とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

971 奥多摩・市道山
972 奥秩父・小川山
973 八ヶ岳・硫黄岳
974 京都愛宕山・天狗集会
975 房総・保田見嵯峨山
976 北ア・毛勝三山猫又山
977 北ア・白馬西方猫又山
978 小海線沿線・御座山(おぐらやま)
979 朝日連峰・天狗角力取山
980 奥多摩・蕎麦粒山

……………………………………………………………

▼971号 「奥多摩・市道山」

奥多摩の市道山は戸倉三山のひとつ。市道山とは、昔、五日市町の
市へ通う道があったのが山名の由来。周辺の村の人々は骨休みの日
になると、「市ゆき姿」という改まった様相をして、市で交易する
生産物を背負って、五日市町で開催される市に出かけたという。
・東京都あきる野市と檜原村との境。

……………………………………………………………

▼972号 「奥秩父・小川山」

小川山は、『日本名勝地誌』に「風景絶佳なるにもあらず」とある
ようにこれといって特徴がない山。しかしフリークライミングのゲ
レンデときたら、「お殿様岩」、「お姫様岩」、また登攀ルートにも「天
まであがれ」、「クレイジー・ジャム」、「レタス畑でつかまって」な
どおとぎ話に出てくるような夢のある名前がついています。
・山梨県北杜市と長野県川上村にまたがる。

……………………………………………………………

▼973号 「八ヶ岳・硫黄岳」

硫黄岳の山名は硫黄を産出したことに由来。北側鞍部にある夏沢峠
は、江戸時代に諏訪の村人がこを越えて佐久に下り、秩父の三峰神
社へ参拝するために利用した峠。また岩壁下の本沢温泉は冬の半年
間、留守番を残して下山。春行ってみると、寂しさに耐えかね、留
守番が無事でいたためしがなかったという。
・長野県茅野市と南牧村の境。

……………………………………………………………

▼974号 「京都愛宕山・天狗集会」

樹林の中のただのピークだったこの山も里山人気が増すにつれ、
県外からも大勢訪れているという。さて、富津市側では嵯峨山、
南側の鋸南町方面では毛無山と呼んでいたという。内房線大貫駅付
近の旧吉野村にある嵯峨山と区別して保田見嵯峨山というらしい。
・千葉県鋸南町と富津市との境。

……………………………………………………………

▼975号「房総・保田見嵯峨山」

天狗が一番活躍したのは南北朝時代。『太平記』の仁和寺六本杉の
評定事件、また京都愛宕山で大規模な天狗集会などがありました。
その時の評定通りになり、室町幕府は大混乱。「観応の擾乱」など
は、天狗たちが相談した結果だといわれています。
・京都府京都市右京区嵯峨愛宕町。

……………………………………………………………

▼976号 「北ア・毛勝三山猫又山」

北アルプス剱岳の裏から見る絶景ポイント赤谷山。そのすぐ北西に
猫又山という山があります。黒部川の西、富山側に位置する毛勝三
山のひとつ。その西面の猫又谷には人を襲う野生の猫がいるとおそ
れられ、猫又谷の名がつけられました。猫又山の名はその谷の名か
らきています。
・富山県魚津市、黒部市、上市町にまたがる。

……………………………………………………………

▼977号 「北ア・白馬西方猫又山」

高山植物で有名な白馬岳の西方に猫又山(2308m)があり、すぐ
そばに猫ノ踊場(2217.5m)というピークがあります。明治に小杉
復堂が発表した「遊大蓮華山記」に、猫又山の山名について、猫ノ
躍場というところがあり、「藩命をおびた猟者が、踊っている一丈
余りの金華猫を撃ち殺したことに因む」と書いています。
・富山県黒部市宇奈月町旧地区。

……………………………………………………………

▼978号 「小海線沿線・御座山(おぐらやま)」

JR小海線小海駅の南東13キロにある御座山は、おぐらやま・お
ぐらさんと読み、標高2112.3mと長野県佐久山地の最高峰。南麓
の南相木村ではかつては小倉山と書かれ、ほかに燕岳ともいうそう
です。「佐久の幽境」とか、「佐久の幽巒(ゆうらん)」といわれ、
佐久の景勝のひとつにもなっています。
・長野県南佐久郡南相木村と同郡北相木村にまたがる。

……………………………………………………………

▼979号 「朝日連峰・天狗角力取山」

山を歩いていると、「天狗」という字のついた地名を多く見かけま
す。ここ東北朝日連峰の主稜線のほぼ中央、寒江山近くに「天狗角
力取山」という山があります。この山頂には、3間(約5mあまり)
四方ほどの平らな砂利場があり、これが天狗が相撲をとる土俵だと
いう。
・山形県東田川郡朝日村と西村山郡西川町にまたがる。

……………………………………………………………

▼980号 「奥多摩・蕎麦粒山」

東京都の奥座敷といわれる奥多摩。そのJR奥多摩駅のちょうど
真北、埼玉県秩父市との境に蕎麦粒山(そばつぶやま)という山
があります。この山は標高は1473mとさほど高くはありませんが、
行程が長くあなどれません。この山は三角山とか火打山とも呼ば
れるという。
・東京都奥多摩町と埼玉県秩父市にまたがる。

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ