とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

531 富士山・ 五合目での地震
532 富山県・ 黄金伝説の鍬崎山
533 北 ア・ 徳本峠の旅人伝説
534 富士周辺・ 御坂峠からの富士山
535 不思議な伝説・ 天狗の山移り
536 丹 沢・ 大倉尾根・花立の地名
537 富士山麓・ 原生林での野宿
538 上州武尊山・ 避難小屋の雷
539 丹沢・ 表尾根の一ノ塔がないわけ
540 丹沢・ 檜洞丸のブロッケン

……………………………………………………………

▼531号 「531 富士山・五合目での地震」

▼531号 「富士山・五合目の地震」
【概略】
富士山五合目上の姥ヶ懐は日蓮がこもって修行したころと「甲斐国
史」などにある。その前で食事中突然、グラリと大地が揺れた。富
士山がなにかといわれる昨今、逃げ腰になる。それにしても地震は
富士山をも持ち上げることをいまさら体験した。
・山梨県富士吉田市

……………………………………………………………

▼532号 「532 富山県・黄金伝説の鍬崎山」




▼532号 「富山・黄金伝説の鍬崎山」
【概略】
鍬崎山は佐々成政埋蔵金伝説の山。笹のしるしのある壷49個に純金
がぎっしりつまっているという。じめじめした登山道に伝説どおり
マムシがウジャウジャ。やっと着いた山頂は360度の展望。目の前
に薬師岳がはだかる。おやつを食べ、お茶を飲んでいるうちに埋蔵
金の話などすっかり忘れていた。
・富山県富山市

……………………………………………………………

▼533号 「533 北ア・徳本峠の旅人伝説」




▼533号 「北ア・徳本峠の旅人伝説」
【概略】
不思議な話が多い徳本峠。夜、娘が草原で笛を吹いている。吹き終
わったとたんお婆さんになっていた。「キツネの仕業か!」。旅人は
あわてて歩きだした。向こうから別の旅人がやってきた。すれ違い
に旅人の顛を見て、心配そうに声をかけた。「おじいさん、そんな
に急ぐと転びますよ」。

……………………………………………………………

▼534号 「534 富士周辺・御坂峠からの富士山」




▼534号 「富士周辺御坂峠の富士山」
【概略】
御坂峠は新御坂トンネルの上にある峠。休業中の御坂茶屋のわきに
雪を踏み固め、テントを張った。目の前にどっしりと富士山が大き
く夕日で光っている。暗くなりはじめた眼下の河口湖。夕なずむ富
士山はやはり雄大だ。噴火の話題にもかかわらず幸いにも美しい姿
を見せてくれている。
・山梨県笛吹市と山梨県富士河口湖町との境

……………………………………………………………

▼535号「535 不思議な伝説・天狗の山移り」




▼535号 「山の妖怪・天狗の引っ越し伝説」
【概略】
山につきものの天狗も移住するという。丹沢の相模大山伯耆坊は名
前の通りもとは伯耆大山にいた天狗。かつて相模大山には相模坊天
狗がいたが香川県の白峰に移った。伯耆坊はそのあとに移ってきた
という。ほかにもこのような話があり、それを「天狗の山移り」と
いうとか。

……………………………………………………………

▼536号 「536 丹沢・大倉尾根・花立の地名」




▼536号 「丹沢・大倉尾根の水場と花立の地名」
【概略】
苦しい尾根を登ってきたとたに開け、富士山まで望める場所。そん
な所を霊場とし木の枝を神に供える花立場だという。一方、花立の
「ハナ」は瑞のことで、ちょっとはずれた所にある端(はな)の峰
の意味だという人もいる。「花立」の話は柳田国男もその著「山島
民譚集」のなかでも考証している。
・神奈川県秦野市

……………………………………………………………

▼537号 「537 富士山麓・原生林での野宿」




▼537号 「富士山麓・原生林の野宿」
【概略】
かつて栄えた「吉田登山道」。いまはよほどの物好きか変わり者。
ある夏、中ノ茶屋手前の原生林中で野宿をして富士山を目指したこ
とがあった。真っ直ぐ延びる道路先の天空には富士山の山小屋の灯
り。小さな虫が光を求めコッヘルに飛び込みました。
・山梨県富士吉田市

……………………………………………………………

▼538号 「538 上州武尊山・避難小屋の雷」




▼538号 「上州武尊山避難小屋の雷」
【概略】
5月下旬、上州武尊山手小屋沢避難小屋についたころはにわかに曇
り、雷が鳴りはじめた。小屋のまわりはまだ深い雪の中。汚い小屋
の中は虫でもわいていそうで背中がかゆくなる。一晩中ゴロゴロ騒
ぐ雷鳴を聞きながらテントを張って豚汁にありついた。
・群馬県みなかみ町

……………………………………………………………

▼539号 「539 丹沢・表尾根の一ノ塔がないわけ」




▼539号 「丹沢表尾根・一ノ塔がないわけ」
【概略】
なぜか二ノ塔からはじまる丹沢表尾根。その昔、毎晩のように山に
何か光るものが現れた。麓の秦野市横野の加羅古神社に最初のご神
燈(一ノ燈)。そして二ノ塔に灯り、三ノ塔にも灯っていった。村
人はあの峰は二ノ塔(灯)、こっちは三ノ塔(灯)と呼んだという。
・神奈川県秦野市

……………………………………………………………

▼540号 「540 丹沢・檜洞丸のブロッケン」




▼540号 「丹沢檜洞丸のブロッケン」
【概略】
熊笹ノ峰から大笄を過ぎた辺り。相模側は晴れて太陽が出ている。
歩く姿が立ちこめたガスに写り金色の輪ができた次の瞬間はっきり
した大きなブロッケンがあらわれた。丹沢で、しかも3、4mの近さ。
2000年11月4日10時15分から数分間のことだった。
・神奈川県山北町と相模原市の境

 

初期作品・ひとり画展目次
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ