とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

911 高山植物・イワイチョウ
912 北ア白馬大雪渓・白馬岳乗馬登山
913 奥高尾・陣馬山と武田勝頼
914 茨城県・筑波山
915 静岡県伊豆・天城山の万二万三郎伝説
916 東北出羽三山・月山と芭蕉と仙人
917 福島県・会津駒ヶ岳と以仁王
918 群馬県至仏山・至仏色はココア色
919 赤城山の天狗伝説
920 羊蹄山はギシギシ山

……………………………………………………………

▼911号 「高山植物・イワイチョウ」

イワイチョウは「岩公孫樹」で葉っぱの形がイチョウに似ている
(??)ところからついた名だといいます。「イワ」は岩のあるよ
うなところにあるからといいます。また一名ミズイチョウともいう
そうです。ミズは「水」で、やはり生える場所を表したものだそう
です。星形の白い5弁の花を上向きにつけます。

……………………………………………………………

▼912号 「北ア白馬大雪渓・白馬岳乗馬登山」

白馬大雪渓は全長3.5キロ標高差600m。夏でも冷蔵庫の中のよう
に涼しくお花畑もあって登山者に人気があります。ここを軍馬に
乗ったまま、軍人たちが駆け上がり白馬岳へ登ったという。軍国
主義の時代とはいえ、21人もが馬もろともゾロゾロと大切な大雪
渓を駆け上がるとは許せないですよね。

……………………………………………………………

▼913号 「奥高尾・陣馬山と武田勝頼」

高尾山北西の陣馬(場)山は、裏高尾、奥高尾などとも呼ばれ、
また東京側では案下嶺ともいったという。山頂は広く台地には白
馬像が建っています。山名には諸説ありますが戦国時代、武田信
玄の子の武田勝頼方が武州に軍を進め、北条氏照の居城滝山城を
攻めた時ここに陣を張ったという説があります。「陣張山」から「陣
場山」になり、次第に「陣馬山」になったのですね。

……………………………………………………………

▼914号 「茨城県・筑波山」

「西に富士がね、東に筑波」と江戸の人々に親しまれた筑波山。親
神を邪険にした富士の神、筑波の神は丁重にもてなしたため筑波山
はいつまでも繁栄できる…。筑波山はなにかと富士山に対し競争意
識が働いているようです。ここにいるという筑波法印天狗は関東で
最も古く、修験者が唱えるお経「天狗経」にも登場する超大物天
狗。しかし、いまのように観光化された山になっては天狗の「て」
の気配もありません。

……………………………………………………………

▼915号「静岡県伊豆・天城山の万二万三郎伝説」

天城山に天城山という山はなく、山地の総称で、ふつうは主峰の万
三郎岳(1405.3m)と万二郎岳(1299m)をいうそうです。万二
郎岳、万三郎岳にはそれぞれに万二郎坊、万三郎坊という名前の天
狗の兄弟がすんでいるらしい。主峰の万三郎岳にすむ万三郎坊が兄
で、低い方の万二郎岳にすむ万二郎坊が弟だという。この兄弟は仲
がよく「八丁の池」で水浴びしたり、万二郎岳にある「天狗の土俵
場」で相撲をとって遊ぶという。

……………………………………………………………

▼916号 「東北出羽三山・月山と芭蕉と仙人」

夏スキーで知られた月山。山頂にある月山神社に月読之命がまつら
れているのが山名の由来だという。羽黒山、湯殿山と出羽三山の中
でも一番古くから崇められていた山だそうです。仏ヶ原、弥陀ヶ原
には高山植物が咲き乱れ、とくに山頂付近のクロユリの群生は見事
です。

……………………………………………………………

▼917号 「福島県・会津駒ヶ岳と以仁王」

福島県の会津駒ヶ岳は、やはり雪形からきた山名。それは雪が溶
けたあとの黒い駒の形と、残雪の白い形、それに独楽の形(独楽
ヶ岳)の雪形もあるという。ふもとには、平家倒滅宇治川ノ合戦
で敗れた高倉宮以仁王が、実は生きていて越後へ逃れるために尾
瀬を通ってやってきたという伝説もあります。
・福島県南会津郡檜枝岐村。

……………………………………………………………

▼918号 「群馬県至仏山・至仏色はココア色」

尾瀬ヶ原をはさんで、北東に燧ヶ岳、北西に至仏山とふたつの山は、
好一対をなす秀峰として並び称される火山。至仏山は大正時代、登
る道がなくてムジナ沢(渋ッ沢)沿いに登ったので、その「シブツ
沢」から来たのではともいいます。この沢の岩は、赤泥をなすり付
けたような暗赤色でココアに近い色だという。江戸時代後半の文書
には「四仏山」とも書かれたそうです。
・群馬県利根郡みなかみ町(旧利根郡水上町)と群馬県利根郡片品
村との境。

……………………………………………………………

▼919号 「赤城山の天狗伝説」

赤城山は赤き山。日光男体山の神との戦いに敗れた赤城神の血で
山が赤く染まり、その名がついたという。この日光男体山との神
争いや、榛名山との神争いの伝説は有名ですが、そのほか天狗話
もあります。ここにすむ杉ノ坊天狗は、和歌山県の興国寺(法燈
寺)を一晩で再建したという。この伝説は、群馬県側と和歌山県
側にも伝わっているから不思議です。この天狗は、天狗になる前
は「了儒」という行者ではないかという。これは赤城山で一度も
下山せずに30年あまりも修行した神業の行者だという。

……………………………………………………………

▼920号 「羊蹄山はギシギシ山」

北海道の羊蹄山は、野草のギシギシの漢名の羊蹄(し)の山だとい
う。なるほど、ギシギシの葉(くさび形)は羊の蹄に似ています。
もとは後方羊蹄山(しりべしやま)といったそうです。後方は「し
りへ」で羊蹄は「し」と読みます。ルーツは『日本書紀』の斉明天
皇五年の項にある「後方羊蹄」だという。しかし本当の場所は未だ
に不明。
・北海道後志庁虻田郡ニセコ町と倶知安町(くっちゃんちょう)、
京極町、喜茂別町、真狩村の境。

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ