とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

711 山の自然観察・ツルリンドウの実
712 北ア立山・雄山のお花畑の由来
713 山の自然観察・冬を忍ぶスイカズラ
714 白山御前峰の天狗・白峰大僧正
715 北ア立山・雄山の一、二、三ノ越
716 山で会う花・胡蝶のシャガ
717 木曽御嶽山六合目・ある日の田の原
718 東京奥多摩雲取山・うわさの天狗祠
719 山で会う花・ヤマオダマキ
720 北陸白山・千蛇ヶ池

……………………………………………………………

▼711号 「山の自然観察・ツルリンドウの実」

山中で見つける赤く熟したツルリンドウの実。つるは線のように細
長くのび、他の低い草木にからまって生長、左巻きに巻きつく。か
らまるものがないと自分の葉に巻きついたりする。疲労回復、滋養
強壮、風邪にもよいという。
・リンドウ科ツルリンドウ属の多年生つる草

……………………………………………………………

▼712号 「北ア立山・雄山のお花畑の由来」

立山雄山山頂付近で咲き誇る高山植物。ここはもと悪さをする大蛇
たちがすむ千蛇ヶ池だった。立山権現は大蛇たちに草花の種をまか
せ池の中にもぐらせた。権現は池の上に毎日大雪を降らせ雪の下に
永久に封じ込めた。やがて雪が溶けまいた花が咲き、いまのお花畑
になったという。
・富山県立山町

……………………………………………………………

▼713号 「山の自然観察・冬を忍ぶスイカズラ」

寒い冬の真っ最中にスイカズラの葉が枝先で越冬中。丸く巻き込ん
でいるのは寒さを防いでいるのだとのこと。冬を堪え忍ぶというの
で忍冬(にんどう)の名もあります。花には甘いがあり、子供たち
が吸うという。スイカズラのスイは「吸い」だったのです。・スイ
カズラ科スイカズラ属の多年生つる植物

……………………………………………………………

▼714号 「白山御前峰の天狗・白峰大僧正」

白山は御前峰、大汝峰、剣ヶ峰の3峰の総称で、これらの峰から少
し離れた南方に別山がある。奈良時代、越ノ大徳とも呼ばれる泰澄
大徳が弟子の臥行者と浄定行者を連れて開いたという。のち、泰澄
上人は御前峰にとどまり白峰大僧正という天狗になって白山全体を
守っているという。
・石川県白山市と岐阜県大野郡白川村との境

……………………………………………………………

▼715号「北ア立山・雄山の一、二、三ノ越」

北アルプスの立山雄山に一ノ越という乗越(のっこし)があります。
山はふつう一合目、二合目、三合目と登り十合目が頂上です。しか
し立山では一ノ越、二ノ越、三ノ越と登っていくのだそうです。山
を仏さまの姿に見立てての呼び方なのだそうです。
・富山県立山町

……………………………………………………………

▼716号 「山で会う花・胡蝶のシャガ」

シャガの名は漢名の射干(シャカン)を日本読みにしてシャガにし
たという。ところがまずいことに、中国での射干は日本のアヤメ科
のヒオウギ属のヒオウギのことになってしまうというから困りま
す。日本のアヤメ科の中ではただひとつの常緑葉の植物だそうです。
・アヤメ科アヤメ属の常緑多年草

……………………………………………………………

▼717号 「木曽御嶽山六合目・ある日の田の原」

昭和54(1979)年突然爆発、いまでも噴煙をあげる御嶽山。登山道
王滝口六合目にある田の原には観光センターもあり、クルマもここ
まで入る。大勢の観光客が大型バスでやってきて木道を通り展望台
はにぎやかだ。観光客につかまり、山頂を指さすにわか案内人にさ
れた。
・長野県王滝村

……………………………………………………………

▼718号 「東京奥多摩雲取山・うわさの天狗祠」

村人は雲取山天狗と山頂の石権現を関連づけて話すという。その石
祠を探しはじめたのはいつのころだっただろうか。あれからン十年、
何回登っても見つからない。とうとう幻の祠になった。それとも石
尾根七ツ石の七ツ石権現のことか。
・東京都奥多摩町と埼玉県秩父市、山梨県丹波山村との境

……………………………………………………………

▼719号 「山で会う花・ヤマオダマキ」

オダマキやミヤマオダマキなどの仲間。花言葉は勝利の誓い。静御
前が「しずやしず賤の苧環くりかへし」と義経の前で舞ったことに
由来するという。花は褐紫色で下向きに咲きます。黄白色の品種も
ありキバナノヤマオダマキというそうです。
・キンポウゲ科オダマキ属の深山に生える多年草

……………………………………………………………

▼720号 北陸白山・千蛇ヶ池」

昔、泰澄上人が白山を開いた時、山頂に3千匹の妖蛇がすんでいた
という。上人は千匹をいま蛇塚といわれるところに埋め、もう千匹
を火口湖の千蛇ヶ池に閉じこめ、また残りの千匹を白山南方の三ノ
峰山麓の刈込池に閉じこめたという。火口湖の池にはまだその怨念
が…??
・石川県白山市

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ