とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

841 山の花・ヤマトリカブト
842 南ア・三伏峠特産サンプクリンドウ
843 槍に延びる滑走路・双六岳
844 日光でUFOと出逢った行者
845 北ア・帽子をかぶったような烏帽子岳
846 房総の沢・七ツ釜とスイセン畑
847 奥日光・女房奪われやけのやんぱち白根山
848 丹沢・富士山を隠す大室山
849 八ヶ岳・富士山との背比べと、でえらん坊とクロユリ
850 高山植物・シナノキンバイ

……………………………………………………………

▼841号 「山の花・ヤマトリカブト」

秋の山でよく見かける青紫色の花のヤマトリカブト。トリブトは
鳥兜。花の形が烏帽子のようなのでついた名。トリカブトにも性
格がありサンヨウブシのように毒のない種もあり、同じ種でも地
方により毒の力に違いがあるという。ホソバトリカブト、ナンタ
イブシ、タカネトリカブトなどのように高山植物もある。
・キンポウゲ科トリカブト属の多年草。

……………………………………………………………

▼842号 「南ア・三伏峠特産サンプクリンドウ」

南アルプス三伏峠で発見されたのでサンプクリンドウ。以前はこの
峠付近の荒川岳、千枚岳にしか生えていないとされていたが、1987
年に八ヶ岳でも見つかった。9月、山が紅葉のころに咲きだし、花
の直径1センチと小さいのでなかなか気がつかない。
・リンドウ科サンプクリンドウ属の2年草。
・長野県下伊那郡大鹿村と静岡県静岡市葵区との境。

……………………………………………………………

▼843号 「槍に延びる滑走路・双六岳」

山名は西側双六谷から。双六とは「四五六」がなまったものだと
か、この谷にある双六の盤面に似た岩からきたという説も。山頂
の台地は岩礫の荒野に草が点在、まるで西部劇の舞台のよう。別
名・双六飛行場。南東に真っ直ぐ延びる滑走路は槍ヶ岳へ向かって
います。
・長野県大町市と岐阜県高山市との境。

……………………………………………………………

▼844号 「日光でUFOと出逢った行者」

鎌倉時代、宗吽院第19世管主義山法印が日光の山奥で修行中、空
から光り輝く白い雲のような物が降りてきたという。中から異人が
あらわれ義山に不思議な法を伝授。それからは義山は歳をとらなく
なり、また雲や雨風を自由自在に扱えたという。1318(文保2)年
(118歳)まで長生きしたという。
【本文】は下記にあります。

……………………………………………………………

▼845号「北ア・帽子をかぶったような烏帽子岳」

山頂に烏帽子のような岩塔がある烏帽子岳。江戸時代、信州側の木
こりの三吉が盗伐で加賀藩の役人に捕まり大騒ぎ。そのため、伐採
していた谷を三吉谷、小屋がけをしていた場所を三吉小屋場(いま
は烏帽子小屋)、烏帽子岳を三吉岳と呼んだ。
・富山県富山市と長野県大町市との境。

……………………………………………………………

▼846号 「房総の沢・七ツ釜とスイセン畑」

冬でも沢歩きができる房総。その中でも富津市梨沢にある七ツ釜は
人気の沢。大きな滝を越えて沢を詰めると一面に広がる水仙の香り。
あこがれのスイセン畑にとうとうテントを張って一晩過ごす事がで
きた。最近は道標もでき、結構人気の沢だという。
・千葉県富津市。

……………………………………………………………

▼847号 「奥日光・女房奪われやけのやんぱち白根山」

奥日光にデンと構える白根山。その前にある前白根山は子どもだと
いう。しかし、白根山の妻は金精山に奪われたというからただごと
ではない。それ以来白根山は爆発をくり返す暴れ山になったという。
さらには峠に金精さまをまつる絶倫山。こんどは男体山の女房・女
峰山をねらっているという。
・栃木県日光市と群馬県片品村との境。

……………………………………………………………

▼848号 「丹沢・富士山を隠す大室山」

八王子近郊や相模原北部側から富士山方面を見ると、手前にに大室
山が横たわり富士山を隠してしまうので「富士隠し」の異名がある
という。江戸時代の地誌『甲斐國志』や、地元役場発行の『道志七
里』などにも記載され昔からいわれていたようです。
・神奈川県山北町と山梨県道志村との境。

……………………………………………………………

▼849号 「八ヶ岳・富士山との背比べと、でえらん坊とクロユリ」

大昔、八ヶ岳は富士山より高かったという。ある時八ヶ岳の女神と
富士山の開耶姫の姉妹が判定を阿弥陀さまに頼み背比べをした。と
ころが富士山が負けてしまった。口惜しがった開耶姫は八ヶ岳を蹴
飛ばした。すると八ヶ岳は砕けて八つの峰になってしまったという
から、開耶姫の足も大したものだ。
・長野県茅野市と同県諏訪郡富士見町、同県南佐久郡南牧村と山梨
県北杜市大泉町(旧北巨摩郡大泉村)、同県北杜市高根町(旧北巨
摩郡高根町)との境。

……………………………………………………………

▼850号 「高山植物・シナノキンバイ」

高山のお花畑でよくみかけるシナノキンバイ。よく目立つ黄金の
花びらのようなのは、実はがくで広倒卵形の形をしていて杯のよ
うにも見える。がく片は5〜7枚。茎の高さ30〜50センチ。根元
には枯れた古い葉鞘の繊維が残る。南限は北陸の白山、南限は北
海道の夕張岳あたりだという。

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ