【野の本・山の本】(08)
【いなかの神さま仏さま】
とよだ 時:山岳漫画家・田園風物

……………………………………

▼高尾山の天狗

【序文】
南北朝時代の永和年間、俊源大徳という偉いお坊さんが高尾山にや
ってきて、山中の滝で修行をしていました。疲れてウトウトした時
夢の中に飯縄権現が現れました。その像をまつって本尊とし、修験
道の道場としたといいます。この飯縄権現は長野県飯縄山の天狗・
飯綱三郎の分家格。白狐に乗った荼吉尼天の姿です。

高尾山の天狗


【概略文】400字
東京都民の山・高尾山には真言宗薬王院があります。この寺は真言
宗の関東三山のひとつに数えられています。


南北朝時代、俊源大徳が修行中夢で飯縄権現を感得し,その像をま
つって本尊としたといいます。


この飯縄権現は、長野県飯縄山の天狗・飯綱三郎の分家格で白狐に
乗った荼吉尼天の姿です。


室町時代末期、日本画家の狩野元信が「かっこいい」、鼻の高い山
伏姿の天狗を描き出しました。


以来、各地の天狗信奉者が次々に、いままでの天狗の姿からこの大
天狗の姿に乗り換えてしまいました。


そんな中で飯縄系の山々は昔のまま、本尊は白狐に乗った荼吉尼天
姿をしています。


しかしいま一般の人にとっては、天狗といえば赤ら顔の鼻の高い、
高下駄を履いた山伏姿をイメージします。


そこで駅やお寺の境内には鼻高天狗を置いてあります。
・東京都八王子市。

★【本文】は下記につづく。




『伝説の主人公たち』に所収
山の伝説の主人公として登場する神や峠の石仏・妖怪から天狗の
食べ物まで

<広告 >

『伝説の主人公たち』
CD−R書籍(単独)
1000円(送料とも)


 

……………………………………
▼ご注文や、ほかの単行本CD情報は【こちら】のページを
ご覧下さい。




…………………………………………………………………………………

 

……………………………………

▼発売中

【とよだ 時】の単行本:(発行元・山と渓谷社)
ヤマケイ新書 『日本百霊山』  税込950円
−伝承と神話でたどる日本人の心の山−

★漫画家が書いた「霊山の天狗・仙人・鬼・妖怪ばなし」

・アマゾンなら確実に入手できます。
下記広告からお入りください。

< amazon 広告 >

 

……………………………………

・【山のはがき絵】を描いてみませんか。
  【山岳はがき画の会】
http://toki.moo.jp/haga-kai/

・【仕事部屋】
へもどうぞ。
http://toki.moo.jp/tacoroom/

 

……………………………………

▼最新号は下記のページで交互に発行しています。

http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami01.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami02.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami03.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami04.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami05.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami06.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami07.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami08.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami09.html
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami10.html

 

……………………………………

【My books】

・アマゾンで入手できます。下記の広告からお入りください。

こちらもアマゾンです。
イラストふるさと祭事記 \2098

このほか本は【こちら】のページででご覧下さい。

 

……………………………………

 

 

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会
プロフィール

 

TOPページ
………………………………………………………………………………………………