【野の本・山の本】(自然はともだち)(01)
とよだ 時(とよた時改め):山と農山村の風物画文

▼【野の本・山の本】は下記から配信しています。
・メルマ!から配信:http://www.melma.com/backnumber_183029/
・まぐまぐ!から配信:http://archive.mag2.com/0000089978/index.html

…………………………………

▼野山の食卓「ガマズミ」

【序文】
晩秋、霜にあたると急に甘味を増すガマズミの実。朝日で赤く輝い
ています。この実を竹筒の中に入れ、シノ竹やモロコシの茎でつき
ます。そして茎についているガマズミの汁をなめます。塩を少しま
ぜて味をつけるのもよい。千葉県下総地方生まれの私の子どものこ
ろの遊びです。
・スカズラ科ガマズミ属の落葉低木。

▼野山の食卓「ガマズミ」


【概略文】
野山を歩いていると、ガマズミの実が赤く熟し、甘味を増していま
す。小さな実のひとつ、ひとつが日光に光り、とてもきれいです。


昔を思い出しているのかハイキング帰りのおじさんおばさんがニコ
ニコしながら口にほおばっては、種を吐き出しています。


ガマズミは、野生動物の格好の餌であるとともに、大昔から人間に
も食べられてきました。


そんな身近な植物なので、ジュミ、ヨツズミ、ヨードメ、シブレ、
カメガラなどたくさんの方言があります。


ガマは鎌(枝が折れにくいため、鎌などの道具の柄に使用)。ズミ
は酸っぱ実の意味です。


木の皮を沈静剤に、葉をお茶として利用する地方もあるそうです。
ガマズミを使って(種が少しじゃまですが)、ドーナツ、ジャム、
ケーキ、また果実酒に利用したりします。


ガマズミの実は2,3回霜にあたると急に甘くなります。
・スカズラ科ガマズミ属の落葉低木




▼拙著『野の本・山の本』(全4冊)から抜粋。
 アマゾンからご注文できます。下の広告からお入りください。
 本書での文・イラストは多少違っています。

< amazon 広告 >
カテゴリ「本のページ」
・野の本・山の本〈春〉
・野の本・山の本〈夏〉
・野の本・山の本〈秋〉
・野の本・山の本〈冬〉
と打ち込んで下さい

……………………………………
▼上記単行本をCDに焼き込んだものもあります。
こちら】のページででご覧下さい。



………………………………………………………………………………………

 

……………………………………

▼山頂にある祠はなんだ!
山の伝説・天狗、鬼、妖怪ばなしは、ほとん
どが山の神仏に関連しています。

▼発売中

【とよだ 時】の単行本:(発行元・山と渓谷社)
ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−

・アマゾンなら確実に入手できます。
下記の広告からお入りください。

 

……………………………………

▼毎回下記のページで発行しています。

http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon01.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon02.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon03.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon04.html
http://toki.moo.jp/merumaga/nonohon/nohon05.html

 

……………………………………

【My books】

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほか本は【こちら】のページででご覧下さい。

 

……………………………………

 

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

【とよだ 時】のホームページ
「峠と花と地蔵さんと…」TOPページへ
………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………