山の伝承伝説に遊ぶ 【ひとり画ってん】

山旅イラスト通信【ひとり画展】とよだ 時

▼980号「東京奥多摩・蕎麦粒山」

【小略文】140字
東京都の奥座敷といわれる奥多摩。そのJR奥多摩駅のちょうど
真北、埼玉県秩父市との境に蕎麦粒山(そばつぶやま)という山
があります。この山は標高は1473mとさほど高くはありませんが、
行程が長くあなどれません。この山は三角山とか火打山とも呼ば
れるという。
・東京都奥多摩町と埼玉県秩父市の境。

▼980号「東京奥多摩・蕎麦粒山」

【本文】
 東京都の奥座敷といわれる奥多摩。そのJR奥多摩駅のちょう
ど真北、埼玉県秩父市との境に蕎麦粒山(そばつぶやま)という
山があります。この山は標高は1473mとさほど高くはありません
が、行程が長くあなどれません。

 やっとついても山頂は狭く、周囲の樹木が展望のジャマをしてい
ます。しかし、南面が開けていて川苔山方面が見渡せ、またかたわ
らの岩の上からは秩父方面も眺められます。このあたりは、ブナや
ミズナラ、カエデ類などの自然林が豊かでカラマツも多い。

 この山は三角山とか火打山とも呼ばれるという。とがったよう
な姿が特徴的なので「三角山」なのだそうです。また麺類になる
作物のソバの実は、ひし形をしていてとがっています。この山も
遠くから見ると三角形でソバの実を立てたようなのがこの名の由
来。同じ奥多摩の大岳山や三ツドッケとも似ています。

 さらに火打山というのは埼玉県側秩父市の村人の呼び方とか。
山頂には、火打ち石といわれる燧石質(すいせきしつ)の露岩が
散在しており、山名はそこから来ているという。

 火打山の名は、明治27〜28年(1894〜1895)ごろに河田羆(か
わだたけし)が著した『武蔵通誌』(武蔵通志とも)という本には、
「蕎麦粒山 氷川村ノ北隅ニアリ。東北ハ秩父郡浦山村ヲ界ス。高
五千九百尺。又三角山(秩父郡火打山ト云)ト称ス。峯頭ニ高巌ア
リ燧石質(すいせきしつ)ナルト云。山脈大雲採山脈東ニ連リ、此
ニ至リ復タ矗然挺立(ちくぜんていりつ=真っ直ぐ立つ)シ、又東
ニ走リ日向沢峯トナリ南ニ岐スルモノヲ鳥屋戸山ト云。北ハ武甲山
ノ脈ニ接ス」とあるのがその根拠になっています。

 山頂から東へつづく稜線は日向沢ノ峰(ひなたざわのうら)至
っています。峰を「うら」と読ませていますがこれは、ものの尖端
を指す古語。「なんとかの頭」などいう「頭」と同意語なのだそう
です。また西につづく稜線上に小突起があり仙元峠といっています。

 ふつう峠といえば稜線上のたわんだところですが、この峠は突起
になっているところが面白い。そのため、秩父浦山方面から登って
きた人が、峠の手前のタルミを峠と思いこみ、決まってだまされる
ので、そこを「ダマシガタ」といっていたという。

 仙元峠は富士山を意味する浅間峠のこと。これはこのあたりから
はるかに富士山が望めるため、「浅間大菩薩」を勧請、石祠を建て
たという。いまも大木の根もとに祠がまつられています。この道は、
昔は多摩(日原)と秩父(浦山)を結ぶ交易路の「浅間みち」とい
っていたところ。

 江戸時代までは秩父側から富士山を遙拝するための富士講や、日
原鍾乳洞そばの一石山にお参りにいくために利用、また多摩側から
は三峰参りなどに利用された道だそうです。

▼蕎麦粒山【データ】
【所在地】
・東京都奥多摩町と埼玉県秩父市にまたがる。JR青梅線奥多摩
駅の北7キロ。JR青梅線奥多摩駅からバスで東日原下車。さら
に歩いてヨコスズ尾根経由で4時間20分で蕎麦粒山。三等三角点
(1472.84m)がある。

【位置】
・三等三角点:北緯35度52分19秒.6950、東経139度05分13秒.9185 

【地図】
・旧2万5千分1地形図名:武蔵日原

★【参考文献】
・『奥多摩』宮内敏雄(百水社)1992年(平成4)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・『東京周辺の山』(山と渓谷社)2001年(平成13)
・『東京付近の山』(実業之日本社)2000年(平成12)
・『日本山岳ルーツ大辞典』村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『武蔵通誌』(標記が『武蔵通志』の場合もあり):河田羆(かわ
だ・たけし)が1894〜1895(明治27〜28)年頃に著した私撰地
誌。

 

……………………………………

 

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

山旅イラスト【ひとり画展】題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
「峠と花と地蔵さんと…」トップページ【戻る】