とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼681号「熊野古道十津川村五百瀬の腰抜田」

【概略】
南北朝時代、南朝・後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王の家来・村上
義光は、芋瀬の荘司の家来を田んぼの中に投げ飛ばし、親王の錦の
御旗を奪い返した。投げ飛ばされた家来はそのまま腰を抜かしてし
まった。以来そこを腰抜田といっているという。
・奈良県十津川村五百瀬

▼681号「熊野古道十津川村五百瀬の腰抜田」

【本文】
2004年(平成16)に世界遺産に登録された熊野古道。その高野山
から熊野本宮に続く小辺路(こへじ)・奈良県十津川村五百瀬(芋
瀬・いもぜ)地区に腰抜田(こしぬけだ)という石碑があります。

ここは南北朝時代、南朝・後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王(お
おとうのみやもりながしんのう・法名尊雲・1308〜35)が鎌倉幕府方
から逃れて、吉野へ落ちる時に通ったところという。

1332年(元弘2)後醍醐天皇が隠岐に流されたころ還俗した
親王は、幕府の追及を逃れて大和、紀伊辺りに潜行し、ここ
紀伊果無山脈から十津川村辺りを逃避行をつづけておりまし
た。

その途中、十津川の芋瀬の荘司(しょうじ・荘園の管理者)に助け
を頼みましたが、すでに幕府から護良親王追討との達しが届いてい
ました。芋瀬の庄司は、宮を自分の屋敷へは入れず、そばにあるお
堂へ案内しておいてから、使者を通じて申し入れました。

『太平記』(巻第五)によれば、「三山(熊野三山)の別当(神社の
経営管理を行う)定遍(じょうべん・僧都)、武命を含んで(幕府
の命令をおびて)、隠謀(おんぼう)与党の輩(ともがら)をば関
東へ注進つかまつる事(告発いたしておりますから)にて候へば、
この道よりさう無く通しまゐらせん事(このままでお通し申し上げ
ることは)、後の罪科陳謝(ちんじゃ)するによんどころ有るべか
らず候ふ。

さりながら宮を留めまゐらせん事は、その恐れ候へば、御供の人々
の中に、名字さりぬべからんずる人を一両人賜って、武家へ召し渡
し候ふか(幕府へ突き出すことにしますか)、しからずんば(さも
なければ)御紋の旗を賜って、合戦つかまつって候ひつる支証(証
拠)これにて候ふと、武家へ申すべきにて候ふ。

この二つの間いづれも叶ふまじきとの御意にて候はば、力無く(や
むなく)一矢(いっし・一戦)つかまつらんずるにて候ふ」と、誠
にまた余儀もなげにぞ(とりつくしまもなく)申し入れたりける。
…」と続きます。

つまり、芋瀬の庄司がいうには、「熊野三山の別当定遍が鎌倉の命
によってこの地を守り、陰謀に加わった人々を取り締まっておりま
すから、今、宮をたやすくお通しすれば、後日、鎌倉からお咎めの
あった時申し開きが出来ません。

しかし、宮をお止めするのも畏れ多いことですから、お供の衆の中
で名の知れた者を2人お渡し願って鎌倉へ差し出すか、それとも、
ご紋のついた旗をいただき、私どもが合戦でうばい取ったというこ
とにして報告するか、…どちらもできないとの仰せあれば…一戦す
るよりほかはありません」と、とりつくしまもない答えです。

大塔宮は、どちらも難題だと思って、あえて返事をしませんでした
が、平賀三郎が末席からすすみ出て申しました。「私ごときが、か
ようなことを申し上げるのは不躾でございますが、二つのうちの比
較的容易な方をとり、御旗だけをお与えなさるのが良策かとぞんぜ
られます。」

大塔宮は、平賀三郎の意見をもっともだと思ったので、日月を金銀
で打ちつけた錦の御旗を芋瀬の庄司にお渡しになって、なんとか無
事に最初の難関を通過することができました。

ところが、そのあとへ、ひと足遅れて宮の一行を追って急いできた
村上彦四郎義光(よしてる)が来合わせて芋瀬の庄司とばったり出
会いました。ふと、芋瀬の配下の持っている旗を見ると、紛れもな
い大塔宮の御旗でした。不審に思った義光が問いただすと、芋瀬は
御旗を手に入れた、先のいきさつを説明しました。

その話を聞いて突然、烈火のように怒った義光は、「これはいった
い何事だ、汝らごとき賤(いや)しい輩(やから)が、畏れ多くも
皇子様が朝敵征討にお出かけになる道筋を遮って、このような無礼
なまねをしてよいと思うのか!」。

と叫んだかと思うと、御旗をひったくり、旗を持っていた大男を、
わしづかみにして4、5丈ばかりも投げとばし、錦の御旗を奪い
返しました。

その怪力に怖じ気をふるった芋瀬の庄司は、手向かいどころか、口
をきくことさえできませんでした。家来はそのまま腰を抜かし動
けなかったので、そこを腰抜田というようになったということで
す。しかし現地の田んぼは明治22(1889)年、水害に遭い、いま
は川底に没してしまっています。

▼腰抜田【データ】
★【所在地】
・奈良県吉野郡十津川村五百瀬。JR和歌山線五条駅から奈良交通
バス上野地下車、十津川村営バス乗り換え、三浦口停留所下車歩い
て20分で腰抜田。地形図上には何も記載なし
★【位置】
・腰抜田:北緯34度02分9.54秒、東経135度41分35.29秒
★【地図】
・旧2万5千分の1地形図「伯母子岳(和歌山)」
★【山行】
・某年4月4日(日曜日・雨くもり)
★【参考文献】
・『太平記』(第五巻):『太平記』(一)兵藤裕己校注(岩波
書店)2016年(平成28)
・『太平記』(巻第五):現代語版『太平記』(河出書房)1961年(昭
和36)
・『日本伝奇伝説大事典」編者・乾勝己ほか(角川書店)1990
年(平成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

山旅イラスト【ひとり画通信】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】