とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

421 紀  伊・ 洞川・竜泉寺の伝説
422 尾  瀬・ 三条の滝のカメラマン
423 那  須・ 茶臼岳山麓殺生石
424 北八ツ・ 蓼科山頂の伝説の竪穴
425 東  北・ 秋田駒ヶ岳山麓・田沢湖
426 北  ア・ 穂高の展望台・徳本峠の説教
427 東  北・ 早池峰山・清六天狗伝説
428 北  ア・ 針ノ木谷・大沢小屋の歌碑
429 中  ア・ 空木岳・吾妻鏡の木曽殿越
430 北  ア・ 鹿島槍ヶ岳のカクネ里

……………………………………………………………

▼421号 「紀伊・洞川・竜泉寺の伝説」

夫に本当の姿を見られた白蛇の妻は幼子に眼球を残し池に戻って
いきました。幼子は母の眼球をなめて育てられました。しかい、
がそれもなくなってしまいました。その時、再び姿をあらわした
母親は、残る片方の目を差し出したのです。大峰山の登山口竜泉
寺に伝わる伝説です。竜泉寺は飛鳥時代、役ノ行者が八大竜王を
まつったという。

……………………………………………………………

▼422号 「尾瀬・三条の滝のカメラマン」

只見川源流の落差90mの「三条の滝」。尾瀬に入った人は必ずとい
っていいほど訪れる滝です。しかし、展望台ではアマチュアカメ
ラマンが好位置に陣取っていて記念写真もままなりません。2日
前に滝つぼに落ちた人がいたという立て札がありました。
・群馬県利根郡水上町と新潟県北魚沼郡湯之谷村との境

……………………………………………………………

▼423号 「那須・茶臼岳山麓殺生石」

那須の温泉神社近くの殺生石は妖狐「玉藻の前」の霊が石になり、
毒ガスを発生し祟ったという。玉藻の前は、天竺から那須に移り
住んだ800歳ともいう年のくった金毛九尾の狐の化身だという。
あたり一帯は硫黄ガスと酸性の温泉水でいまでも草木一本生えて
いない。
・栃木県那須町

……………………………………………………………

▼424号 「北八ツ・蓼科山頂の伝説の竪穴」

蓼科山の頂上のたて穴から入って諏訪湖の神になったという甲賀
三郎伝説があります。江戸時代の『立科山見聞留書』という本に
は「(三郎が入った)穴にはしめ縄が張ってある」と出ています。
へえ、もしかしたらいまでも地元の人たちが…。あっちの岩の下、
こっちの岩陰を調べまくったが見つかりません。やはり物好きに
終わりました。
・長野県立科町と茅野市との境

……………………………………………………………

▼425号「東北・秋田駒ヶ岳山麓・田沢湖」

秋田駒ヶ岳からも望める田沢湖は、海抜が249mの所にあります。
ところが水の深さは422.4mもあるという。差し引き174mあまり
が海面より深く、日本一の水深を誇ります。ここには辰子姫とい
う、自分の美貌を永遠にしたいがため魔法の泉に水を飲みに行き、
大蛇になった女性の伝説があります。
・秋田県田沢湖町

……………………………………………………………

▼426号 「北ア・穂高の展望台・徳本峠の説教」

徳本峠の小屋は大正12(1923)年建設当時のまま(当時)。また夕
食前にひと説教聞かなければなりません。しかし、朝の3時ごろ
からランプの明かりで手抜きなしの朝食づくり。掃除がゆきとど
いた屋外のトイレの中に何気なく飾られた菊の生花。「まあ、この
キク生け花よ」「ホントだわ」。女性客同士が用を足しながら話し
ていました。
・長野県松本市

……………………………………………………………

▼427号 「東北・早池峰山・清六天狗伝説」

「遠野物語拾遺99」にも出てくる早池峰山の天狗。酒が好きでい
つもヒョウタンを持っていていくらでも酒が入ったという。遠野
市には、その天狗の着ていた「天狗の衣」がいまでも伝わってい
るという。袖に十六紋の菊が綾織りになっていて、胴にもヒョウ
タンの形の中に菊の紋があるということです。
・岩手県遠野市と大迫町の境

……………………………………………………………

▼428号 「北ア・針ノ木谷・大沢小屋の歌碑」

日本三大雪渓のひとつ針ノ木雪渓。下方の大沢小屋入口横には創
設者百瀬慎太郎の詩「山を想えば人恋し、人を想えば山恋し」と
刻まれたレリーフがはめ込まれています。大沢小屋は大正14(192
5)年創建。慎太郎は大町市の旅館経営者で歌人。毎年慎太郎祭り
も行われます。
・長野県大町市

……………………………………………………………

▼429号 「中ア・空木岳・吾妻鏡の木曽殿越」

空木岳の北側に「木曽殿越」という鞍部があります。木曽殿とい
うのは木曽義仲のことだという。源平合戦の時、義仲はこの鞍部
を越え、伊那谷に侵入。平家方の笠原吾頼直はあわてて逃亡した
と伝えています。治承4(1180)年旧9月7日のことだそうです
(『吾妻鏡』)。
・長野県駒ヶ根市と同県大桑村との境

……………………………………………………………

▼430号 「北ア・鹿島槍ヶ岳のカクネ里」

鹿島槍ヶ岳北壁直下のカクネ里という窪地はいかにも人の住めそ
うな所。下流の鹿島集落の祖先(平家の落人?)の隠れていた所
という。しかし現地は、雪崩や雪塊の崩落が名物のような場所。
何の証拠もありませんが、落人住居説は根強く残っている不思議
なところです。この山にも春にシシやツルの雪形が出て、獅子ヶ岳、
鶴ヶ岳の異名もあるといいます。
・長野県大町市

 

 

 

【ひとり画展】【目次】へ
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ