イラスト紀行「いなかの神さま仏さま・上」(山の神・峠の神仏)

●推薦文 谷 有二(山岳文化史研究家)
行く雲、流れる水のように野山を歩き続ける「山の絵師」がいる。
それは「時さん」だ。この飄々たるスタイルの絵師は、一人、山中
で夜の闇を迎える時、神を感じるという。軽妙な画風と洒脱な解説
は、すでに、「山の伝承小事典」としての境地を確立している。
世の中がどう変わろうとも、山の神や妖怪が絶対に存在しているこ
とは、「時さん」と彼らの対話によって、私達に伝えられるのであ
る。
さあ、「時さん」と一緒に不思議な空間を歩こう。

………………………………………………………

………………………………………………………

●目次

●第1章・山・谷・峠の神と怪物

★01
雨乞いの神 ・02温泉神(▽仮文) ★03金精神 ★04蔵王権現 ★05水神
★06
峠神 ★07一言主の神 ★08人捜しの神 ★09風神 ★10夜叉神
・11山姥(▽仮文) ★12
山の神 ★13山彦 ★14山宮里宮 ★15雷神 ・16竜神(▽仮文)
・17薮神 ・18森神 ・19川神


●第2章・山の妖怪

★01
一本ダタラ ★02河童神 ★03ダイダラ坊 ★04妙義山のダイダラ坊
・05荒船山のダイダラ坊 ・06八ヶ岳のダイダラ坊 ・07手長足長
・08鳥海山の手長足長 ・09磐梯山の手長足長 ・10土蜘蛛 ★11
猫又神
・12山人怪人 ・13庚申山の怪人 ・14茅ヶ岳の怪人 ・15雪女


●第3章・鬼神

★01
鬼神 ★02房総鹿野山の鬼 ★03東北岩手山の鬼
★04
長野有明山の魏石鬼 ・05北ア常念岳の常念坊 ・06安達ヶ原の鬼女
・07戸隠山の鬼女紅葉 ★08
大峰山前鬼後鬼 ・09京都大江山の酒呑童子
・10三重/滋賀県鈴鹿峠の鬼


●第4章・天狗神

★01
天狗のはじまり ★02天狗のいろいろ ★03不思議な女性天狗
・04河童天狗円光坊 ★05
鼻高天狗と飯縄天狗
・06天狗のお経「天狗経」 ★07
日本八天狗 ★08三兄弟/京都愛宕山太郎坊
・09三兄弟/滋賀比良山次郎坊 ★10三兄弟/
長野飯綱三郎
★11首都圏/
東京高尾山の天狗 ★12首都圏/奥多摩御岳山の天狗
★13首都圏/
箱根の天狗 ★14首都圏/丹沢大山の天狗 ★15首都圏/秩父の天狗
★16
富士山の天狗 ・17東北/青森恐山の天狗 ★18東北/岩手山と遠野の天狗
★19関東/
日光の天狗 ★20関東/赤城山の天狗 ★21関東/妙義山の天狗たち
・22北アルプス/立山の天狗 ・23木曽御嶽山の天狗 ・24北陸/白山の天狗
★25
伊吹山飛行上人 ・26京都/鞍馬山の天狗 ・27京都/魔王大僧正
・28京都/僧正坊と鞍馬十天狗 ・29奈良/葛城山と吉野の天狗 ・30和歌山/高野山の天狗
・31四国の天狗 ・32九州の天狗 ★33天狗の生活/食べ物
★34天狗の仕業か「太平記」の記述 ★35山移り


●第5章・仙人

★01
仙人とは ・02仙人の階級 ・03陽勝仙人 ・04浦島太郎神
・★05役行者(えんのぎょうじゃ) ・★06久米の仙人
・07竿打(さおうち)仙人 ・08武内宿禰(たけのうちのすくね)
・09泰澄(たいちょう)上人 ・10日本武尊(やまとけるのみこと)
・11都藍尼(とらんに) ・12八百比丘尼(はっぴゃくびくに)


●第6章・動物の神

・01狼神 ・02蛙神 ・03カラス神 ・04狐神 ・05熊神 ・06猿神
・07鹿の神 ・08狸神 ★09
野槌神(ツチノコ) ・10犬神  ・11牛神
・12馬神 ・13鶏神 ・14猫神


●第7章・偉人・英雄神

・01弘法大師 ・02惟喬親王(これたかしんのう) ・03金太郎神
・04坂上田村麻呂(さかのうえのたむまろ) ・05聖徳太子
・06徐福(じょふく) ・07為朝神 ・08蜂子王子(はちこのおうじ)
・09弓削道鏡(ゆげのどうきょう) ・10畠山重忠
・11普寛(ふかん)行者 ・12将門神 ・13都良香(みやこのよしか)
・14以仁王(もちひとおう) ・15桃太郎神 ・16義経神 ・17義仲神
・18物くさ(物臭)大神 ・19頼政(よりまさ)神 ・20安徳天皇
・21実盛(さねもり)神


●第8章・草木の神

・01サカキ ・02シキミ ・03杉の神 ・04松の神


●第9章・路傍の石碑

・01石神 ★02
要石(かなめいし) ・03甲子(きのえね)
★04
庚申塔(こうしんとう) ・05青面金剛(しょうめんこんごう)
★06
百庚申(ひゃくこうしん) ・07金比羅(こんぴら)宮
・08猿田彦(さるだひこ)神 ・09地神(じがみ)
・10十王(じゅうおう) ・11日待(ひまち)塔
・12★
月待(つきまち) ・13十五夜  ★14二十三夜塔
・15月待塔01(三日月十三夜十四夜十六夜)
・16月待塔02(七夜十七夜十八夜十九夜廿日夜二十一夜二十二夜)
★17
月待塔03(二十四夜二十五夜二十六夜二十七夜二十八夜二十九夜)
・18巳待(みまち)塔 ・19天社神(てんしゃじん)
★20
道祖神(どうそじん) ★21馬頭観音 ・22出羽三山供養塔
・23木曽御嶽講碑 ・24富士講


あとがき


参考文献


さくいん


日本の年号一覧


略歴・奥付

本文・イラスト/とよた 時

1〜8

 

 

……………………………………………………

 

【とよだ 時】 山の漫画文著作
…………………………………
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

 

 

…………………………………………………………………………………………………

(目次終わり)