とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

851 高山植物・ハクサンイチゲ
852 尾瀬燧ヶ岳と火打ち石
853 北ア・燕岳とツバメ娘
854 佐々成政とクロユリ
855 岩手山座頭清水・鬼と大蛇
856 高山植物・イワギキョウ
857 日光・男体山の家族の出典
858 山の妖怪・天狗のはじまり
859 御坂山海・節刀ヶ岳はホオジロ山
860 高山植物」・ヨツバシオガマ

……………………………………………………………

▼851号 「高山植物・ハクサンイチゲ」

高山のお花畑に散らばるハクサンイチゲの白い花々。漢字で白山一
華(花)、北陸の白山で発見、名前をつけたという。白い花びらの
ようなものはがく片。本当の花はうち側にあるもの。花弁はなく、
黄色いたくさんあるのは雄しべだという。雌しべも多数。
・キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

……………………………………………………………

▼852号 「尾瀬燧ヶ岳と火打ち石」

燧ヶ岳は火打ヶ岳。昔、火種を切らして困っていた村びとの前に
不思議な老人が火打ち石を持って現れ、火のつけ方を教え姿を消
した。村びとはあの老人は、そびえる山の神に違いないと燧ヶ岳
と名づけたという。いまでも檜枝岐川の上流では真っ赤な石が流
れてくることがあるという。
・福島県南会津郡檜枝岐村。

……………………………………………………………

▼853号 「北ア・燕岳とツバメ娘」

親元を離れて住む娘。化粧などでグズグズしていたため、お寺に
着いたときはすでに母親の棺は埋葬されていた。「遅かった」。娘
は泣きながら埋めた場所の土を掘り、食いはじめた。娘の体がだ
んだんツバメの姿になっていった。そのためツバメはいまも土を
食べている。娘の体は燕岳になったという。
・長野県安曇野市穂高(旧南安曇郡穂高町)と大町市との境。

……………………………………………………………

▼854号 「佐々成政とクロユリ」

富山の佐々成政は、北政所にクロユリを献上しました。しかし、そ
れがきっかげで九州肥後へ失脚。さらに、赴任先の一揆の責任をと
らされ、秀吉に切腹を命じられてしまったのです。こうして佐々家
は滅亡してしまいました。これは、不義密通のぬれぎぬで、成政に
殺された腰元早百合の呪いのせいだいう話です。
・ユリ科バイモ属の多年草。

……………………………………………………………

▼855号「岩手山座頭清水・鬼と大蛇」

岩手山北麓の7ヶ所の湧水群は、岩手山の「蛇竜の滝」のヌシ・蛇
竜の王の頭のあとだという。七つの頭を持つ蛇竜の王は、地中をこ
こまでもぐってきて頭をもたげたこの七ヶ所から突然清水が湧き出
て名水になりました。そこで「蛇が頭を出した所」なので「蛇頭」、
それがなまって座頭清水になったという。
・岩手県雫石町と同県八幡平市・同県滝沢村との境。

……………………………………………………………

▼856号 「高山植物・イワギキョウ」

イワギキョウは、その名のように高い山の岩壁の割れ目や岩礫地に
咲く高山植物。明るいコバルトブルーの花で斜め上向きのカップ状、
先の広い鐘形。よく似たチシマギキョウは同じような場所を好むが
一緒にならないようすみ分けているという。花もチシマギキョウは
横向きに咲く。・キキョウ科ホタルブクロ属の多年草。

……………………………………………………………

▼857号 「日光・男体山の家族の出典」

日光男体山・女峰山を中心とする大ファミリー。林羅山の「二荒
山神伝」や「日光山縁起」の物語から発展させたストーリーらし
いという。大真名子山、小真名子山、太郎山、小太郎山、山王帽
子山、赤薙山、丸山、帝釈山、三岳、白峰山、前白峰山といまで
は一族の連峰家族は13座にもなっている。
・栃木県日光市。

……………………………………………………………

▼858号 「山の妖怪・天狗のはじまり」

日本で最初の天狗の記録は『日本書紀』。飛鳥時代、都の空に突然
大彗星が現われた。不安がる人々に僧の旻が、「これはあまつきつ
ねなり」といったという。当時はみな、くちばしのとがった毛むく
じゃらのカラス天狗。いまのように鼻の高い山伏姿の天狗があらわ
れたのは室町末期からだという。

……………………………………………………………

▼859号 「御坂山海・節刀ヶ岳はホオジロ山」

雄大な富士山を眺めながら縦走する御坂山塊のほぼ中央に節刀ヶ岳
という山がある。節刀ヶ岳と書いてせっとうがたけ(せっちょうが
たけ)。節刀はセッチョウの当て字で、鳥の「ホオジロ」。それほど
ホオジロがたくさんすみついているらしい。
・山梨県笛吹市と同県富士河口湖町との境。

……………………………………………………………

▼860号 「高山植物」・ヨツバシオガマ」

「高山植物・ヨツバシオガマ」
高山の草原に咲くヨツバシオガマ。節ごとに4枚ずつ輪生する葉。
数層に4つずつ輪生する紅紫色の花。くちばしのように細長くとが
るヨツバシオガマ。葉まで(浜で)がおもむきがあり、まるで宮城
県の塩竃のようだというのでついた名だという。
・ゴマノハグサ科シオガマギク属の高山の草原に生える多年草。

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ