山の本【山の伝承・民俗画】(04)
とよだ 時(とよた 時改め)
山と田園の漫画家・画文ライター(駄画師)

……………………………………

今回の余計なひと言
・(酒は)朝もよし、昼もなおよし晩もよし、その合々に、チョイチョイと
よし。
                        ……ヨシ、ヨシ、ヨシ。

……………………………………

▼朝日連峰大鳥池のタキタロウ

【序文】
数万年前、まわりの山の大崩壊でせき止められて出来たとされ、他
の生物と遮断されてしまったという大鳥池。ここには「タキタロウ」
と呼ばれる幻の魚がすむといい、地元ではちょっとした話題の湖。
大鳥集落の旅館には「タキタロウまんじゅう」が出現していた。
・山形県鶴岡市朝日村

▼朝日連峰大鳥池のタキタロウ

【概略文】
大鳥池は交通が不便なため登山者か釣人しか訪れません。数万年前、
まわりの山の大崩壌で谷がせき止められ、以来他の生物と遮断され
てしまったという。

ここに幻の魚「タキタロウ」がすむという。地元の朝日村役場が学
者に調査を依頼、隊を組織して調べています。

ヒメマスなどの諸説フンプンとしていますが、地元の人はヒメマス
を放流した明治末期以前からいたといい張ります。

小学生は「オレたちのタキタロウ、絶対出てくるな」と作文に書い
ています。

ある年の8月の初め、あくまでも静かな湖水をバックに写真をとり
大鳥池をあとにします。

「何匹ものタキタロウが泳ぐ姿は雄大。十数mもの水面が動いた。
たしかにこの目で見たんだ」とマイクロバスの運転手が胸を張りま
す。

バスの着いた大鳥部落の旅館には「タキタロウまんじゅう」が出現
していたのでした。
・山形県鶴岡市
※古いことでスミマセン。1984年(昭和59)8月2日(水・晴れ)

▼このような【山の伝承通信】が、絵はがきと【本文】一緒に毎月送
られてきます。
【山の絵はがき通信】をどうぞ。1971年(昭和46)創刊
http://toki.moo.jp/haga-kai/

 

……………………………………

▼山頂にある祠はなんだ!
山の伝説・天狗、鬼、妖怪ばなしは、ほとん
どが山の神仏に関連しています。

▼発売中

【とよだ 時】の単行本:(発行元・山と渓谷社)
ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−


・アマゾンなら確実に入手できます。
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

【犬の遠吠え】

・戦争はイヤだ。
1945年(昭和20)国民学校初等科、授業中に突然のサイレン。空
襲警報だ。各自、森の中を隠れながら家に帰れという。道路でア
メリカの飛行機が追ってきたら伏せろという。あの頃勉強したかな。
               ……千葉県の下総地方でもこんなふうでした。

 

……………………………………

・山の伝承絵はがき通信
毎月ご自宅へ郵送します。
http://toki.moo.jp/haga-kai/
(山のはがき絵を描く方もどうぞ)

・【仕事部屋】へもどうぞ。
http://toki.moo.jp/tacoroom/

・【グッズマイショップ】
https://suzuri.jp/toki-umoart

 

……………………………………

▼毎回下記のページで発行しています。

http://toki.moo.jp/merumaga/nonoyama/nonoya01.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonoyama/nonoya02.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonoyama/nonoya03.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonoyama/nonoya04.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonoyama/nonoya05.html

 

……………………………………

【My books】

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほか本は【こちら】のページででご覧下さい。

 

……………………………………

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

【とよだ 時】のホームページ
「峠と花と地蔵さんと…」TOPページへ
………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・朝もよし、昼もなおよし晩もよし、その合々に、チョイチョイと
よし。
・足らぬ足らぬは 工夫が足らぬ