とよだ 時・山旅イラスト通信 【ひとり画展】(初期作品)

………………………………………………

▼このページの目次

411 北  ア・ 雲ノ平・祖母岳の昼寝
412 北  ア・ 黒部五郎岳・ゴーロ山
413 群馬県・ 妙義山の大ノ字
414 北  ア・ 三俣蓮華岳の山賊
415 奥秩父・ 金峰山の山宮
416 北  ア・ 佐々成政の埋蔵金
417 日本の八天狗の代表八天狗
418 北  ア・ 水晶岳の大銅鉱山
419 高野山・ 弘法大師と狩場明神
420 北  ア・ 立山のクモ男

……………………………………………………………

▼411号 「北ア・雲ノ平・祖母岳の昼寝」

北ア最奥・文字通り雲の上にある台地の高層湿原。この別天地で
いつもの生活リズムで過ごすのはもったいない。俗界のせせこま
しさを放り投げ、祖母岳のベンチで昼寝ときめこみました。さわ
やかな風が頬をなで、白い雲がゆったりと流れていきます。この
あたりでは時計の針の動きが遅くなるらしい。
・富山県富山市

……………………………………………………………

▼412号 「北ア・黒部五郎岳・ゴーロ山」

北アルプス黒部川の源流にある黒部五郎岳。山頂からは北西に薬
師岳、北東に雲ノ平が展望できます。ここは東側直下にあるえぐ
れたような大カールが特徴。黒部五郎岳は、岩石がゴロゴロ重な
っているゴーロ山のことだという。このゴーロ岳の名は、信州側
の呼び方だとか、富山県側の山村の言葉だとする説もあり、いま
いちはっきりしないところ。山頂に立つと360度の展望が広がりま
す。
・富山県富山市と岐阜県高山市との境

……………………………………………………………

▼413号 「群馬県・妙義山の大ノ字」

信越線の車中からでもそれと分かる妙義山の「大ノ字」。妙義山に
まつられている妙義大権現の「大」だという。ここにすむ天狗妙
義坊はこの大権現の化身です。ある秋、目のさめるような紅葉の
中、大の字のある岩峰に登りました。柱の上にたてられた「大」
の字は大きすぎカメラに収まりません。しばらく岩遊びをしてか
ら鎖につかまりながら岩峰を降り、奥の院へ向かいました。
・群馬県安中市と同県富岡市と同県下仁田町との境

……………………………………………………………

▼414号 「北ア・三俣蓮華岳の山賊」

北アルプスの中心部三俣小屋は終戦直後、モーゼル拳銃と猟銃を
持った凶悪犯が住み着き、黒部一帯を荒らしまわっていたといい
ます。縁あって譲り受けたいまのご主人は友人2人と偵察に行き
ました。途中、命カラガラ逃げてきた猟師に会うようなしまつ。
おそるおそる小屋に入ります…。「黒部の山賊・北アルプスの怪」
(実業之日本社)を参考にしました。

……………………………………………………………

▼415号「奥秩父・金峰山の山宮」

奥秩父の金峰山五丈岩のわきを通り南側にまわるとせまい広場が
あります。ここには昔、山宮(本宮)があり、甲府市、山梨市、
牧丘町などにある金桜神社の山宮(本宮)だったという。なかに
は金の大黒天がまつられていて、江戸末期、それを盗もうと盗賊
が火をつけてしまい、本殿が焼失してしまったという。いまは壊
れた祠がポツンとあります。
・山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村との境

……………………………………………………………

▼416号 「北ア・佐々成政の埋蔵金」

戦国時代の1584(天正12)年、12月(旧暦11月)、ザラ峠から五色
ヶ原を通り信州へ抜けたという佐々成政。その後山中に隠したと
される軍資金のうわさ。伝説の鍬崎山とその北側のカラ杉谷で小
判を実際に拾った人もいるといいます。
・富山県富山市と立山町との境

……………………………………………………………

▼417号 「日本の八天狗の代表八天狗」

だれが決めたか日本を代表する大物天狗だとする「八大天狗」と
いうものががあります。これは室町時代あたり?からか、自然に
選び出されたといわれている8人の天狗たちのことだという。「八」
としたのは「大峰八大金剛童子」(金剛童子は天狗と見なされてい
る)がもとになっているという説があります。

……………………………………………………………

▼418号 「北ア・水晶岳の大銅鉱山」

雲ノ平高天原にある坑道は、水晶岳に埋蔵されている?金の大鉱
脈を当てようと掘った跡だという。しかし結局は、鉱脈に突き当
たる前に中止になってしまいました。この穴を掘った「大同鉱山
事務所」は、終戦直後一時は大勢の人夫を雇い、大々的に事業を
展開したということです。
・富山県富山市

……………………………………………………………

▼419号 「高野山・弘法大師と狩場明神」

霊場を開くため聖地を求めていた弘法大師。その前に猟師姿の狩
場明神(高野山の神)があらわれ、いまの高野の地を教え黒白2
匹の犬に案内させたという伝説があります。大師と神がはじめて
出会った所がいまの奈良県五条市だそうです。市内にある転法法
輪寺境内には狩場明神がまつられています。
・和歌山県五條市

……………………………………………………………

▼420号 「北ア・立山のクモ男」

山にたきぎ取りに通う嫁さまは、やがて身ごもり奇妙な卵を産ん
だという。驚いた両親が卵を割ってみると、何千という小さなク
モの子が出てきました。嫁さまにわけを聞くと「山に入るたびに
りっぱな男があらわれてたきぎを取ってくれ、それでつい、おら
…」。「それは立山に住むクモ男だ」村中が大騒ぎになりました…。

 

初期作品・ひとり画展目次
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ