とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

461 北  ア・ 燕岳の妖艶彫刻岩
462 南  ア・ 北岳の白根お池
463 吉  野・ 大台ヶ原のツチノコ
464 山の花・イチ、ニのサンリンソウ
465 不思議な葉・カバキコマチグモ
466 北 ア・ 爺ヶ岳の種まき爺さん
467 山の花・ タカネスミレと卵
468 もう一つの金時伝説・長野金時山
469 富士山・ 山頂に住む魚・コノシロ
470 山のはがき・ 字書き虫

……………………………………………………………

▼461号 「北ア・燕岳の妖艶彫刻岩」

表銀座コース取っつきの燕岳は、さながら岩の彫刻展覧会場です。
なかにはなまめかしい作品もあります。これは地殻変動で花崗岩
が古生層や中生層の下にもぐり込み冷却固結。その後の隆起の浸
食作用で上部の古生層の部分が削り取られ、いまの形になったそ
うです。
・長野県穂高町と大町市との境

……………………………………………………………

▼462号 「南ア・北岳の白根お池」

日本で2番目に高い北岳。登山道途中には小さな池があります。「芦
安村誌」によれば、この池は雨乞い信仰の対象になっていて、干
ばつの年には国中地方の村人は講を組んで参拝し、池の中に牛や
馬の骨を投げ入れて雨乞いを行ったという。
・山梨県南アルプス市。

……………………………………………………………

▼463号 「4吉野・大台ヶ原のツチノコ」

一時話題になったツチノコ。『日本書紀』や『古事記』にもあり、
目撃者は全国的。とくに紀伊半島のものは「…和州の菜摘川、清
明の滝の辺りで往々にこれを見かける」(寺島良安『和漢三才図会』)
と具体的。坂を下るのは早いが登りは遅く高いところへは追って
こないとある。足にかみつくという。
・奈良県川上村

……………………………………………………………

▼464号 「山の花・イチ、ニのサンリンソウ」

イチリンソウは花をひとつつけるため一輪草。ニリンソウ(二輪
草)は花が必ず2個ずつつくわけではなく、ふつうは1〜3個。
サンリンソウもニリンソウよりも花が多くつくというので三輪草。
まるで1、2、3のかけ声が聞こえてきそうです。
・キンポウゲ科イチリンソウ属

……………………………………………………………

▼465号「不思議な葉・カバキコマチグモ」

草原でちまきのような形に巻かれたススキの葉。カバキコマチグ
モの巣です。このクモには毒があり、子グモは脱皮を終えると母
グモをよってたかって食いつくすという(コマチグモ属)。田んぼ
でイネの葉を3つに折り曲げているのは同じ仲間のハマキフクロ
グモ(フクログモ属)

……………………………………………………………

▼466号 「北ア・爺ヶ岳の種まき爺さん」

後立山連峰の爺ヶ岳は、初夏、種まき爺さんの雪形があらわれる
のでその名があります。しばらくすると爺さんの足元にカラスの
雪形があらわれ、まいた種をつつきに来る。するとこんどは婆さ
んの雪形があらわれてカラスを追い払うというから面白い。
・長野県大町市と富山県立山町との境

……………………………………………………………

▼467号 「山の花・タカネスミレと卵」

越中の商人二六が信州へ出かける途中雪の山中で道に迷った。そ
こで光る暖かい卵を見つけだいて寝ました。しかし卵は授かるは
ずの二六の子供だったのです。すでに力がなくなっており土に埋
めました。夏そこにタカネスミレの花が咲いていました。二六は
嫁さんをもらいましたがとうとう子供は授かりませんでした。

……………………………………………………………

▼468号 「もう一つの金時伝説・長野金時山」

金太郎伝説の山は箱根だけではありません。昔、長野県八坂村の
山に鬼女がいました。鬼女は有明山の八面大王の恋人で、ある時
「謎の岩窟」で大王の子を産んだという。その子の名は金時で、
その山を金時山といったという。柳田国男の「山の人生」にも登
場しています。
・長野県大町市八坂

……………………………………………………………

▼469号 「富士山・山頂に住む魚・コノシロ」

富士山火口内にコノシロ池という池があります。ここにはコノシ
ロという魚がすんでいたという。風神に見そめられて困った木花
開耶姫、この魚を焼いて自分の葬儀の煙と風神に思わせ、諦めさ
せたとの話があります。コノシロ池の魚を焼くと人を焼く臭いに
似た煙を出すという。

……………………………………………………………

▼470号 「山のはがき・字書き虫」

登山口などの野山でまるで字を書いたような葉っぱを見かけます。
これはモグリガ、モグリバエ、チビタマムシなどの幼虫が食べた
もの。食べたあとが白く残り、字書き虫、絵描き虫などと呼んで
います。これらの仲間には、モモ・リンゴ・サツマイモ・イネ・
麦・エンドウ・ネギ・ダイズにとりつく害虫ものもいます。

 

初期作品・ひとり画展目次
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ