とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

691 北ア雲ノ平・高天原の鉱脈採掘話
692 北ア・唐松岳と巨人伝説
693 山の花・ミヤマオダマキ
694 山の花・ゴゼンタチバナの赤い実
695 北ア・もう一つのざら峠越え
696 中ア恵那山神坂峠・金売り吉次
697 山の植物・秋空に映えるナナカマド
698 東北・会津磐梯山と鶏の卵
699 北ア白馬岳・怪人山之坊の万
700 富士山と徐福とコケモモ

……………………………………………………………

▼691号 「北ア雲ノ平・高天原の鉱脈採掘話」

北アルプス最奥の温泉高天原。かつて水晶岳斜面の金鉱掘削の鉱山
事務所があったという。持ち主は、星勇九郎というお方。水晶岳と
三ツ岳にトンネルを掘り、長野県大町市まで金鉱運搬の鉄道を引く
計画だったという。結局金鉱は出ずじまいだったという。
・富山県大山町

……………………………………………………………

▼692号 「北ア・唐松岳と巨人伝説」

昔、雲を突くような巨人が足もとに枝振りのいい小松を見つけ引き
抜いた。そして形のいい御嶽山頂に植えようとして手を延ばした時、
朝になり嫌いな太陽が昇りはじめた。慌てた巨人は松を投げ出し
一目散。唐松は唐松岳の頂上に落ちて根を張ったという。
・長野県白馬村と富山県宇奈月町

……………………………………………………………

▼693号「山の花・ミヤマオダマキ」

がれき地に鮮やかな紫色の花を咲かせる高山植物のミヤマオダマ
キ。夏山でおなじみだ。園芸植物のオダマキはこの野草から作り出
したものという。漢字で深山苧環(おだまき)。花の形がつむいだ
麻糸を中を空洞にして丸く巻いた苧環に似ているからという。
・キンポウゲ科オダマキ属の多年草

……………………………………………………………

▼694号 「山の花・ゴゼンタチバナの赤い実」

秋の山歩き、うっかり踏んでしまいそうな小さな実。白山の御前峰
で発見し、カラタチバナのように赤く熟す高山植物。ゴゼンタチバ
ナは6枚の葉が車輪のようにつき、その真ん中に総苞片をつけ、中
央に20〜30個花を咲かせ実を結ぶ。
・ミズキ科ゴゼンタチバナ属の小形常緑多年草

……………………………………………………………

▼695号「北ア・もう一つのざら峠越え」

富山城主佐々成政が雪の北アルプス越えより100年以上も前、西暦1
428〜64年(室町時代)、信濃国松本井川城主小笠原義康は、信州か
ら針ノ木峠経由でざら峠を越えて越中に入り、飛騨の姉小路一族の
松倉城へ攻め込んだ。成政より100年以上も前のことだというから
すごい。
・富山県大山町と立山町との境

……………………………………………………………

▼696号 「中ア恵那山神坂峠・金売り吉次」

奈良時代から京と東国を結ぶ要路だった恵那山神坂峠。官道の中で
も最も標高の高い峠だったいう。奥州平泉へ落ちる義経の供をした
金売り吉次は神坂峠東麓、薗原の炭焼き吉次といわれていた。神の
お告げで京の姫をめとり、長者になっていった。
・長野県阿智村と岐阜県中津川市との境

……………………………………………………………

▼697号 「山の植物・秋空に映えるナナカマド」

秋山を見事な色で彩るナナカマドの材は堅く、7つの竈で燃しても、
7回竈にくべてもまだまだ燃えないのでナナカマドというのだと
か。雷もあきれて寄りつかず、雷よけになるといいうからすごい木
です。東京の植木屋さんはライデンボクというそうです。
・バラ科ナナマカド属の深山に生える落葉高木

……………………………………………………………

▼698号 「東北・会津磐梯山と鶏の卵」

ササに黄金が成り下がると歌われる会津磐梯山。一名鶏岳ともいう
という。登るときは鶏の卵を持ってはならぬという。磐梯山の明神
さまが怒って、お山が荒れ狂う。古くからあるしきたりはまだ生き
ていて、何となく気がとがめて卵を置いてゆくそうだ。
・福島県猪苗代町と磐梯町、北塩原村との境

……………………………………………………………

▼699号 「北ア白馬岳・怪人山之坊の万」

父親の敵を討とうと猟師の息子は白馬岳に分け入った。静寂な深山。
父が殺された場所の食い合った杉の枝の間をねらって銃声一発。確
かな手応え。全身毛で包まれた大男が倒れていた。白馬岳の怪物と
いわれたが、その正体は依然謎のまま残ってしまった。

……………………………………………………………

▼700号 「富士山と徐福とコケモモ」

不老長寿の薬は日本の蓬莱山というところにあるという。「仙薬を
探せ」。紀元前218年(秦の始皇帝28)、皇帝の命を受けた徐福の船
は日本に向けて出帆。海上から霊峰にふさわしい富士山を見つけて
登り探したが、おしくも途中で他界したという。不老不死の仙薬は
コケモモともいう。

 

初期作品・ひとり画展目次
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ