(フェイスブック・ツイッター・mixi・メールマガジン・ブログ)

【本文】のページ 山の伝説伝承
山旅通信【ひとり画展】02) 【とよだ 時】

……………………………………
▼山旅【画展】984号「長野県戸隠・鬼無里一夜山」

【簡略文】140字
 要害堅固、風光絶佳のこの地を、時の帝が都に定めようと計画を
たてました。しかしここにすんでいた鬼たちにとっては、自分たち
の居所がなくなってしまいます。そこで戸隠山と戸倉山の間の、こ
の里の真ん中に別の山を一夜のうちに築き上げました。そのため遷
都は中止になりました。この山は一夜山と呼ばれているという。
・長野県長野市鬼無里地区

▼山旅【画展】984号「長野県戸隠・鬼無里一夜山」

・【説明本文】
 戸隠連峰の西岳が北から南へ、第一峰、第二峰、第三峰と高度を
落とし、標高1400m付近で終わると、すぐ南にくっきり立ち上が
る一夜山(1562m)があります。

 このあたりは長野市旧鬼無里村。かつては閉ざされた秘境であっ
たという。いまは奥裾花渓谷(日本百景)や、ミズバショウ大群落
の奥裾花自然園(日本の秘境100選)が有名です。ここは鬼女紅葉
の伝説でも有名です。

 その昔、京の都から流されてきた呉葉(くれは・のちに紅葉に改
名した)という美しい高貴な女性がこの里に落ち着きました。彼女
は里人に、なにかにつけ京での生活を懐かしそうに話していました。
里長(さとおさ)は、京を懐かしむ紅葉の心を察して、村内に加茂
川、東京(ひがしきょう)、西京(にしきょう)、高尾、二条、四条
など、京にある地名をつけてやったという。

 しかし、紅葉は自分を慕う純朴な村民の心を利用、妖術を使って
旅人を襲って、豪勢な暮らしをする鬼女に変身してしまいました。
このうわさはやがて京の都にまで伝えられ、朝廷は平維茂(これも
ち)に征伐を命じました。維茂は鬼女を退治、それからは「鬼の無
い里」となったという。

 一夜山の山頂は360度の展望で、一夜大明神の石祠と鳥居があり
ます。また1989年(平成1)に建てられた「鬼女紅葉生誕一千年
祭の碑」も建っています。紅葉は鬼女として平維茂に討たれはした
ものの、京の文化をこの地方に伝え、また村人に慕われ、村名の由
来にもなっています。この里を世に知らしめ、高貴で美貌と才芸の
紅葉の生誕1000年祭にあたり、報恩感謝の意を表し、これを建て
たということらしい。

 この一夜山にもこんな伝説があります。「昔から風光明媚のこの
村は、四方が峻峰の取り囲まれて、要塞堅固の地であったため、天
武天皇は都をここに移そうと計画した。ところがこの地に棲む鬼共
が、この仙境に都を定められては自分たちの棲み家が亡くなる。な
んとか遷都の邪魔をしなければ、と一夜にしてこの山を築き上げて
妨害しました。

 天皇はやむなく遷都を思い止まりました。しかし、その後天皇は
鬼共の行為をいたく憎み、後に阿倍比羅夫(あべのひらふ)という
人に命じて一夜山の鬼共を残らず退治したといいます。一夜山はこ
の時以来、一夜山(ひとよやま)、または夜出山(よんでさん)と
も呼ばれている(「鬼無里村史」)というのです。

 『日本伝説叢書・信濃の巻』(第三〇)にはもっと詳しく記され
ています。「鬼無里村は戸隠山の奧にあって、四方峻峰を持って囲
まれ、要害堅固の土地であるばかりでなく、山麓を流るる鬼無里川
の水は清く、風光また絶佳であると聞こえたので、都の地をお調べ
になっておいでの時の帝 [此帝は、桓武(かんむ)天皇であった
とも冷泉(れいぜい)天皇であったとも、天武(てんむ)天皇であ
ったとも言いはれてゐる、…

 …桓武(かんむ)天皇は坂上田村麻呂に、冷泉天皇は平継茂(こ
れもち)に、天武天皇は阿倍比羅夫(あべのひらふ)に遷都を妨害
した鬼を退治せしめた] は、この土地を都にお定めならうと、 [「日
本書紀」巻二十八(巻二十九の間違いか?)に「天武天皇十三年六
月遣三野王小錦下采女臣筑羅等信濃之地形看、将都是地歟。」…

 …而今不詳其所、と見えるもの、或はこの時でではなかったか。]
すっかり、この里の御設計を終へさせさせられた。ところが、そ
の頃、此山に棲んでゐた鬼共は、「この仙境に都などを建てられて
見ろ第一自分達の居所が無くなってしまふ。これは、何しろ、とて
つもない邪魔を入れて遷都を思ひ止まらせるより外はない。」と一
夜(ひとよ)の中(うち)に、戸隠山と戸倉山との間、丁度此里の
真中どころに、別の山を築き上げた。…

 …かうした妨害は、全く功を奏して、帝も、余儀なく遷都を御中
止なされるやうになった。かうした事から、一夜(ひとよ)のうち
に、此里の中央部に造り出された山であるので、一夜山(ひとよや
ま)と呼ばれてゐるのであるといふ。その、此地方に、東京、西京、
府政(ふせい)などの名が残ってゐるのは、時の帝が、御設計あそ
ばした形見となってゐるところだと言はれてゐる。」とあります。

 これによると、鬼無里に都を造ろうとした天皇は、「桓武(かん
む)天皇」(第50代・在位781〜806年)、「冷泉(れいぜい)天皇」
(第63代・在位967〜969年)、「天武(てんむ)天皇」(第40代
・在位673〜686年)などの説があったようです。

 また『日本書紀』(巻第二十九)には、「天武天皇下、十三年(684)
二月(きさらぎ)の、…。庚辰(かのえたつのひ)(28日)に…、
都つくるべき地(ところ)を視占(み)(ママ・視察)しめたまふ。
是の日に、三野王(みののおほきみ)・小錦下采女臣筑羅等(せう
きむげうねめのおみつくらら)を信濃に遣して、地形(ところのあ
りかた)を看(み)しめたまふ。…

 …是の地に都つくらむとするか。…十三年閏(685)四月、壬辰
(みずのえたつのひ)(11日)に、三野王(みののおほきみ)等、
信濃国の図(かた)(地図)を進(たてまつ)れり」とあり、すで
に都を建てるところの地図まで用意させていたようです。

 また別の山名由来に、一夜山の名は、昔、西岳霊窟めぐりをして
いた修験者が、この山の東麓に建っている西清寺を3番目の宿坊と
しました。太平寺の次の第4番夜(だけの1夜)を泊まって修行を
した山なのでその名があるという。さて、

 一夜山には、戸隠山の北東にある九頭竜山にちなんだ伝説もあり
ます。「昔、戸隠村の代官が、九頭竜山の山神を見たいといって奥
山に登っていきました。すると向こうから美しい娘がやってきます。
はて、こんな山中で、見たこともない娘だ。九頭竜山の神かも知れ
ないと、娘を捕らえようとしました。すると娘は笑いながら、口か
ら火を吐き出しました。

 代官はほうほうの体で逃げ帰りました。それからは、恐ろしさの
あまり近寄りませんでしたが、しばらくしてこんどは戸隠山の種ヶ
池のほとりで、こりもせず「九頭竜の神、そなたに魔性があるなら
わしのこの身を隠して見ろ」と叫びました。すると、たちまち池は
渦巻き、代官を水底に巻き込んでしまいました。

 それからのち、この代官の息子が眠っていると、夢のなかに九頭
竜の神が姿をあらわし、「わしの本体を見たいとお前の親父は命ま
で捧げている。その子であるお前にわしの本体を見せて進ぜよう。
夜が明けたら一夜山を見るがいい」といい残して消えました。

 息子は不思議な夢にいぶかりながら、夜明けに一夜山を見てみて
驚きました。ナント、9頭の竜が一夜山を七巻き半巻いていたとい
うことです。一夜山山ろくの裾花川源流には、「木曾殿アブキ」と
よばれる間口50m、奥行き13mの大洞窟があります。ここは木曾
義仲が、越後に逃れる時、数百頭の馬と郎党とともに留まったとい
う伝説があるという。ちょっと文が長すぎたかな。


▼戸隠鬼無里一夜山
【所在地】
・長野県長野市鬼無里地区(旧鬼無里村)。新幹線長野駅からバス、
財又停留所下車、さらに歩いて3時間20分で一夜山。三等三角点(1
562.0m)がある。山頂に一夜大明神の祠と鳥居、無線中継塔が2
つある。地形図上には山名(一夜山)と三角点の記号とその標高の
み記載。
【位置】
・三角点:北緯36度43分22.16秒、東経137度59分21.83秒
【地図】
・2万5千分1地形図名:塩島


▼【参考文献】
・『信州山岳百科3』(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)
・『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本書紀』720年(養老4):岩波文庫『日本書紀5』(校注・
坂本太郎ほか)(岩波書店)1995年(平成7)
・『日本伝説叢書・信濃の巻』藤沢衛彦 編著(すばる書房)1977
年(昭和52):日本伝説叢書刊行会大正6年刊の複製:国会図書館
・『日本伝説大系7・中部』(長野・静岡・愛知・岐阜)岡部由文ほ
か(みずうみ書房)1982年(昭和57)
・『日本伝説名彙』(にほんでんせつめいい)柳田国男監修(日本放
送出版協会)1950年(昭和25)
・『日本歴史地名大系20・長野県の地名』(平凡社)1979年(昭和54)

…………………
▼山の伝説・神々と未確認生物(天狗、仙人、鬼、妖怪)。
・山旅通信ひとり画っ展

…………………
▼【広告】(書店で発売中)
妖怪・鬼・天狗などはみな神サマ。村人は山に神をまつった。
ヤマケイ新書日本百霊山 税込968円 (山と渓谷社)
★いかにもというタイトルですが、中身は陽気な山の怪々本です。

アマゾン、楽天ブック、紀伊国屋書店スなら確実に入手できます
▼<アマゾン 広告>
日本百霊山 伝承と神話でたどる日本人の心の山 (ヤマケイ新書)
▼<楽天ブックス 広告>
https://books.rakuten.co.jp/rb/14400530/?l-id=c-as-img-02
▼<紀伊国屋書店 広告>
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0353002

…………………
▼パソコンで読む、こんなCDブックあります
新・丹沢山ものがたり(山と渓谷社既刊のものに大幅加筆改訂)
全国の山・天狗ばなし(各地の山々に君臨する愛すべき妖怪天狗)
新・山の神々いらすと紀行(東京新聞・「岳人」に連載したものの改訂版)
新・ふるさとの神々何でも事典既刊の改訂版、奇神・変神・おもしろ神
家庭行事なんでも事典(既刊を改訂・元旦から除夜の鐘までの意味と由来)
健康(クスリになる)野菜と果物(主婦と生活社既刊のものに加筆改訂)
ひとの一生なんでも事典(既刊改訂版・一風変わった冠婚葬祭の本)
ふるさと祭事記・歳時記(既刊改訂版・忘れていたふるさとの祭りや行事)
野の本・山の本(春夏秋冬全4巻)(誠文堂新光社)
・山旅通信【ひとり画ってんの会(毎月、山のイラスト通信を郵送)

…………………
【とよだ 時】 山の伝説伝承探査・民俗画・まん画
山旅通信【ひとり画っ展】発行
U-moあ-と】すたじお
山旅はがき画の会
from 20/10/2000


02アクセス数

TOPページ
……………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………
・名のある人の恥知らず、名も無きわれら恥を知る。
・酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄。