とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

961 信濃富士・有明山の伝説
962 八溝山・金鉱跡と八岐大蛇
963  京都府・大江山と酒呑童子
964 比叡山と菅公(菅原道真)の怨霊
965 生駒山・役ノ行者と夫婦鬼
966 京都愛宕山・インドの魔王天狗と太郎坊
967 山梨県セーメーバン山と安倍清明
968 大峰山・八経ヶ岳と役行者
969 後立山連峰大黒岳・鉱山物語
970 神奈川県古い岩・石老山

……………………………………………………………

▼961号 「信濃富士・有明山の伝説」

「なにを思案の有明山に小首かしげて出たわらび」と安曇節にも
歌われ、その形から信濃富士とも呼ばれる山。ここにも天の岩戸
伝説があり、手力雄命が岩戸を開いて、世の中が明るくなったの
で有明山というそうです。魏石鬼を田村麻呂が退治したという伝
説もあります。
・長野県安曇野市と松川村にまたがる。

……………………………………………………………

▼962号 「八溝山・金鉱跡と八岐大蛇」

八溝山には八岐大蛇がすむという。退治するよう朝廷から勅命を受
けた那須の国造は、かねてから聞いていた伝説の神馬天津速駒を探
し、乗鞍岳から天安鞍を、立山から天広盾を、槍ヶ岳から天日矛を
借り、とうとう大蛇を退治できたという。
・茨城県大子(だいご)町、栃木県大田原市と、福島県棚倉町と
の境。

……………………………………………………………

▼963号 「京都府・大江山と酒呑童子」

酒呑童子の大江山には鬼退治伝説が2つあります。ひとつは、用明
天皇第3皇子麻呂子親王伝説で、もうひとつは御伽草子の『酒呑童
子』などで知られる源頼光伝説です。頼光伝説はこの山に砦を造り、
付近の農民を苦しめた酒呑童子を頼光らの6人が討ったという物
語。同じ伝説が京都市の大枝山にもあり、混同されることが多いよ
うです。
・京都府大江町と加悦町との境。

……………………………………………………………

▼964号 「比叡山と菅公(菅原道真)の怨霊」

いまも続いている比叡山の千日回峰行。平安時代、相応和尚が始
めたという。菅原道真の怨霊が、藤原時平一派への怨みをはらす
ため、天皇のいる御所を大雷雨で荒らすので、若いときの師・比
叡山の座主尊意僧正に邪魔をしないよう懇願に行ったという話も
あります。
・滋賀県大津市と京都府京都市の境。

……………………………………………………………

▼965号「生駒山・役ノ行者と夫婦鬼」

山腹には「生駒の聖天さん」の名で親しまれる宝山寺があり、山頂
には遊園地もある観光地生駒山。奈良県側、大阪府側山ろくには鬼
取山鶴林寺や髪切山慈光寺があり、役ノ行者が2匹の夫婦鬼、前鬼
後鬼を捕まえ髪を切って改心させた地でもあります。
・大阪府東大阪市と奈良県生駒市にまたがる。

……………………………………………………………

▼966号 「京都愛宕山・インドの魔王天狗と太郎坊」

この山には日本一の大天狗「愛宕山栄術太郎坊」がいることになっ
ています。その元の姿は、聖徳太子の学問の師であった日羅(にち
ら)(6世紀朝鮮半島の百済の王に仕えた日本人)だとも、インド
からきた魔王天狗を従伏したときの縁で、泰澄大師(雲遍上人)が
この天狗に変身したなどの説もあります。
・京都府京都市右京区嵯峨愛宕町。

……………………………………………………………

▼967号 「山梨県セーメーバン山と安倍清明」

「水の便が悪く田や畑をつくれない」という村人の声を聞いた安倍
清明。「明日の朝までに山の向こう側を流れる水を尾根を削ってこ
ちらに引いてやる」と約束。しかし、岩殿山の鬼にだまされ失敗。
くやしくてくやしくて「キリキリ」いいながら、近くの峰(セーメ
ーバン山)で憤死していたという。
・山梨県大月市。

……………………………………………………………

▼968号 「大峰山・八経ヶ岳と役行者」

八経ヶ岳は、八剣山、八剣岳、仏経ヶ岳、経ヶ岳などとも呼ばれ
ます。役行者が法華経8巻を埋めたところという。大峰山は役行
者が修行しながら、7回生まれ変わったところ。667年(飛鳥時代)
に、行者小角が八経ヶ岳で自分の第3生の遺骸を見つけた話が古
書にあります。
・奈良県天川村と上北山村の境。

……………………………………………………………

▼969号 「後立山連峰大黒岳・鉱山物語」

後立山連峰の大黒岳は、大糸線の白馬駅あたりから眺めると大黒さ
が俵の上に座っている姿に似ています。そのため大黒の名があると
う。黒部川方面へ少し下った餓鬼谷の上流には大黒鉱山跡があり、
までも残りかすが散乱し赤茶けて台地が残っています。
長野県白馬村と富山県黒部市との境。

……………………………………………………………

▼970号 「神奈川県古い岩・石老山」

相模湖に影を映す石老山。この山は山の中にある寺・石老山顕鏡寺
の山号からきているという。寺の名はこの山には古い石群がたくさ
んあるため石老山。寺の草創伝説の銀の鏡にちなみ顕鏡寺。そして
寺の号をとってこの山を石老山と呼ぶようになったという。
・神奈川県相模湖町と藤野町の境。

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ