とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

781 奥武蔵・多峯主山とハンノウザサ
782 中ア木曽駒と御嶽山麓・寝覚ノ床
783 神奈川県・箱根駒ヶ岳と神山
784 山の植物・げんこつコブシの花
785 奥秩父金峰山と奈良吉野の金峰山
786 北ア・三俣蓮華岳は熊の山
787 東京の山・高尾山
788 東北鳥海山・鶴間池と黒百合姫
789 奥秩父・両神山は神の山
790 野山の花・ノカンゾウ

……………………………………………………………

▼781号 「奥武蔵・多峯主山とハンノウザサ」

数多い周囲の山の中でも主峰という多峯主山。ここにあるハンノウ
ザサは牧野富太郎が発見・命名した固有の種だという。しかし、現
在アズマザサと同一種と考えられていて図鑑には載っていません。
でも命名されたのはこちらの方が早いというので「ハンノウザサ」
の名を使う研究者もいるという。
・埼玉県飯能市

……………………………………………………………

▼782号 「中ア木曽駒と御嶽山麓・寝覚ノ床」

竜宮城へ婿入りした太郎はにわかに故郷が恋しくなり、乙姫・太郎
そろって里帰り。途中たどりついた木曽山中。現世にもどれば些細
なことが不満になり夫婦げんか。乙姫は去り、華やかな夢からいま
目覚めた浦島太郎。ささやかな庵を結び想い出にふけり余生を送っ
たという。
・長野県上松町

……………………………………………………………

▼783号 「神奈川県・箱根駒ヶ岳と神山」

箱根火山は三重火山。外側を囲む古期外輪山と、内側を囲む新期外
輪山、その内側に中央火口岳の駒ヶ岳などがならぶ。神山から駒ヶ
岳の鞍部への下りはぬかるみの細くえぐれた悪路。やっと登りにな
ったとたん凍った雪道。山頂箱根元宮は風が強く、寒くて食事もま
まならなかった。
・神奈川県箱根町

……………………………………………………………

▼784号 「山の植物・げんこつコブシの花」

春山の帰り、林道で見かけるコブシの白い花。そっくり返り、ねじ
れたりしながら。村人は「田打ちザクラ」と呼び「コブシの花の多
い年は豊作」ともいうそうです。コブシは拳でゲンコツのことだと
いう。ねじれた花びらを人間の拳に見たてたとも、ツボミの形から
とも、ゴツゴツの袋果の形からだとも…。

……………………………………………………………

▼785号「奥秩父金峰山と奈良吉野の金峰山」

甲斐金桜神社の由緒では文武天皇の時代(飛鳥時代)に大和金峰山
より蔵王権現を勧請したという。長野県側の金峰山縁起にも同じこ
ろ役行者が蔵王権現に分身をこの山に移すとのお告げを受けたとの
記述。どちらがどちらの記述に合わせたか。
・山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村との境

……………………………………………………………

▼786号 「北ア・三俣蓮華岳は熊の山」

飛騨の猟師がクマノイ(熊の肝、胆嚢)のつもりでレンゲ肝(肝臓)
を食べた。それを見た信州の猟師たちが大笑い。レンゲ喰み、レン
ゲ喰みの岳、レンゲ岳といっていたのをガイド上条嘉門次が日本山
岳会の長老に話し三俣蓮華岳になったという(富山県山名録)。
・岐阜県・長野県・富山県境

……………………………………………………………

▼787号 「東京の山・高尾山」

高尾山は年間の登山者数250万人を超えるという。これは富士山や
エベレストを遥かに越え世界一を誇ります。ここの天狗は長野県飯
縄山の飯縄権現だという。明治以降、牧野富太郎博士をはじめ、多
くの研究者によって新しい植物がこの山で発見、発表されているそ
うです。
・東京都八王子市

……………………………………………………………

▼788号 「東北鳥海山・鶴間池と黒百合姫」

美しき小百合姫。父の無念を晴らすべく池の竜神に願をかけた。翌
年希望通り山百合は黒百合になって咲いた。さては本願成就疑いな
し。姫たちは宿敵仁賀保の城にせまった。すると戦わずして降伏と
両手をつく当家の嫡男。あの春の朧の一夜に契った、あげ羽の蝶の
君だった。
・山形酒田市

……………………………………………………………

▼789号 「奥秩父・両神山は神の山」

両神山は岩峰の山。山頂の剣ヶ峰に立てば360度の展望。両神山
・八日見山・竜頭(りゅうかみ)山・鋸岳などの名がある。八日見
のヨ(ヤ)ウカミはヤオカミのことで、ヤは八、オカミはオロチ(大
蛇・高?、闇?で雨乞いの神)。八つの頭を持つ竜神だという。
・埼玉県小鹿野町と秩父市との境

……………………………………………………………

▼790号 「野山の花・ノカンゾウ」

バス停から登山口まで里道を歩く。原野の夏草が茂ったなかに目立
つ橙赤色のノカンゾウの花。ノカンゾウは野萱草。上向きのラッパ
のような花は下から順に咲く。昼間だけ咲き夕方にはしぼむ一日花。
湿ったところに多くニッコウキスゲ(ゼンテイカ)に近い仲間。
・ユリ科ワスレグサ属の多年草

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ