンなら確実に入手できます)
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

楽天ブックス


日本百霊山


▼<アマゾン 広告>
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

−【広告】−
時・ゆ-もぁ-と事務所【売店

目 次

★【1】:山旅通信ひとり画っ展(「山のはがき絵」を毎月郵送)。
   (新作)  
★【2】:「
My Books(私の著書・単行本)
  
アマゾン・楽天ブックスでご購入できます。
★【3】:
CD単行本 (上記単行本をCDにしました)
   販売しております。
★【4】:
山と高山植物の絵はがき
 
山旅通信「ひとり画っ展」バックナンバー販売しております。
★【5】:
卓上額つき山岳画・ラミネート
 
 販売しております。
★【6】:
手彩色・高山植物加工画額入り
 
 販売しております。
★【7】:
展示用民芸イラストレンタルします
★【8】:
自治会報・個人新聞用コラム
★【9】:
手描きカマボコの板絵
★【10】:
仕事部屋
★【11】:
グッズマイショップ

……………………………………

My books

詳細はMy booksでご覧下さい。
当方でも扱っています。

  

……………………………………

 

【とよだ 時】 山と田園風物ゆ-もぁ漫画
……………………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

 

 

 

【とよだ 時】のホームページ
「峠と花と地蔵さんと…」TOPページへ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。
・人と群れること、付き合うことが苦手で、フリーになって半世紀。
いまごろになってそれが一番必要な職業だと気がついた。どうりで
生きにくかったわけだ。