山の歴史と伝承に遊ぶ 【ひとり画ってん】

山旅通信【ひとり画展】とよだ 時

……………………………………

▼001号 「大菩薩峠・三つの峠と石丸峠」

【序文】140字
ここには明治になってから開かれたいまの大菩薩峠(新峠)と丹波
大菩薩峠、小菅大菩薩峠の三つの峠がある。丹波大菩薩峠は、旧大
菩薩峠(いまの賽の河原)をいっており現在は廃道になっている。
小菅大菩薩峠が小菅村へ下る、いまの石丸峠だという。
・山梨県甲州市塩山と小菅村の境。

▼001号 大菩薩峠・三つの峠と石丸峠

【本文】

 山梨県の北東部(甲州市と小菅村との境)に大菩薩峠があります。
中里介山の小説、その名も『大菩薩峠』で有名な峠で、同県北都留
郡丹波山村へ続いています。この大菩薩には峠が三つあるといいま
す。
 いまの大菩薩峠は明治時代につくられた新しい峠だといいます。
もともとあった旧峠は、大菩薩嶺手前のガラ場で親不知とか賽ノ河
原とも呼ばれるところ。そこは冬は風雪がはげしく、遭難がつづい
て1876年(明治9)に新しい峠がつくられました。
 旧大菩薩峠は丹波(たば)大菩薩峠ともいい、現在は廃道になっ
ています。そのほかに小菅大菩薩峠というのがあります。これは東
麓の小菅村へ下る、いまでいう石丸峠(いしまるとうげ・1930m)
のことだといいます。
 なるほど、この道は大菩薩館から小屋平、八十八曲がり、石丸峠
を越えて牛ノ寝を通り小菅に達しています。昔、村人は丹波大菩薩
峠(旧峠)を上峠、小菅大菩薩峠(石丸峠)を下峠と呼んでいたそ
うです。
 さて、この石丸峠の名は後世に宛字したものであるという説があ
ります。かつてこの峠には、子授けの神としてのりっぱな石碑があ
り、子供がほしい女性たちが次々と願をかけに登ってきたといいま
す。
 この石碑はいまはなく、大菩薩館への途中に3代めという石碑が
あります。そばに字がはげて読めなくなった塩山ライオンズクラブ
の説明版が建っています(1983年当時)。
 このことから石丸峠は、本来石魔羅(いしまら)峠の意味だとい
う。それがいまの峠名になっているのは、モノがモノなのでその言
葉をはばかり、石丸峠の字を当てているというのです。しかし、江
戸時代の甲斐国の地誌『甲斐国志』には石魔羅峠の文字が見あたり
ません。これについて明治時代の登山家で、日本登山界の大先達の
小暮理太郎は『大菩薩連嶺瞥見(べっけん)』のなかで、反論して
います。
 「(当て字してあるという説の)石丸峠については疑がある。甲
斐国志の編輯に際して頒布された触書の箇条の中に「古ク申伝候噺
物語何ニテモ其村々ニ有来候雑談之類慥(たしか)ナラザル事ニテ
モ其所之老人共ニモ兼テ承置(ママ)廻村之節申可聞候。」(※各村へ
出したお触れに、どんな伝説、雑談の類も書き止めるようにとあり)
という項目もあるほどであるから、若し陽物に似た岩があって、地
方的に非常に尊崇され、その側を通じている峠道がその名で呼ばれ
ているならば、決して書上に洩らす筈がない……。…(中略)…。
 昔の人は素朴であったから、たとえそれが陽物の信仰であっても、
当時の一般の風習であって見れば、何等怪しむこともないばかりか
寧ろ進んで書き出したに相違ない。国志の編者としても同じ時代の
人である。この好資料を全然握り潰すとは思われない。
 あからさまに書くことをはばかったにしても、かようの形の石が
あって俚人から崇められ、峠までもその名で俗称されているという
程度の記事はあって然るべきである。…(中略)…。(この信仰が
いつごろはじまったか)なお探求を要すべき事柄であろう。」とい
うのです。
 いまでも性的信仰に基づいたお祭りが各地にあり、堂々と催され
ているのは広く知られています。確かに地誌である『甲斐国志』に
記載がないのは不思議です。
 さて、子どもたちがまだ小さかったころのある年の4月初旬、家
族連れで大菩薩新峠から石丸峠を訪れました。新峠から入り熊沢山
あたりから吹雪になって目も開けていられません。出会った人はガ
イドブックのコースタイムを調査をしているという男性ひとり。吹
雪の中石丸峠から先へ行くといいます。
 家族連れの私たちはここから急きょ下山道に入りエスケープ。途
中の石碑に参拝して上日川峠に避難したのでありました。ふもとに
近づくにつれ、雪も小やみになってきました。子供たちもホットし
たのか、傘をくるくる回しながら歌を歌いはじめていました。

▼【データ】
★【所在地】
・山梨県甲州市塩山(旧同県塩山市)と山梨県北都留郡小菅村との
境。中央線塩山駅の北東10キロ。JR中央本線塩山駅からバス大菩
薩登山口から歩いて3時間半で石丸峠。地形図に峠名のみ記載。標
高なし。

★【位置】
・北緯35度43分50.71秒、東経138度51分33.74秒

★【地図】
・2万5千分の1地形図「大菩薩峠(甲府)」

★【参考】
・『アルパインガイド・35』羽賀正太郎(山と渓谷社)1979年(昭
和54)版
・「エリアマップ・山と高原地図・23」(塚田正信著)昭文社(昭
和56年版)
・『甲斐国志』(松平定能(まさ)編集)1814(文化11年):(「大日
本地誌大系」(雄山閣)1973年(昭和48)所収
・『角川日本地名大辞典19・山梨県』磯貝正義ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「大菩薩瞥見」小暮理太郎:『日本山岳風土記・3』(宝文館)19
60年(昭和35)所収
・「大菩薩連嶺」岩科小一郎著(朋文堂刊):「あしなか・249」(山
村民俗の会)所収

……………………………………

 

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

山旅通信【ひとり画展】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/