【野の本・山の本】(自然はともだち)(02)
とよだ 時(とよた時改め):山と農山村の風物画文

▼【野の本・山の本】は下記から配信しています。
・メルマ!から配信:http://www.melma.com/backnumber_183029/
・まぐまぐ!から配信:http://archive.mag2.com/0000089978/index.html

…………………………………

▼真っ赤なウラシマソウの実

【前文】
紅葉の山道、ヒノキの林の中に赤い粒々がギッシリ固まってついた
妙なものがあります。茎のような先についた赤い塊。枯れかけた葉
が擬茎の外側についています。どうやらウラシマソウの実のようで
す。この実は地面に落ち翌年春に芽を出しますが、地面には葉を出
さず、地下に小さな球茎をつくるだけ。2年目になってやっと地上
に葉が顔を出すそうです。
・サトイモ科テンナンショウ属の多年草

▼真っ赤なウラシマソウの実

(概略文)
紅葉と青い空のなかの山道を歩きます。ヒノキの林の中に、赤い粒
々がギッシリ固まってついた妙なものがあります。


茎のような先についた赤いかたまりはすごく目立ちます。ウラシマ
ソウかマムシグサの実です。


枯れかけた葉は、擬茎の外側に外側にとついています。どうやらウ
ラシマソウの実のようです。


この実が地面に落ち、次の年の春に芽を出しますが、地面には葉を
出さないで、地下に小さな球茎をつくるだけだとか。


2年目になってやっと地上に葉が顔を出すそうです。ウラシマソウ
の花は春に咲き、紫褐色の仏灸包から糸のようなものが長く伸びて
います。


これが浦島太郎の釣り糸に似ているので漢字で浦島草と書くのだそ
うです。


地下茎はたくさんのひげ根を生やし、小さいイモがたくさんついて
います。


この球茎を利用して漢方薬をつくります。生薬名を天南星(てんな
んしょう)というそうです。


漢方では三生飲(さんしょういん)としてアオマムシグサと共に、気
管支炎、偏(へん)桃炎、咽(いん)頭炎、凍瘡(そう)、神経痛などに
応用されるそうです。
・サトイモ科テンナンショウ属の多年草




▼拙著『野の本・山の本』(全4冊)から抜粋。
 アマゾンからご注文できます。下の広告からお入りください。
 本書での文・イラストは多少違っています。

< amazon 広告 >
カテゴリ「本のページ」
・野の本・山の本〈春〉
・野の本・山の本〈夏〉
・野の本・山の本〈秋〉
・野の本・山の本〈冬〉
と打ち込んで下さい

……………………………………
▼上記単行本をCDに焼き込んだものもあります。
こちら】のページででご覧下さい。



………………………………………………………………………………………

 

……………………………………

▼山頂にある祠はなんだ!
山の伝説・天狗、鬼、妖怪ばなしは、ほとん
どが山の神仏に関連しています。

▼発売中

【とよだ 時】の単行本:(発行元・山と渓谷社)
ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−

・アマゾンなら確実に入手できます。
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

▼毎回下記のページで発行しています。

http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon01.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon02.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon03.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon04.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon05.html

 

……………………………………

【My books】

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほか本は【こちら】のページででご覧下さい。

 

……………………………………

 

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

【とよだ 時】のホームページ
「峠と花と地蔵さんと…」TOPページへ
………………………………………………………………………………