【本文】のページへようこそ
メールマガジン山の歴史と伝承に遊ぶ 【ひとり画ってん】(01)

山旅通信【ひとり画展】画と文を毎月郵送)から
【とよだ 時】(山と田園の画文業・ゆ-もぁ漫画家・駄画師)

……………………………………

▼山旅通信【ひとり画展】(はがき版)845号
「北アルプス・烏帽子岳は盗人三吉岳」

【序文】

山頂に烏帽子のような岩塔がある烏帽子岳。江戸時代、信州側の木
こりの三吉が盗伐で加賀藩の役人に捕まり大騒ぎ。そのため、伐採
していた谷を三吉谷、小屋がけをしていた場所を三吉小屋場(いま
は烏帽子小屋)、烏帽子岳を三吉岳と呼んだという。
・富山県富山市と長野県大町市との境。

▼845号「北アルプス・烏帽子岳は盗人三吉岳」

【本文】

 各地に烏帽子岳(山)と呼ぶ山は多いですが、ここ北アルプスの
烏帽子岳はその中の最高峰の2628m。この山は裏銀座コース(槍
ヶ岳を目指す北側のコース)の玄関となる山。烏帽子小屋から山頂
への砂礫地帯には、高山植物のコマクサやイワギキョウ、イワツメ
クサ、ミヤマキンバイなどが生えています。

 北東側の平地には雪田が残ってたくさんの池塘になり「四十八池」
と呼ばれています。烏帽子岳から北への南沢岳、不動岳へと連なる
稜線上では砂礫地にとくにコマクサが多い。山名はこの山の山頂付
近に烏帽子の形をした岩が塔のようにそそり立ち、遠くから眺める
と烏帽子をかぶったようなところからついたものだといいます。

 長野県側の江戸中期の宝永3年(1706)東田沢村差出帳(上田藩
村明細帳)という文書には「北者組中入会之草苅場、奥山ハ水のと
う山」と記されていて、そのころは「水のとう山」と呼ばれていた
らしいという。一方越中側では、江戸後期の享和3年(1803)の奥
山御境目見通山成川成絵図に折岳(おりだけ)とあり、その後の新
川郡絵図類はよく出てくるという。

 また「三州地理誌稿」に「折嶽ハ形壁峭、故名」とあり、折岳の
意味は折って立てたような鋭峻な岩峰に由来しているそうです。こ
の奥山は樹木伐採禁止と加賀藩がお達しを出していました。

 ところが江戸後期の安永4年(1775)、信州の木こりの三吉とい
う人が、南東方にある伐採禁止の水晶岳や赤牛岳周辺で、ひそかに
木を切っている時加賀藩の役人に捕まり、大騒ぎになったことあり
ました。

 そんなことから三吉が伐採していた谷を三吉谷(東沢支谷)、小
屋がけをしていた場所を三吉小屋場(いまは烏帽子小屋が建ってい
る)、烏帽子岳を三吉岳、そして木を盗みに入ったルートを三吉道
と呼び、また赤牛岳は赤牛三吉などと呼ぶようになったそうです。

 この山も雨乞いの山。江戸中期の明和7年(1770)に大干ばつの
ためここでもほかの山とともに千駄焼きが行われたという。その後、
文政10年(1827)、文久3年(1863)などに9回もの烏帽子岳雨乞
いが行われたというのですが、効果があったのでしょうか。

 ところで烏帽子岳は1897年(明治30)代はまだ裸山で、秋草の
ころは中尾根の背からはどこまでも山なみを一望できたといいま
す。明治37、8年になり日露戦争が終わると、殖産興業、富国強兵
の政策が唱えられはじめこの山も傾斜面に植林されたのだそうで
す。

 ちなみに烏帽子小屋は1924年(大正13)に、富山県早月尾根の
登山口・島々に近い稲核(いねこき)地区の猟師だった上条文一氏
によって建てられたという。その後、小屋は息子の鉄一氏から孫の
文吾氏に受け継がれているそうです。

 また長野県側烏帽子岳に登るブナ立尾根は、その急坂から甲斐駒
ヶ岳への黒戸尾根、谷川岳への西黒尾根とともに「三大急登」に、
笠ヶ岳の笠新道、燕岳の合戦尾根とともに「北アルプスの三大急登」
のひとつにされているそうです。

▼烏帽子岳【データ】
【所在地】
・富山県富山市旧大山町各地区名(旧上新川郡大山町)と長野県大
町市との境。JR大糸線信濃大町駅の南西19キロ。JR大糸線信濃
大町駅からタクシー高瀬ダム下車さらに歩いて6時間30分で烏帽子
岳。写真測量による標高点(2628m)がある。地形図に山名と標高
点の標高の記載あり。付近に何も記載なし

【位置】
・標高点:北緯36度28分46.18秒、東経137度39分3.32秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「烏帽子岳(高山)」

【参考文献】
・『黒部の昔話」(立山黒部貫光)
・『コンサイス日本山名辞典」(三省堂)1979年(昭和54)
・『新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『角川日本地名大辞典16・富山県」坂井誠一ほか編(角川書店)
1979年(昭和54)
・『角川日本地名大辞典20・長野」(角川書店)1991年(平成3)
・『富山県山名録」橋本廣ほか(桂書房)2001年(平成13)
・『日本歴史地名大系16・富山県の地名」(平凡社)1994年(平成
6)
・『日本歴史地名大系20・長野県の地名」(平凡社)1979年(昭和54)
・『日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)




▼ご希望の方には、山旅通信【ひとり画展】を郵送しています。
 ・82円切手10枚で(はがき版)3ヶ月間お送りします。(お試しコース)
 http://toki.moo.jp/haga-kai/

 

……………………………………

下記にも関連の文が載っています。
▼発売中

山頂に必ずといっていいほどあるホコラは何だ?
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった…。
ヤマケイ新書 『日本百霊山』 税込950円 (山と渓谷社)
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−
書店にない時は店員にご注文を。
………………………
★楽天ブックス、アマゾンなら確実に入手できます)
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02

楽天ブックス


日本百霊山

……………………
▼<アマゾン 広告>
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

−【CDイラスト本】−
既刊の本をCDにしました(全部:1000円+送料消費税500円)
ご注文は下記へご連絡ください。
【時・ゆ-もぁ-と事務所】 
info@toki.moo.jp

 【目次】

★【1】:『伝説の主人公』 詳細は下記
  
http://toki.moo.jp/cd-books/den-shuji/index.html
★【2】:『丹沢・山ものがたり』 詳細は下記
     
『続・丹沢山ものがたり』 制作中
  http://toki.moo.jp/cd-books/tanzawa/index.html
★【3】:薬になる野菜 詳細は下記
  
http://toki.moo.jp/cd-books/kusuyasa/index.html
★【4】:『ふる祭歳時記』 詳細は下記
  
http://toki.moo.jp/cd-books/hurusai/mainfram.html
★【5】:『イラスト人の一生事典』

 
http://toki.moo.jp/cd-books/hitoisho/hitoisho.html
★【6】:『山の神々いらすと紀行』
 http://toki.moo.jp/cd-books/kamikiko/kamikikoh.html
★【7】:『イラスト家庭行事事典』
 
http://toki.moo.jp/cd-books/kateigyo/kateigyoji.html
★【8】:『野の本・山の本』
 http://toki.moo.jp/cd-books/nonohon/nonohon.html
★【9】:『天狗・仙人・妖怪ばなし』制作中


★その他の本は下記をご覧下さい。
 
http://toki.moo.jp/baiten

……………………………………

My booksCD本

詳細はMy booksでご覧下さい。
当方でも扱っています。

  

……………………………………

 

【とよだ 時】 山と田園風物ゆ-もぁ漫画
……………………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

 

 

 

【とよだ 時】のホームページ
「峠と花と地蔵さんと…」TOPページへ
………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。
・人と群れること、付き合うことが苦手で、フリーになって半世紀。
いまごろになってそれが一番必要な職業だと気がついた。どうりで
生きにくかったわけだ。