とよた 時発行 無料メールマガジン
「山旅漫歩゚日記」見本ページ

▼読者登録は下記からお願いします。
 ・メルマ!:http://www.melma.com/backnumber_181041/
 ・まぐまぐ:http://archive.mag2.com/0000228474/index.html
  (どちらでも結構です)

…………………………………………

▼「東北・早池峰山早池峰ウスユキソウ」

東北の名山早池峰山(1914m)は、古くからの信仰の山で「遠野
物語」にも多く取り上げられ伝説に満ちた山です。また一帯は高
山植物が咲き乱れ、とくにエーデルワイスによく似たハヤチネウ
スユキソウは有名です。

その菱形の花序は自然の造形美の極致を見るようだと評判です。
シーズンになると花好きの登山者にとって見逃せない花の一つ。

ハヤチネウスユキソウは早池峰山のここの蛇紋岩地帯だけに生え
る特産の多年草植物。花茎はやや太く高さ10から20センチ。根も
とから生える葉は線状披針形で、長さ3から8センチ。

花茎にも葉が生えており、上側は緑色、下側は灰白色の綿のよう
な毛を密生させています。苞葉は大小、5から15個もあり、星形
をしています。

花はその中に4〜8個密生させています。総苞は球形で、総苞片
には綿毛と細い毛が生えています。

8月はじめ、河原坊キャンプ場で1泊、雨上がりのテント場は水
たまりばかり。やっと乾いた場所を見つけテントを張ろうとしま
したが若いカップルのテントの近場。

「あっちににもいいところあります」と追い出されるしまつ。仕
方なく寝こごちは悪いですが湿った場所に張る羽目になりました。

翌日、山頂に向かおうとしたら山小屋の従業員が双眼鏡で山頂を
監視しています。聞けば2,3日前、高山植物を盗掘した者がい
て、駅まで追いかけとうとう捕まえてみたら某大学の教授だった
と話していました。

▼【データ】
【山名】早池峰山(はやちねさん)・早池の泉(つねに清水を八分
くらいに湛えていて、甘みがあり、不思議なことに雨が降っても
水があふれず、ひでりになっても涸れないという。ところが汚れ
た器で汲んだり、不浄を加えればたちまち水は涸れてしまう。し
かしお経を唱えて祈ればすぐに湧いてくるという。その感応の早
さから「早池峰」の名前がある)

【所在地】
【早池峰山】:岩手県花巻市大迫町(旧稗貫郡(ひえぬきぐん)大
迫町(おおはさままち)と岩手県下閉伊郡川井村と
の境。JR花巻駅からバス・川原の坊から3時間20分で早池峰山
(1913.6m一等三角点・北緯39度33分30秒、東経141度29分20秒)
2万5千分の1地形図「早池峰山(盛岡)」or「高桧山(盛岡)」(2
図葉名と重なる)(電子国土ポータルWebシステムから検索)

【山行】
・(第7日)・1989(平成1)年8月3日(木・ガスのち晴れ)探
訪:7月28日(金)〜8月6日(日)「東北の山・八幡平・岩手山・
秋田駒ヶ岳・早池峰山縦走」

【参考】
・「植物の世界・1」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「世界の植物・1」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「日本の野草」(山と渓谷社)1983年(昭和58)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)


………………………………………………………
▼読者登録
▼作者の無料メルマガ「山旅漫歩日記」。下記から読者になれます。
・メルマ!:http://www.melma.com/backnumber_181041/
・まぐまぐ:http://archive.mag2.com/0000228474/index.html
  (どちらでも結構です)

 

【My books】

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほかの本はMy booksでご覧下さい。

山岳ゆ-もぁ画
【ゆ-もあ-と】とよた 時
プロフィール

………………………………………………………………………………
http://toki.cool.ne.jp/
(山・花・峠・石仏のホームページ)