とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

771 奥秩父・金峰山に放されたライチョウ
772 奥武蔵・武甲山にフジとマツは育たない(2)
773 埼玉県奥武蔵・天覧山と能仁寺
774 奥多摩・三頭山は七ツ石の将門を射たところ
775 南ア・夜叉神峠と夜叉
776 山道にマツカサ・マツカサ遊び
777 秩父御岳山と木曽御嶽山
778 富士山と富士見西行
779 尾瀬・鳩待峠と八幡太郎源義家
780 深山のイチゴ・ミヤマフジイチゴ

……………………………………………………………

▼771号 「奥秩父・金峰山に放されたライチョウ」

ライチョウの数を増やそうと富士山に放したのをまね、山梨県の林
政課が南ア北岳から一つがいと、ひな3羽を金峰山に放したことが
ある。しかし12年後の1979年(昭和54)に目撃情報とフンなど
が確認されて以来、情報は途絶えた。失敗だったらしい。
・山梨県甲府市と長野県川上村との境

……………………………………………………………

▼772号 「奥武蔵・武甲山にフジとマツは育たない(2)」

昔、武甲山にすむ山姥が、子連れの村人から子どもを隠して食べた
りして悪事を重ねていた。そこへやってきた行基菩薩は法力で山姥
を捕らえた。身動きできない山姥は悔しまぎれに「この山に松とフ
ジは生えるな」と叫んだ。それからは両方とも生えなくなったとい
う。
・埼玉県秩父市と横瀬町

……………………………………………………………

▼773号 「埼玉県奥武蔵・天覧山と能仁寺」

天覧山は飯能の市街・奥多摩・奥武蔵など低山とは思えぬ眺望。山
名は明治天皇が陸軍の演習をこの山で統轄監督したことによるとい
う。また五代将軍綱吉が病気の時、生母桂昌院が南麓の能仁寺に祈
願。全快の礼に奉納した十六羅漢像がいまも登山道で迎えてくれる。
・埼玉県飯能市

……………………………………………………………

▼774号 「奥多摩・三頭山は七ツ石の将門を射たところ」

雲取山からつづく石尾根の七ツ石の7つの岩は、将門と影武者ら
7人の姿だという。承平天慶の乱の時、将門を追って三頭山まで
きた田原藤太は、はるか彼方の七ッ石山に将門らしき人影を発見、
得意の強弓を「キリリ」と引きしぼりました。矢はねらい違わず
将門に命中したという。ちょっとしたミサイルですね。
・東京都と山梨県の境

……………………………………………………………

▼775号「南ア・夜叉神峠と夜叉」

夜叉峠には荒ぶる神夜叉神をまつる石祠があり、峠の名はこの神か
ら来ているという。また異説もありこの付近には、床柱や挽き物細
工に使うヤシャブシという木が生えており、このヤシャブシ林の「り
ん」が「ジン」になまってヤシャジンになったともいわれているそ
うな。
・山梨県南アルプス市

……………………………………………………………

▼776号 「山道にマツカサ・マツカサ遊び」

緑色のマツカサが、登山道に散らばっています。リスが食事したあ
とに違いありません。マツカサを見ていると子どものころのイタズ
ラ遊びを思い出します。カラのマツカサをひろってきて、のりやマ
ッチ棒で人形などを作りました。でもたいがいはうまくいかず途中
でほったらかしたものでしたが。

……………………………………………………………

▼777号 「秩父御岳山と木曽御嶽山」

秩父御岳山は江戸中期の修験者・普寛行者が開いた山。普寛は木曽
御嶽山の王滝口を開いた行者。そのためこの山も御岳山ですが、秩
父にあるため秩父御岳山。普寛行者は「御嶽教」の教祖でもあり、
腹痛の妙薬「木曽百草」の創始者でもあります。
・埼玉県秩父市と小鹿野町との境

……………………………………………………………

▼778号 「富士山と富士見西行」

めでたいとされる富士山。不二・不尽・蓬莱などの異名を持ち「寿
山不二」とも書く。また、西行は「風になびく富士のけぶりの空に
消えて行方も知らぬわが思ひかな」と歌い、かつては「墨衣の僧が
網代笠や杖を手に富士山を見ている図は即「富士見西行」だと、誰
も分かる一般常識だったという。

……………………………………………………………

▼779号 「尾瀬・鳩待峠と八幡太郎源義家」

鳩待峠はその昔、八幡太郎義家がこの峠を越える時、鳩を放して吉
凶を占ったのが由来という。義家に関する伝説は利根郡には多い。
また別の話もある。村人は冬は炭やきで山小屋で寝泊まり。里の田
や畑の仕事がはじまる春が待ち遠しい。山鳩が鳴き始める春を待つ
峠。
・群馬県片品村

……………………………………………………………

▼780号 「深山のイチゴ・ミヤマフジイチゴ」

冬の日だまりハイクで時々見つけるフユイチゴ。その仲間にミヤマ
フユイチゴがあり、やはり赤く熟し甘くてよく食べられています。
名前は深山(みやま)に生えるフユイチゴだとか。フユイチゴに似
ていて、いたるところでフユイチゴと雑種をつくるそうです。
・バラ科キイチゴ属の常緑小低木

 

初期作品・ひとり画展目次
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ